築地・高はし 小アマダイの一夜干し定食(2,800円)

 

Pocket
LINEで送る

07-04-13-1.JPG
 前日から徹夜仕事となってしまい、その間に口にしたのはコンビニ食ばかり。で、ようやく開放されたのがこの日の正午過ぎ。ということで、疲れをふっとばすものが食べたくなり、高はしへ。
 で、注文したのは若狭湾で獲れたアマダイを一夜干しにした、このお店の十八番。
 焼き上がりには15分ぐらいを要するので、その間は炒め油のコクがくっきりしたキンピラごぼう、あっさりとやさしく煮汁の味が広がる切り干し大根と里芋。そしてきゅうりの糠漬けを食べる。
 そして、目の前にお待ちかねのアマダイが。
07-04-13-2.JPG
 小とはいえども、約20センチあるアマダイから発せられる芳ばしい香りは食欲を喚起し、ピンク色の皮についた焦げ目と、切れ目から広がる白い身による彩りのコントラストは、この後数十秒後に広がるであろう味に対する期待感を喚起する。
 さっそく、切れ目から身をほぐして一口。
07-04-13-3.JPG
 フワフワとやさしい食感から広がるのは、一夜干しによって凝縮された、口当たりがやさしい上質の旨み。溢れてくるこの味で、ご飯を食べることは申し分のない心地よさ。そして、この身を噛み続けることで、食感の変化とともに更に奥深い旨みへと展開される。
 また、皮のパリっとした食感がクニュっと変化する際に、皮と身の間に張り巡らされたコクが口いっぱいに広がるのも、なんとも言えない魅力。自分は魚の皮の味というのも好きなのだが、これはそんな人間にとってはたまらない味。
 身を一通り食べつくした後は、もう一つの楽しみである頭部付近の身へ。脳天の位置にあたる部分が持つ違った旨みや、カマあるいは頬の部分が持つ引き締まった筋肉の弾力。これらを食べてこそ魚一匹をしっかりと食べるということになる。
 そして、そこで出会った個人的に一番印象的だった味は…
07-04-13-4.JPG
 この目の周りのゼラチン質と筋肉が持つコク。口に入れてじゅるっと溢れてくる旨みは、この魚の部位で一番濃厚であり、鮮烈な印象を与えてくれる。
 徹夜明けの締まりのない状態も、この定食で大回復。やっぱり、旨いものにはエネルギーが満ちているということを、再確認させてくれた定食であった。
 ちなみに、お店の一番奥のカウンターにて、こちらの方が青森産のマコガレイの煮付けを食べている姿を確認。自分と同じように、エネルギーをたっぷりと得られたに違いない。
————– 
 今日もご覧いただきまして、ありがとうございます。人気blogランキング・レストラン・飲食店部門)へ

ローカルフードデザイナー/伝承料理研究家/復興庁「専門家派遣集中支援事業」登録専門家 地域食材・食文化をテーマにした商品開発や地域活性事業の企画・運営、取材、執筆、撮影、講演活動、地域メディア・ソーシャルメディア運営アドバイザー。人×食×地域の繋がりを強くする取組みをしています。プロフィールやお問い合わせは下のリンクから。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • follow us in feedly

コメント一覧

  1. くに より:

    高はしの小アマダイの一夜干しは美味しいですよね。
    感動すら覚える焼き加減、最高です☆

  2. takapu より:

     【くにさま】
     皮が歯に当たった瞬間の食感から、身のフワフワっとした食感にいたるまでの一瞬、これがすごいですよね。
     ごはんのおかわりが自由だったら、3杯は行っていたこと間違いありません。

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。