東銀座・樹庵 あじな丼ぶりセット(1,000円)

 

Pocket
LINEで送る

07-03-05-0.JPG
 実は、こちらのサイトに掲載されていた、カキタベニストにおける重要課題なお店に足を運んだものの、残念ながら今日は目的の品がなく、あばれまんじゅう定食で御馴染みのこのお店へ。
 で、毎度あばれまんじゅうばかり食べるのも何なので、あじな丼ぶりセットを注文。最初に運ばれてきたのが、田楽風に味噌をつけて食べる、大根とこんにゃくの煮物と、ひじきの煮物。
07-03-05-1.JPG
 ここの味付けは、基本的に醤油醤油な味ではなく、ダシがしっかり効いた上品な味。大根もその旨い汁を存分に吸っており、味噌の甘みとの組み合わせが上手く調和されている。ひじきの煮物も、しっかりと太く長いまっとうなひじきを使ったものなので、その歯ざわりが満足感に変わる一品。
 そして、あじな丼が運ばれてきた。
07-03-05-2.JPG
 タレに漬けられたアジの身は、しっかりとした筋肉質な弾力ではなく、いい意味でクタクタに漬かった状態ならではの食感。固めに炊かれたご飯との相性もいい具合になっている。で、これをつゆ物と一緒に半分ぐらいまで食べ進める。
07-03-05-3.JPG
 そして、お店の方にお願いして、丼に熱いお茶を注いでお茶漬けにしてもらうのが、この丼のもう一つの楽しみ方。
07-03-05-4.JPG
 アジに染みこんだタレがお茶に染み出したところで、サラサラと口に運ぶ。ゴマの香ばしさと熱が加わったことで変化するアジの食感、そして固さがいい具合に残ったごはんの組み合わせが、丼のもう一つの魅力を出してくれる。
 勢いよくサラサラと茶碗が空になったところで、食後のお菓子として黒ゴマのおまんじゅうが運ばれてきた。
07-03-05-5.JPG
 モチモチした生地の中からあふれ出すのは、たっぷりの黒ゴマペースト。
07-03-05-6.JPG
 一口で食べないと、口の周りにペーストが滴ってくるかもしれないのに、不思議と一口で食べるのが惜しい一品である。
 ところで、このお店の代名詞ともなっている「あばれまんじゅう」。どうしてこんな名前がついたのかを、お店の方に伺ったのだが…話が面白すぎたので、ぜひともお店の方にご確認を。
————– 
 今日もご覧いただきまして、ありがとうございます。こちらもクリックいただけるとうれしいです。人気blogランキング・レストラン・飲食店部門)へ

ローカルフードデザイナー/伝承料理研究家/復興庁「専門家派遣集中支援事業」登録専門家
地域食材・食文化をテーマにした商品開発や地域活性事業の企画・運営、取材、執筆、撮影、講演活動、地域メディア・ソーシャルメディア運営アドバイザー。人×食×地域の繋がりを強くする取組みをしています。詳しいプロフィールは下のリンクから。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • follow us in feedly

コメント一覧

  1. のむのむ より:

    銀座ランチをネタにしてるものとしては、こちらは重要課題なお店なのですが…
    近いうちに、あばれまんじゅうの由来を聴きに伺いたいと思います。

  2. takapu より:

     【のむのむさま】
     このお店は、重要課題です。
     メニューは不動の3種類なのですが、副菜は変化するので、「困ったときの駆け込み寺」的に重宝しますよ。
     ところで、あばれまんじゅうの由来は…
     つづく

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。