東銀座・ア ヴォートル サンテ エンドー 「ポパイとオリーブのカレー」と「フルーツカレー」(2,730円)

 

Pocket
LINEで送る

07-04-02-1.JPG
 急遽、静岡から尊敬する師範がやってきたので、東京に存在する変化球メニューを食べてもらおうと、お連れしたのがこのお店。
 で、以前にこちらのエプロニストと、女流カレニストが食べたフルーツカレーに加えて、ポパイとオリーブのカレーという、2種類の変化球メニューを注文してシェアすることに。
 窓際の席に飾ってあった、この振り子運動をする置物を徹底的にいじりながら、待つこと約9分。2種類のカレーが運ばれてきた。
・ポパイとオリーブのカレー
07-04-02-2.JPG
・フルーツカレー
07-04-02-3.JPG
 この2つが並ぶテーブルというのが、実に色鮮やか。それだけで楽しくなる。
 まず、ポパイとオリーブのカレーは、注文前はほうれん草がソースに練りこまれているのかと思ったのだが、主役を張っているのはほうれん草が入ったモヤシ炒め。そこにエビ、タマゴ、レーズン、ア-モンド、トマトとオリーブが加わったその姿は、アニメのポパイが色々なシチュエーションで展開されていたかのごとし。
 一方、ソースの味は辛さ、コクといった特定の要素が強く感じられるものではなく、ある種、まっとうに解りやすいカレーといった印象。で、もやし炒めと一緒に食べると、油分のコクによって味のスケールが膨らむのと同時に、なぜかカレー定食みたいなものを食べているような錯覚に陥る。でも、不思議にガツガツ入ってしまう。まぁ、だから定食みたいな印象なのだが。
 ただ、多くの具材+カレーソースという組み合わせを楽しめるので、食後にあれがよかったこれがよかったと、一人で余韻に浸れるのはいいのかもしれない。
 一方のフルーツカレーは、最初の一口までにためらったのだが、師範から「いや、これは合うよ」という一言を受けて、バナナとミントとカレーソースを一緒に口にすると、ソースが甘めの設定になっているので、2種類の甘さによるコントラスト+爽快感という、ちょっと考えさせられる味を感じた。
 固定観念で考えてしまうと、この一皿を食べることに躊躇してしまうのだが、噛むごとに、実はお米の甘さを含んだ三段階のコントラストになっていることに気がつく。
 他の柑橘類やキウイ、リンゴといったものと一緒に食べてからよく考えると、隠し味でカレーに入るものを、顕在化した具なんだよなぁと思う。そう考えると、これも食べ手が持つべき気づきの精神を重視したものかもしれない。
 …なんて具合に、「お店がこんなことをたくらんでいるかもしれない」という、色々な想像が頭を駆け巡ることが、実はこの店の一番楽しいところだと思う。
————– 
 今日もご覧いただきまして、ありがとうございます。こちらもクリックいただけるとうれしいです。人気blogランキング・レストラン・飲食店部門)へ

ローカルフードデザイナー/伝承料理研究家/復興庁「専門家派遣集中支援事業」登録専門家 地域食材・食文化をテーマにした商品開発や地域活性事業の企画・運営、取材、執筆、撮影、講演活動、地域メディア・ソーシャルメディア運営アドバイザー。人×食×地域の繋がりを強くする取組みをしています。プロフィールやお問い合わせは下のリンクから。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • follow us in feedly

コメント一覧

  1. ヒロキエ より:

    ▼ひるどきクイズ!
    1枚目の写真左上、窓外に見える道路の向こう側のインド料理店の名は?
    見た目鮮やかな楽しさと、とろ~り溶けてるカレーの具材の顕在化。
    ええ体験をしたものよのう。

  2. あな より:

    あら、蓮花さんがいらしていたのですネ!
    ここにお連れして差し上げたなんてステキ☆
    このお店、ほんとに何かたくらんでいそうなイメージがあります。(笑)
    ワタシも自分で訪れて確かめてみなくちゃ!

  3. 蓮花 より:

    めちゃ急遽な知らせだったにもかかわらず
    お連れいただきありがとうございました~ん♪
    まずは両皿とも、見た目の鮮やかさにびっくり!
    フルーツカレーのほうは甘めのルーということもありそんなに違和感なかったなぁ。
    けど、やっぱりフルーツはデザートとして食べたい自分がいたりして・・・(笑)

  4. 華麗叫子 より:

    改めてお写真を拝見しましても相当にビューチホーなカレーを出しますわね、このお店は♪
    ポパイとオリーブのカレーにトッピングされているお野菜も、
    なんだかナムルのように見えてこのお店らしく、
    好きな一品でございます♪
    蓮花様とtakapu様の1対1のコンバーセーションを
    聞いた事がありませんで、
    一体どういうお話をされるのだろうと気になります春の午後♪

  5. takapu より:

     【ヒロキエさま】
     はい!は~い!!実は未訪のナイルレストランです!!
     これほどまでに、甘さで押すカレー初めてでした。フルーツカレーという字面で、ちょっとドキドキ感を生んでいるのも、美味しさを感じる一つの作戦なんでしょうね。

  6. takapu より:

     【あなさま】
     えー、二択でした。Aがこの店、Bが喫茶アメリカン。
     今回はAを選択しましたが、実はBのお店にまつわる重大な事実を知りました。それゆえにBにもちゃんと行かなければと思いましたが、詳しくは別の記事で。

  7. takapu より:

     【蓮花さま】
     いえいえ、師範のためでしたら…
     個人的には、フルーツカレーに感じる違和感の正体が、先入観だということを知ることができてよかったです。
     ただ、桜のお茶が飲めなかったのと、あの謎の店員さんの正体がつかめなかったのが残念です…

  8. takapu より:

     【華麗叫子さま】
     上のもやし、ナムルというより和風な炒めものだった訳ですが(笑)、これが実によかったです。カレー味の野菜炒め定食が食べられるお店を探したくなりましたよ。
     で、師範と私のカンバセーションだと、ブロガーさんについての話もしますが、実はビジネスネタっぽいことも話すんですよ。ただ、トルストイとかについて話すことはありませんが…

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。