« 銀座・ナタラジ カレービュッフェ(1,050円) | トップページへ | 神戸・「神戸突撃隊!」その2 ~新開地・グリル一平 「マカロニ・イタリアン」と「スパゲティ・イタリアン」(各900円)~ »

2007年01月26日

銀座・佐藤養助 二味(1,100円)

07-01-26-1.JPG

 以前、川崎大師の商店街で食べた、稲庭うどんの佐藤養助が、銀座に店を構えたということで、足を運んでみると、そこは黒が基調の床や壁、そしてウォータースクリーンまで揃った、まるでクラブのような空間だった。

 スクリーンを背にしてソファーに座り、メニューから注文したのは、醤油つゆとゴマだれの2種類楽しめるという二味というメニュー。

 で、これを注文した際、店員さんから「量が少ないですが、普通盛りでよろしいでしょうか?」という、今まで経験したことがないアナウンス。ただ、うどんを大盛りにすると150円プラスだったので、まずは普通盛りで注文。

 待つこと約10分、目の前にうどんが運ばれてきた。

07-01-26-2.JPG

 「うどんの右側から取ると、からまずに取れます」という話だったので、右側から取って醤油のつゆに浸して食べると…うどん自体の張りやノド越しはいいものの、以前と同じくつゆは少し辛め。

 次に、ゴマだれに浸して食べると、最初は「濃すぎる」という印象をうけたものの、噛むごとに中和されていき、最後はほどよいバランスに。

 とはいえ、実は一番旨かったのが、テーブルの上におかれていた塩を、うどんに振りかけて食べた味だというのが、正直悩ましい。

 懸念だった量については、ノド越しを重視してあまり咀嚼せずに食べると、鳥めしが付いてくるものの、全体的に足りないのであろうが、自分としてはこの程度で十分。

 あとは、内装や料理全体を思うと、このお店の位置づけというのが、うどんを食べる目的として行くお店ではなく、何かの手段として行くお店だという印象と、ウォータースクリーンを背にすると、結構身体が冷えるという事実が強く残った。

-------------- 

 今日もご覧いただきまして、ありがとうございます。人気blogランキング(レストラン・飲食店部門)も、ぜひご覧ください。

 そして、神戸の町と旨いものと、兵庫のカキを食べまくった、「神戸突撃隊!」シリーズを初めました。記事は随時掲載いたします。

 その1 ~新開地・トシヤ 「そば焼」と「うどん焼」(各500円)~




おかわりいかがでしょうか??

« 銀座・ナタラジ カレービュッフェ(1,050円) | トップページへ | 神戸・「神戸突撃隊!」その2 ~新開地・グリル一平 「マカロニ・イタリアン」と「スパゲティ・イタリアン」(各900円)~ »

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://hirudoki.hungry.jp/mt/mt-tb.cgi/79

トラックバック

» 稲庭干饂飩「銀座佐藤養助」二味せいろ from 東京うにゃにゃん【仮】
昨年12月にオープンした稲庭うどんのお店。私事ですが、仕事の関係で東北に住んでいたことがあります。その時に初めて知ったおいしいもの、あるいは本当のおいしさ... [Read More]

コメント

同じような感想ですね。
そば屋で飲むようなつもりで行って、ウォーター
スクリーンでいきなり調子狂っちゃいました(笑)
きりたんぽで飲み会をやるには良さそうですが・・・

 【ロレンスさま】

 やっぱり、首都圏の人間が持っている佐藤養助のイメージと、店舗デザインには大きな差がありますよね。もっと、純朴な雰囲気の中で食べたいものです。

 きりたんぽの内装は、その辺りの加減が比較的上手く調整されているんですけどね…今、自分が知っている内装と違っていればあれですが。

 

そうか、イメージから入るのですね。
地元ネタなので、あまり店内の様子は見ていなかった(苦笑
うどんそのものは、思ったよりまともだったと思います。
つけ汁は、2種のだとまさにご指摘の通りですわ。

 【abuyasuさま】

 店の雰囲気を凌駕するほどに、期待値を上回るお店だったら、話が変わるのですが、どうしても、ここは入店5歩目に見た空間の印象が強すぎて…

 うどんそのものは、自分も好きなので、あとはつゆと内装…

今さらながら、行ってまいりましたのでTBしましたぁ。
地鶏のつけうどんはなかなかでしたよ。
もしかしたら東北舌が見合ったのでしょうか?

 【裕子ママさま】

 先週、青森に行って「東北舌」という概念に近いものを、少し勉強してきました。
 
 で、それをふまえて思うと、このお店の味付けも、なんとなく理由がわかりました。

 それゆえに、「東京で店をやる上で、調整すべきものと調整しなくていいものの取捨選択」という部分が、大きいよなぁ…と春分の日に思う今日この頃です。

コメントする

(初めてのコメントの時は、コメントが表示されるためにこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまでコメントは表示されませんのでしばらくお待ちください)