銀座・モルチェ カキフライ(2,500円)

 

Pocket
LINEで送る

06-12-19-1.JPG
 年内のうちに、どうしても行きたかったモルチェへ。
 明治屋の横にある階段を上がって、少し重い扉を開くと、窓越しに見えるのは、英国屋やティファニーといった、銀座を代表するお店の数々。窓際の席に案内してもらい、景色を楽しみつつメニューブックの中から注文したのは、お店の名物であるカキフライ。
 値段も値段ということもあって、どんなカキフライが出てくるのだとうろ、期待で胸を膨らませながら待つこと約13分、運ばれてきたのは期待通りにボリューム感に満ちた一皿であった。
06-12-19-2.JPG
 ナイフとフォークで二つに切って口に運ぶと、粗めのパン粉によるカラっとした食感から、驚くほどに力強い牡蠣の弾力へと展開する。
06-12-19-3.JPG
 これは驚くほど旨い。一つ一つの部位の食感やコクといった個性が、全ていい方向で働いているのである。
 
 一緒に出てくるソース類はウスター、タルタル、そしてレモンを入れて3種類。つまり、何もつけずに食べるのを含めて、4種類の方法で楽しむことが出来る。
 タルタルの濃厚な味は、しっとりとやさしくカキフライを包み込み、かすかな塩味から玉子の甘みとコクに変化し、カキフライの味わいを深めてくれる。
06-12-19-4.JPG
 ウスターソース。自分はカキの味が消えてしまうということで、この類のソースをつけて食べるということはほとんどやらなかったのだが、
06-12-19-5.JPG
 これは、カキの味をしっかりと引き出すソースである。
 自分がカキフライを食べていて一番楽しいのは、一つを頬張りながら「次はどのソースで食べようか…」と考えることである。
 4種類の食べ方があると、どの食べ方で一番たくさん食べようかなんて考えてしまい、口の中に既にカキフライがあるにもかかわらず、頭の中では次のカキフライで一杯になってしまう。
 そんなこと考えながら7個のカキフライを自分の思うがままに頬張る。そして、余韻に浸りながら、食後のコーヒーを口にする。
06-12-19-6.JPG
 こんな幸せ、なかなかありつけない。
 さて、ここのモルチェは12月30日をもって、耐震工事のために半年ばかし閉店するとのこと。つまり、このカキフライに会えるのは、年内限り。そして、現在「カキフェア」と銘打って、カキピラフやカキグラタンを食べることができる。こうなると、閉店前に全種類を食べてみたいものである。
———-
 今、牡蠣の業者が危機的状況を迎えています。きっかけは、皆様もご存知の通り「ノロウィルス」との関連性によるものです。
 牡蠣の食べ方としては、生牡蠣や今回のカキフライ等、「生と加熱」に分かれることになります。前者の場合は、「生食用」という牡蠣を食べることになります。
 これは、加熱によって菌を滅失するというプロセスがない分、多少のリスクを負うことになる食べ方なのですが、この種類は、保健所が定める指定海域にて養殖されるものなので、プランクトンや菌の絶対数が非常に小さいものとなっています。また、洗浄や消毒を施してから出荷されるので、基本的に安全なものとされます。
 一方、カキフライに使う牡蠣は主に、「加熱用」とされているものです。これは生食用の海域に比べて、プランクトンが豊富な海域で育ったものであり、それと同時に菌を有する可能性も多少大きくなります。
 
 しかし、加熱用という名称の通り、加熱することで有害な菌は滅失されるので、安全に食べることができます。(85℃以上の温度で1分以上加熱するすることで、菌は滅失されます)
 ここ数日で、広島の漁協は生食用の出荷を取りやめたり、宮城ではノロウィルスが見つかった海域の牡蠣について、その出荷を取りやめることで、従来より更に高いレベルで、安全性を保つ活動を行っています。そして、この状態が続くことで、来年以降の牡蠣の成育活動に支障が生じることも考えられます(現に、卸値は従来の半分程度に落ち込んでいます)。
 私はカキタベニストです。牡蠣の食べ方を遵守することを優先して、牡蠣を楽しみ続けることで、牡蠣の文化が発展することを望んでいます。
 そして、もしよろしければ明日の昼にでも、タルタルソースをたっぷりとつけた、カキフライを食べてみてください。誇張ではなく、それによって牡蠣の文化は守られるのです。
06-12-19-7.JPG
————– 
 今日もご覧いただきまして、ありがとうございます。人気blogランキング(レストラン・飲食店部門)も、ぜひご覧ください。

ローカルフードデザイナー/伝承料理研究家/復興庁「専門家派遣集中支援事業」登録専門家 地域食材・食文化をテーマにした商品開発や地域活性事業の企画・運営、取材、執筆、撮影、講演活動、地域メディア・ソーシャルメディア運営アドバイザー。人×食×地域の繋がりを強くする取組みをしています。プロフィールやお問い合わせは下のリンクから。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • follow us in feedly

コメント一覧

  1. のむのむ より:

    ウスターもさることながら、牡蠣については、ほんと一言書きたいと思っていました。
    陰ながらですが、「カキタベ」応援してます。

  2. ヒロキエ より:

    窓外にはあのビックリ中華へと続く道が示されておりますな。
    12月30日から半年ばかり閉店とは、良い情報をいただきやした。
    今のうちに行っておかなくちゃ!
    狙うメニューはカレーですけどね。
    ところで記事を読んでいて無性に生牡蠣が食べたくなってきました。
    今夜、牡蠣食べ男に変身しょうかと思ってます。

  3. kasachu より:

    こんにちは〜。
    私は、どんな状況下でも牡蠣を食べますよ〜♪
    二枚貝愛好家としては、
    「ノロなんて!」って感じです。
    (チョッと恐いケド・・・)
    カキタベ応援してます。^^)/

  4. あな より:

    カキフライ美味しそう・・・。
    ワタシも最近の風評なんて気にしませんわ。
    今気になっているのは千ふじのカキフライですのよん。

  5. 牡蠣は、貧血予防の鉄分や疲労回復のタウリンが豊富に含まれた、栄養学的にも優れた食材なんですよねー。
    大・大・大好きですよ牡蠣!(美味しいしw)
    昨夜牡蠣のぺペロンチーノ(←自作)食べちゃった~

  6. まさぴ。 より:

    ワタシも、牡蠣好きのハシクレとして今日の状況を憂慮しておりまする。風評的思い込みって、おっそろしーなーとも。
    タルタルも良さそうなので、来週あたり行ってみますね。

  7. 霞町 より:

    今日は久々にオフィスにいたのでカキフライを喰いました。
    生ガキも喰いまくって安全をアピールしてみたいんですけどねー。

  8. ロレンス より:

    まじめなお話なのでまじめに書きます。(長くてすみません)
    ①私は先週、生ガキを食べました。
    ②私の親しい人にもノロウィルスによる発症者が2名出ました。
    ③嫌がる人はもちろん、躊躇する人にもカキを勧めません。
    ④カキフライを食べて牡蠣の食文化を守りましょう、には賛成します。
    ①昨年・一昨年と今年でカキ食をめぐる環境に大きな変化はあったかというと思い当たりませんよね。また、仙台在住時の経験則から年内はリスクが小さい、と思っていることもあります。品川の某有名店が営業停止になったのも年が明けてからですよね。
    ②は院内感染や感染者との接触によるいわゆる二次感染だった模様。大変辛かったと…
    ③昔よく行ったカキ料理専門店(一晩に40~50個食べたこともあります)では、現在は生ガキと生食用を出すのは11月までとしています。そこでは浄化による細菌の除去を行い法定以上の厳しい自主基準で運用していますが、完全にシロとは言えないので12月からはやめているようです。プロでも安全とは言い切れないものを自己責任ではない領域で素人の私が軽々しく問題ないとは言えないので。
    ④ノロウィルス感染と報道されていますが、実際にカキが直接(最初)の原因であるという報道はないですよね。ありましたっけ?真相の解明が待たれます。(ホタテにも少し風評の影響が出ているとか)

  9. takapu より:

     【のむのむさま】
     ありがとうございます!
     自分にできることも、カキを食べるという方法しかないのですが、これが自分にできる最善の方法だと思っています。

  10. takapu より:

     【ヒロキエさま】
     モーゼの十戒のごとく、そこだけが道になっております(笑)。
     このお店、カキがらみで知ったのですが、カレーも有名なのですね。京橋店でも同じ味ということであれば、試してみたいと思います。
     ところで、生牡蠣は召し上がられましたか? 

  11. takapu より:

     【kasachuさま】
     ありがとうございます!
     私もできる限り食べますよ!!

  12. takapu より:

     【あなさま】
     千ふじのカキフライは、旨いですよ。
     ポイントは牡蠣が互い違いに2個組み合わさっていて、傍目には本当に1個ものにしか見えないのに、実は2個だというのを知った瞬間です。

  13. takapu より:

     【にこちゃんさま】
     あ、そうですそうです。タウリンは欠かせないところです。美味しく摂取という意味では、随一ですよね。
     そして、ペペロンチーノもおいしそうですな…「ひさぎ」のペペロンチーノが食べたくなりました。

  14. takapu より:

     【まさぴ。さま】
     ありがとうございます!
     今、風評の時点で、カイワレと同じような方向に進んでいますよね…この食材、カイワレと違って選択の自由が重視される食材ですが、現状、選んではいけないという選択肢しか提示されてない状況が、自分としてはつらいところです。

  15. takapu より:

     【霞町さま】
     さすが、カキタベニストの祖ですね。(笑)
     生牡蠣ですが、銀座の「よし田」で3個900円にて、昼から食べることができます。

  16. こちらの記事を事前に拝見していなかったのですが、たまたま20日の昼食、「カキの土鍋そば」なるものを食べましたので、宜しければご覧下さい。私もカキを食べるのを自粛していませんが、至って元気です。

  17. レストランモルチェ@銀座(洋食屋さん)

    皆様〓!
    あけましておめでとうございます!
    去年はブログを通じて出会いの幅が広がった、とてもよい一年でした。
    今年も宜しくお願い致しまー…

  18. あな より:

    行ってきましたモルチェ。
    千ふじのカキフライに比べると、もっと味わいがマイルドでサクサク柔らかい感じでした。
    半年後にまた訪れてみたいです・・・
    去年は色々おせわになりました!
    今年もまた美味しい輪を広げましょうねん。
    今後とも宜しくお願い致します!

  19. takapu より:

     【西新橋一時勤務さま】
     コメントが遅れてしまいまして、申し訳ありませんでした。
     カキの土鍋そばを拝見したのですが…素晴らしいです!!!これは、今月のテーマにさせていただきます。
     やっぱり、この時期にカキを食べないと損ですよね。

  20. takapu より:

     【あなさま】
     よく考えてみると、ここのカキフライはかなり手が込んでいるんですよ。大きさとして目立つのではないのですが、カキの味がしっかりと主役になっているという感じで。
     今年も、「うぎゃー!うめぇー!」と騒げる美味しい輪を、たくさん広げましょうね。

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。