東銀座・わさび庵 おそばランチセット(1,050円)

 

Pocket
LINEで送る

07-02-16-2.JPG
 夜は客単価が1万円近くだというお店が、実はランチをやっているということで訪問。重く幅広い木の扉を開けて、細い通路を通ってお店がある2Fへ進む。
 暖簾をくぐって店内に入ると、そこはやわらかい照明に照らされた空間。1枚板のカウンターに座って注文したのは、限定20食のおそばランチセット。ざる、かけ、とろろ等、好きなそばを組み合わせるのだが、初回なのでざるそばを注文。
 最初に運ばれてきたのは、セット部分の先付、五穀米御飯、そして香の物。先付として出されたおからの煮付けの味付けは、ごはんが進む少し濃い目の味付けなのだが、いかんせん相方となるべき米の量が少ない。
 そして、ざるそばが運ばれてきた。
07-02-16-3.JPG
 細めのそばからは、なめらかな口当たりと、クミクミとした食感が十分に伝わってくる。一方、つゆのダシ感は少し弱め。なので、京都の黒七味を入れて食べることになるのだが、確かに、黒七味の味が強い分、反動がついて味の広がりは感じるものの、正直、その味の作り方は反則じゃないのかという感もある。また、そばの量は少なめ。
 このお店でお昼を食べる場合、食後に新橋演舞場や歌舞伎座に行かれる方や、プチ密会的に使うお店としては、使えるのかもしれないが、普通にランチを食べるという意味では、使い勝手があまり優れない。
 もっとも、一番の問題は、席に着いてから店を出るまで、お茶も水も出なかったことなのだが…
————– 
 今日もご覧いただきまして、ありがとうございます。こちらもクリックいただけるとうれしいです。人気blogランキング・レストラン・飲食店部門)へ

ローカルフードデザイナー/伝承料理研究家/復興庁「専門家派遣集中支援事業」登録専門家
地域食材・食文化をテーマにした商品開発や地域活性事業の企画・運営、取材、執筆、撮影、講演活動、地域メディア・ソーシャルメディア運営アドバイザー。人×食×地域の繋がりを強くする取組みをしています。詳しいプロフィールは下のリンクから。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • follow us in feedly

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。