ひるどき青森シリーズ・その4 ~弘前の隠れた郷土食!「いかメンチ」ってご存知ですか?~

 

Pocket
LINEで送る

07-03-16-2-2.JPG
 弘前には、いかメンチという料理がある。
 とはいえ、ネットで色々と調べる限り、実は同じ青森県内でも、大量のイカをメンチカツのように潰して成形した、いかメンチもあるのだが、ここでのいかメンチはちょっと別物。細かく刻んだ野菜と、同じく細かく刻んだイカゲソを、混ぜて丸っこく成形したものを、揚げたり焼いたりするというものである。
 で、写真を見る限り、「かき揚げ?」という感じもあるのだが、よくよく話を聞くと…
 ・ゲソは、胴体を刺身で食べたイカのゲソを用いるのが基本形。
 ・家庭ではどちらかというと焼くほうが多い。
 ・一方、外で売っているものは揚げているほうが多い。
 ・弘前の人にとってはあたりまえの料理ゆえに、自分(私です)が住んでいるところに、いかメンチという呼び名の料理はないことを話すと、「えっ、他の県にはいかメンチって無いの?」と驚かれてしまう。
 といった具合に、実は色々な意味で郷土色に溢れた料理なのである。
07-03-16-2-3.JPG
 これは、1枚目のお店とは別のお店で購入したもの。こちらは小麦粉生地に、野菜やイカを入れて揚げたバージョンのいかメンチである。このように、同じ外のお店であるにもかかわらず、実はお店の特徴が如実に現れる一品なのである。
07-03-16-2-4.JPG
 伝統的な郷土料理を生み出した、歴史背景の深さに対する感嘆や、これを生み出した知恵に対する尊敬は、当然ながらなされるべきなのだが、こういった隠れた存在でありながら、実は郷土に根付いている料理だって、立派な郷土料理というものである。
————– 
 今日もご覧いただきまして、ありがとうございます。こちらもクリックいただけるとうれしいです。人気blogランキング・レストラン・飲食店部門)へ

ローカルフードデザイナー/伝承料理研究家/復興庁「専門家派遣集中支援事業」登録専門家 地域食材・食文化をテーマにした商品開発や地域活性事業の企画・運営、取材、執筆、撮影、講演活動、地域メディア・ソーシャルメディア運営アドバイザー。人×食×地域の繋がりを強くする取組みをしています。プロフィールやお問い合わせは下のリンクから。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • follow us in feedly

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。