2014年07月18日

渋谷・Rilakkuma × TOWER RECORDS CAFE 確かにリラックマカレーが可愛すぎて食べにくい件

Rilakkuma × TOWER RECORDS CAFE-01

明日から多くの学校が夏休みに入ります。

既に家族で出かける先をリストアップしている方も多いと思いますが、
おそらく、目的地の一つとして挙がっているであろうスポットが、
渋谷タワレコの2階に期間限定でオープンした、
Rilakkuma × TOWER RECORDS CAFE。

建物正面入口の右手エスカレーター側からもお店に回り込めますが、
左手階段側から2階に上がれば、巨大なリラックマが出迎えてくれます。

幸い、この日は想像していたほどの混雑はなく、
しばしの待ち時間でスペースに入ることができました。

Rilakkuma × TOWER RECORDS CAFE-02

広い空間に色々なタイプの座席があるのですが、
共通しているのは、ありとあらゆるところにリラックマがいること。
窓側の席にも、ソファー席にも、カウンター席にも。
大小色々なサイズのリラックマが席で待っています。

Rilakkuma × TOWER RECORDS CAFE-03

自分が座った壁沿いのテーブル席でも、
リラックマがだら〜っとソファ界隈に座ってました。

メニューの種類は、やや抑えめ。
メインフードのリラックマカレーに、
2種類のスイーツプレート、そしてドリンク。
そして、フルコンボの3種セットと、
カレーとドリンクのセットが、用意されています。

で、これは3種セットを注文したいところ。
…でしたが、物販を含めて相当のお金が溶ける予報が発令されていたので、
カレーとドリンクのセットを注文しました。
こういう日には、サマージャンボ宝くじとか買いたくなります。

続きを読む "渋谷・Rilakkuma × TOWER RECORDS CAFE 確かにリラックマカレーが可愛すぎて食べにくい件"



2014年07月12日

茨城県ひたちなか市・らーめん現代 いつも心にスタミナを

らーめん現代-01

東京から車を走らせること約2時間、
やってきたのは茨城県。

心ときめく産直・どきどきファームや、
サザコーヒーの本店もあって、
常磐道ドライブのターゲットポイントとして丁度いい場所ですが、
今日のお目当てはスタミナ冷やし。

昭和40年代に、ひたちなか市の中華料理店が始めたメニューが、
県央部の近隣市町村にも拡大し、今ではご当地グルメとして愛されている一品です。

そんなメニューのメッカとされているのは、JR勝田駅界隈。
今は発祥とされているお店の姿はありませんが、
駅から5分ぐらい歩いたところの交差点に、
名物店とされる2つのお店が向かい合っています。

どちらも開いていたら迷ったところですが、
片方のお店が定休日だったので、
目に鮮やかな黄色いファサードに、
「らーめん現代」の文字が輝くこちらにしました。

らーめん現代-02

店内に入ると、右手には壁に大きな鏡が飾られたカウンター席、
その並びには、厨房と向かい合った熱気ムンムン特等席。
ちょっと大きめの荷物があったので、
4人がけのテーブルに座ってメニューを眺めます。

らーめん現代-03

やはり、一番先に目が行くのはスタミナ冷やしの文字。
このお店の正式名称はスタミナ冷しメン。
ラーメンとかタンメンとかの片仮名表記メンの流れに沿っています。
他にも、ウマニ冷やしメンやマーボー冷しメンといった同系メニューの姿も。
常連だったら、上手くローテーションを組みたいところです。

らーめん現代-04

裏面には、定食メニュー。
スタミナ定食やスタミナ丼といったスタミナ系のメニューに惹かれつつ、
定番の野菜炒め定食の文字もしっかりと。
チャーハンもそうですが、中華料理店○種の神器的なベーシックメニューがあると、
お店に対する信頼度が増すものです。

さて、確認したところで注文です。
もちろん、スタミナ冷やしメン一択。
厨房のアクションを眺めつつ、お水を飲んで出来上がりを待ちます。
その間にも、お客さんは絶えることなく暖簾を潜り、
空き席は次々と埋まっていきます。

そんな中で、スタミナ冷やしメンの登場。
おかみさんが持つ器のサイズに、
早くも胸膨らみます。

続きを読む "茨城県ひたちなか市・らーめん現代 いつも心にスタミナを"



2014年07月10日

神保町・小麦 肉うどん(690円)

小麦-01

とある日曜日の神保町、
さぼうるでナポリタンでも…と思っていたら、
この界隈の喫茶店は日曜休みが多く、
さぼうるも他の喫茶店も例に漏れず。

とはいえカレーの気分でもなかったので、
界隈を後にして水道橋の方面にぶらぶら散歩をしていると、
一軒の讃岐うどん屋さんを発見。

目的を失い、食べたいものロスト症候群にあった自分を、
あたかも待ち構えていたかのようなタイミングも手伝って、
食券機に吸い込まれていきました。

ミシュラン2つ星のお店が、出汁を監修うんぬん…
とあったのですが、それはさておいて肉うどんの温を注文。
L字型のカウンター席に座って、出来上がりを待ちます。

すると、まるで自分と同じような境遇っぽいお客さんが、
次々とカウンター席を埋めて、あっという間に満席。
神保町と水道橋の真ん中という立地なんでしょうかね。

運ばれてきた肉うどん。
甘めの出汁に甘めの豚肉、うどんのコシやハリは、
期待していたタイプとは違って優し目の作りです。

次回は冷たいうどんを食べるか、
この肉を使った、肉吸い的な定食を食べるか。
おそらく…後者なんだろうなぁと。




2014年07月07日

銀座・次男坊 冷や肉(780円)

次男坊-01

雨が続いて蒸し暑く食欲が沸かない時ほど、
刺激とか啜るの文字には弱いものです。

そんな中で思い出したのが、このお店。
店名に長男ではなく次男という言葉が
冠してあるのがポイントです。

次男坊-02

メニューを見れば、長男がいて次男がいて三男がいる。
三兄弟の末っ子な自分は、このラインナップに勝手に親しみを持ってしまうのですが、
一番左に書かれた「賄い裏メニュー」の文字が一番輝いています。

ドラマのエンドロールで、
大御所が一番最後に出てくるあの感じに似た冷や肉。
さっそく注文してみました。

続きを読む "銀座・次男坊 冷や肉(780円)"



2014年07月06日

飯田橋・マレビトコーヒー 機能美と美なる果実

マレビトコーヒー-01

ある通りを車で走っていた時、
信号待ちの手前でちょっと気になるお店が目に留まる。
誰しもそういうことってあると思いますが、
自分にはこのコーヒー屋さんがその一つ。

飯田橋の駅と凸版印刷の間ぐらいに位置し、
ポロシャツのワンポイントにしたいような、
赤いロゴが貼られたガラス戸の先には、
小さなウッドテーブルと壁に飾られた何枚かの絵画。

無機質な外装から有機的でシンプルな内装に踏み入れる
十歩ぐらいの間に、お店の雰囲気に引き込まれます。

マレビトコーヒー-02

メニューも至ってシンプルに。
お店は深煎り系のタイプのようで、
マイルド、ストロング、ディープの三段活用が気になりますし、
もし今が冬だったなら、飲み比べをするんだろうと思います。

注文したのは、アイスコーヒーと
今日のスイーツとして用意されていたデーツ。
キャッシュオンデリバリー的に、
ドリンクと引換えにお会計を済ませます。

続きを読む "飯田橋・マレビトコーヒー 機能美と美なる果実"




おかわり、いかがでしょうか?

東池袋・伊東食堂 食堂の決まり手
青森県青森市・A-Line A-Lineで行こう!
銀座・ 珈琲館 紅鹿舎 ピザトースト(1,000円)
福島県福島市・珈琲グルメ Part1セット(1,270円)
銀座・岩戸 冷汁定食(980円)
新橋・金ふじ いかじゃが定食(800円)
池袋・流浪雲 冷やし中華(760円)
御徒町・珍満 フワフワの焼きそばと、フルフルの餃子
新橋・四季煲坊 四川風冷やし中華(787円)
池袋・ミルキーウェイ とちおとめ&マフィンのサンデー(780円)