銀座・モルチェ カキフェアー

 

Pocket
LINEで送る

06-12-22-1.JPG
 最近、とあるブログ本に「今年、えらく面白かったブログ第15位」として、掲載された「今、もっともエプロンが似合う男」に誘われて、自分としては中二日で再びモルチェへ。お店に到着すると、ゲストとしてこちらのラーメニストも参戦していたのだが、更に来年早々にラジオ出演が決まっている、ゴージャスな人も参戦。
 で、なぜ「参戦」なのかというと、このお店で開催中の「カキフェアー」メニューを、全部食べてしまおうという企画に発展したからである。
 まず、運ばれてきたのが冒頭のカキのチャウダーとカキフライ。
 チャウダーに入っているのは、ジャガイモとタマネギ、そしてカキ。サラサラした液体の口当たりと、立体感あるジャガイモの組み合わせに、タマネギの甘さが全体に広がっている。
 
 そして、カキは…
 06-12-22-2.JPG
 その香りを前面に押し出すものではなく、チャウダーとしてのアクセントとして、いい塩梅となりつつ、かみ締めるとしっかりとした味わいによって、その存在感を出している。
 一方、カキフライは少し小粒ながらも、タルタルとの相性やウスターソースの相性、そして3人が注文した同じカレーのソースとの相性が秀逸。受け止める側の力強さを改めて感じた。
 次に運ばれてきたのは、カキピラフ。
06-12-22-5.JPG
 少し固めに炊かれたごはんと、カキのブニュっとした弾力から広がる味。 また、キノコ類の弾力とカキの弾力がグラデーションとなり、魅力を増している。
 そして、最後に運ばれてきたのは、カキのグラタン。
06-12-22-3.JPG
 いわゆるグラタン皿ではなく、プレートにホワイトソース、ほうれん草、そしてカキを乗せて、その上にチーズを乗せてこんがりと焼いたもの。
06-12-22-4.JPG
 最初に表面だけ食べると、こんがりと焼けたチーズの味が強く出ており、これがホワイトソースの味わいを増すというバランスになっているが、カキやほうれん草と一緒に食べると、ほうれん草のいい意味でのアクとカキのコクが組み合わさり、チーズと織り成される味とで、濃厚なコントラストが構築されている。
 
06-12-22-6.JPG
 この一粒には、生産者の情熱やシェフの気持ちが凝縮されている。ということを、改めて実感した時間であった。
————– 
 今日もご覧いただきまして、ありがとうございます。人気blogランキング(レストラン・飲食店部門)も、ぜひご覧ください。

ローカルフードデザイナー/伝承料理研究家/復興庁「専門家派遣集中支援事業」登録専門家
地域食材・食文化をテーマにした商品開発や地域活性事業の企画・運営、取材、執筆、撮影、講演活動、地域メディア・ソーシャルメディア運営アドバイザー。人×食×地域の繋がりを強くする取組みをしています。詳しいプロフィールは下のリンクから。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • follow us in feedly

コメント一覧

  1. ヒロキエ より:

    しかし、あんさんは本当に牡蠣が好きねぇ。
    他の3人がカレー食ってるというのに。
    牡蠣の食いすぎでカキタベ!がハキタベ!にならないようにというギャグは、時節柄控えた方がイイんだろうね。

  2. takapu より:

     【ヒロキエさま】
     だだだだ、大好きです!!この食材、知れば知るほど魅力と奥深さを感じますよ。
     で、そのギャグについては…517年程度控えていただけると助かります。

  3. ちはやまこと より:

    初めまして、ちはやまことですm(_ _)m
    どれも美味しそうですが、特にクラムチャウダーが気になります♪
    私も牡蛎に対する風評を気にしてませんので、いつも通り食べたいと思ってます♪

  4. takapu より:

     【ちはやまことさま】
     こちらこそ初めまして。お越しいただきありがとうございます。
     クラムチャウダー、しっかりした作りでしたよ。個人的にも、かなり気に入った一品でした。
     これからも、カキを愛していただけますよう、お願いいたします。

  5. abuyasu より:

    あぁ、どうも。
    牡蠣は大好きだけど、食べられないabuyasuです(苦笑
    先日はありがとうございました。
    いやまぁ、あの方の豪快なオーダーっぷりには、もうビックリですわ(笑
    牡蠣好きとしては、たまならい日になりましたね。
    う~、いつになったら元のように食べられるようになるんだろうと思い悩む今日この頃です。

  6. takapu より:

     【abuyasuさま】
     こちらこそ、abuyasuさまの元気な姿を拝見できて、ほっとしました。かなり体調としては優れなかったようなので…
     この日のオーダーは、豪快を通り越して「大会」ですから(笑)。大会としては大成功だったのではと。
     カキが食べられない人向けのメニューというものを少し考えたのですが、一つの答えがでてきました。おいおい紹介できればと思っています。

  7. 華麗叫子 より:

    takapu様♪
    先日は楽しいランチタイムにツギャザーさせていただき、
    どうもありがとうございました♪
    初めてお会いするのでドキドキしながらOJAMAしたモルチェでしたが、
    takapu様のものすんごい飛ばしっぷりに終始笑いっぱなしで、
    ココロの底からエンジョイできましたわ☆
    本当に素敵なお人柄ですのね(^ー^)
    こちらのカキフライは秀逸!
    ザ・ネクスト・デイ、早速カキフライを食べに
    伺ってしまったんですのよ♪

  8. koire より:

    お昼に、牡蠣フライを食べようと行ったのですが、レディースセットにしてしまいました。
    牡蠣とポテトのグラタンでした。
    牡蠣は濃厚で美味しかったです。
    ところで、銀座で最後にランチするとしたら何にしますか~?

  9. takapu より:

     【華麗叫子さま】
     こちらこそ、先日はありがとうございました。
     あの飛ばしっぷりは…まぁ、6:4であっちが本来の姿ということで(笑)。
     ここのカキフライ、私も今年随一だと思っています。今から工事完了まで半年待って、更に5ヶ月待って11月になったら、またここのカキフライに会いに行きたいと思います。
     

  10. takapu より:

     【koireさま】
     牡蠣とポテトのグラタンとはうらやましいです!!あー…うらやましいです。
     ところで、「銀座で最後」ですか…うーん、三越のお子様ランチです。
     なんか、あの場所であのメニューを食べるということに、大人の贅沢を感じるもので。

  11. 「レストラン モルチェ銀座」のコロニアル風カレー

    *****************************銀座2丁目 明治屋 銀座ビル2F「レストラン モルチェ銀座」のコロニアル風カレー 2,200円叫…

  12. コロニアル風カレー@レストランモルチェ(銀座)

    ☆☆(うまかった)
    コロニアル風カレー 2,200円
    昨日金曜日の過去ネタ。
    今日のランチは、オフ解禁な気分。
    ということで、エプロンなこ…

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。