銀座・shark ズワイガニとエリンギ茸と有機キャベツ入りペペロンチーニ(950円)

 

Pocket
LINEで送る

06-11-09-1.JPG
 銀座の大きなレジャー施設の近くにある、イタリア料理店。店内に入ったところ満席だったので、先に注文だけして外で待つことに。
 
 5分ほど待った後で入店し、席に着くと前菜とパンが運ばれてきた。シェフが築地市場の近くに住んでいるということもあって、タコの粒マスタード和えに使われているタコは、その太さもあってしっかりした食感。
 ただ、この旨さは粒マスタードを絡ませたからではなく、タコそのものが旨いからである。また、ジャガイモとトマトソースを和えたものや、ブロッコリーをオイルで和えたものは、冷えすぎていて味うんぬんという感じではなく、カゴに入ったパンも温かいものではなく、極めて普通なもの。
 そして、パスタが運ばれてきたのだが…
06-11-09-2.JPG
 「何だ、この盛り付けは!」という皿だった。
 キャベツは妙に大きく食べ辛く、カニの味は感じるものの、エリンギについては、「エリンギですね」的なもの。スパゲティも芯が残ったメリハリのある固さではなく、全体に固いのでフォークに絡まず、自分も他のお客さんも口をすぼめて、まるでうどんを食べているかのようにすすることに。
 そして、一番ショックだったのが、これがまったく辛くなく、ニンニク感も皆無なスープスパゲティだったことである。とりあえず、自分の頭の中にはなかったペペロンチーノだったのだが、これは一体…
————– 
 今日もご覧いただきまして、ありがとうございます。ご支援がてらに人気blogランキング(レストラン・飲食店部門)も、ぜひご覧ください。

ローカルフードデザイナー/伝承料理研究家/復興庁「専門家派遣集中支援事業」登録専門家 地域食材・食文化をテーマにした商品開発や地域活性事業の企画・運営、取材、執筆、撮影、講演活動、地域メディア・ソーシャルメディア運営アドバイザー。人×食×地域の繋がりを強くする取組みをしています。プロフィールやお問い合わせは下のリンクから。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • follow us in feedly

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。