虎ノ門・MILLAN マサラチキンとイカカレーの二種がけ(700円)

 

Pocket
LINEで送る

06-12-21-1.JPG
 虎ノ門の移動屋台が集う場所に、こんな派手なペイントを施したカレー屋さんを見つけた。
 それに惹かれて並んでみると、カウンターに見えるのは「イカカレー」の文字。ということで、自分の番になった際に、これを注文しようとしたところ、もう一つ見えたのが「マサラチキン」の文字。
 一瞬、どちらにしようか迷ったものの、プラス100円で合いがけができるということだったので、更に100円加えて合いがけプラス大盛りで注文。
 渡された袋からずっしりとした重さを感じつつ、職場に戻って袋から取り出す。
06-12-21-2.JPG
 その重さは、ライスからだけではなく2種類のソースからでもあった。
・マサラチキン
06-12-21-3.JPG
 大ぶりのチキンがたっぷりと入ったこのカレー、ベースはトマトの酸味とニンジンの甘み。ただ、口に入れてから3秒ぐらいで、スパイスの刺激がじんわりと広がり、組み合わせによる味が完成する。また、豆の食感がアクセントとして効果的。とにかく、ボリューム感は申し分なし。
・イカカレー
06-12-21-4.JPG
 こちらは、更にトマトからおぼしき酸味が強い味になっており、さしずめ、トマトソースにスパイスをふんだんに織り込んだイカのソース(実際には「トマトっぽいけど、実はタマリンドによる酸味」というコメントをいただきました)。ゴハンとの相性という楽しみ方というよりは、ソース自体に「なるほど…」と感じさせる味。イカもたっぷりと入っておりサラサラ感もあるので、スープ的な印象も受けた。
 どうやら、メニューはこれで固定ではなさそうなので、合いがけにすることで、相性のいい組み合わせを探す楽しみも感じさせる移動屋台である。
————– 
 今日もご覧いただきまして、ありがとうございます。人気blogランキング(レストラン・飲食店部門)も、ぜひご覧ください。

ローカルフードデザイナー/伝承料理研究家/復興庁「専門家派遣集中支援事業」登録専門家 地域食材・食文化をテーマにした商品開発や地域活性事業の企画・運営、取材、執筆、撮影、講演活動、地域メディア・ソーシャルメディア運営アドバイザー。人×食×地域の繋がりを強くする取組みをしています。プロフィールやお問い合わせは下のリンクから。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • follow us in feedly

コメント一覧

  1. Yoko より:

    MILLANに行かれたんですね~♪
    私も21日は2種盛りを購入しました!
    この日はかなり辛さも辛めだったので、私も非常に満足でした。
    MILLANのカレーにはちょっとはまりすぎて、新しく店舗(お花茶屋)ができて
    そちらにも数回伺っている状態です(笑)
    ちなみに、私もイカカレーの酸味はトマトだと思ったのですが、
    MILLANの店主の方からブログでコメントをいただきまして、
    イカカレーの酸っぱさは「タマリンド」という豆の一種ですが、
    南インドではよく使われているスパイスです。
    だそうです。
    スパイスであの酸味を出しているというのは本当に驚きでした。

  2. takapu より:

     【Yokoさま】
     あちゃぁぁぁぁ!!!タマリンドでしたかぁぁぁ!!大変失礼いたしました…
     MILLANについては、まじめに思ったことも色々あるのですが、それは2回目以降に随時ということで。

  3. NOBLE より:

    「タマリンド」と聞いては黙ってられないですね(笑)
    でも、ちょっと行けそうも無いですねえ(泣)
    今度行かれたときに「池袋のサンシャイン辺りは儲かるらしい」と吹き込んで、池袋に誘導して下さい!

  4. takapu より:

     【NOBLEさま】
     タマリンドファンでしたか(笑)。私はそこを捉えきれなかったことで、来年の課題スパイスとなっております…
     今度、「池袋のサンシャイン辺りは儲かるらしい」というフレーズと同時に、「相模原も儲かるらしい」とも吹き込んでみようかと。

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。