四谷三丁目・どんぐり 「家庭料理+山形料理」

 

Pocket
LINEで送る

07-03-10-1.JPG
 四谷三丁目の駅から5分ぐらい歩くと、黄色の看板が目印のこんなお店がある。ここは、山形県最上町出身の女性がやっている家庭料理のお店である。
 「山形県の方が作る家庭料理」と考えると、なんとなく期待値が上昇するのだが、そもそも、山形の名物として思い浮かぶのは、米沢牛だったり、さくらんぼだったり、板そばだったり、丸こんにゃくだったりという具合にどちらかというと断片的。
 なので、「山形料理とは?」となると明確なものが思いつかない。ということで答えを探すような気持ちで店内に向かう。
 今回は「3,000円ぐらいでコースを作って欲しい」と事前に指定していたので、おまかせモードとなる。ということで、最初に運ばれてきたのは、山形名物のあれだった。
 


07-03-10-2.JPG
 前菜3品の一番奥に見えるのは、「だし」が盛られた冷奴。自分は、これがごはんの上に盛られたものは、このお店で見て食べたことがあるのだが、豆腐の上に盛られたものを見るのは初めてである。
07-03-10-3.JPG
 だしとは、内陸地区で定番の家庭料理で、野菜を細かく刻んだものを、醤油で調味したもの。きゅうりとナスが使われる野菜の定番ではあるのだが、家庭によって使う野菜も違うらしい。
 粘りのある野菜をじゅばじゅばっと口の中に取り込むその勢いと、シャキシャキした食感が印象的であり、豆腐との相性も申し分なし。
 次に運ばれてきたのは、カラフルな彩りの煮物。
07-03-10-4.JPG
 ここで丸こんにゃくの登場。表面の少し固めを持った弾力と中心の少しゆるさを持った弾力がコントラストになっており、つゆの染みこみ具合もこれに比例している。また、春菊を初めとした個々の野菜の味がしっかりと伝わってくる味付けなので、ごはん派にもお酒派にもうれしい作り。
 ここからは、少しボリュームがある料理が次々と運ばれてきた。
・たいら貝のコンソメスープ、ニンジンとタラの芽の天麩羅、島根産ブリのたたき
07-03-10-5-1.jpg
 山形県の方がやっているので、全部の皿が山形100%。というわけではなく、基本的に料理全体のバランスを優先している。ただ、タラの芽はしっかりと山形産。大皿ものは3人前の分量なのだが、結構なボリュームである。
07-03-10-9.JPG
 黒豚の味噌漬を焼いたものの後は、ごはんを残すのみとのことだったので、山形ものの料理を一品と、隣のテーブルで食べていたのを見て美味しそうに見えたもの一品を、追加注文することに。
・前森高原ハム
07-03-10-10.JPG
 山形県最上町の工房で作られているハム。肉の繊維感によるしっかりした噛み心地から広がるのは、少し強めの塩味とがっちり組み合った肉の旨さ。
・焼き筍
07-03-10-11.JPG
07-03-10-12.JPG
 香ばしく焼かれた皮から発せられる豊かな香り。そして、皮を一枚一枚剥いていき、根っこ側からがぶりと食べる。
07-03-10-13.JPG
 シャクシャクとした食感から口一杯に広がるのは、とうもろこしのような甘みと心地よさを持つアク。アクは素材独特の個性の一つであって、味の一つでもあるということを再確認させてくれる。
・ブリご飯
07-03-10-14.JPG
07-03-10-15.JPG
 ブリの照り焼きを細かくほぐして、ミョウガ、シソ、ゴマといった薬味類と一緒にしたもの。ブリのしっかりした味と個々の薬味が作る味は、美味しさでほっとする味。ミョウガの強さを一歩前に出すことで、しっかりした味の軸を作り出している。
 また、碗物も貝のダシがしっかりと出ており、十二分の飲み応え。
07-03-10-16.JPG
 食後にサービスで出してもらったこのプレートが、今までの流れとは違う系統ではあるのだが、いずれも手作り。
 正直、山形らしさという意味では、一から十まで山形ものを使っているわけではないので、やや薄めの印象なのだが、まるで親戚の家に招かれたときの「あら、よく来たわね。じゃぁ、たくさん食べてね」という時に食べるあの感覚が、このお店にはある。そして、それが使い勝手の良さになっているのか、店内は満席となっていた。
 この感覚を受けながら、次はオール山形ラインナップでコースをお願いして、もっと「山形料理とは?」という部分を、堪能してみたいものである。
————– 
 今日もご贔屓、ありがとうございます。こちらもクリックいただけるとうれしいです→人気blogランキング・レストラン・飲食店部門)へ

ローカルフードデザイナー/伝承料理研究家/復興庁「専門家派遣集中支援事業」登録専門家 地域食材・食文化をテーマにした商品開発や地域活性事業の企画・運営、取材、執筆、撮影、講演活動、地域メディア・ソーシャルメディア運営アドバイザー。人×食×地域の繋がりを強くする取組みをしています。プロフィールやお問い合わせは下のリンクから。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • follow us in feedly

コメント一覧

  1. 華麗叫子 より:

    どれもこれも新鮮なメニューでございますわ!
    だし、ワタクシはよく氷で〆た素麺にかけて食べますの。
    でもお豆腐はファースト・タイム!
    考えただけでお口がウォータリングしてしまいますわ♪
    そして色々惹かれましたが、焼き筍が最も強烈かしら♪
    こんな形で出されて頂いた事がない分、
    その風味を味わってみたいというフィーリングがストロングですの!

  2. takapu より:

     【華麗叫子さま】
     だしを氷で〆た素麺で食べるのは、ナイス発想力でござんすね。
     私、実はカレーの薬味で食べても面白いのではと思っています。自己主張しつつも旨さを加えるのでは?という感じで。
     焼き筍は、皮の香りと皮をはがすたびに広がる豊かな香りがたまりません。ただ、これを気軽な料金でやってくれるお店って少ないんですよね…私、あまりに高価格なお店って行かないので(笑)。

  3. 華麗叫子 より:

    わっ!カレーの付け合せにだし!
    それは考え付いた事がありませんでしたわ!
    絶対に合う!絶対に合う!
    んー、試してみたいのですけれども
    山形のカレーと言えば何カレーなのかしら…♪
    調べてみませんとー!

  4. takapu より:

     【華麗叫子さま】
     山形のカレーですか…米沢牛を入れてしまえば簡単に山形的なカレーになると思いますが、それだと面白くないですよね。
     そこで、佐藤錦を贅沢に入れたさくらんぼカレーなんてのは…いや、戯言です。でも、りんごを入れる位置づけで入れる選択肢もというのは、捨てがたいですが。

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。