銀座・ブランジェ浅野屋 キャラメルドーナツとショコラクランチ(336円)

 

Pocket
LINEで送る

07-04-17-1.JPG
 銀座松屋の地下で見かけたそのドーナツを食べて、まだ上陸前のクリスピークリームの味を思い出したのは、今から約2年前の話
 そんなブランジェ浅野屋のベーカリードーナツは、別メニューであるベーグルドーナツこそ定番メニューとして売られているものの、いつの間にか店頭から姿を消してしまった。
 しかし、たまたまブランジェの店頭を眺めていたところ、自分の目に入ったのはキャラメルドーナツの文字とその姿。しかも、隣には新メニューであるショコラクランチ(正直、本気で興奮していたので、これが正式名称かは不安…)も並んでいた。
 ということで、あっという間に購入。
 直径約8.5センチのキャラメルドーナツを一口食べると、ベーカリードーナツのフワフワと空気感に満ちたした軽めの食感。そして、その生地からはほんのりとした甘みから展開されるコクが広がる。
 また、クリスピーのオリジナルグレイズドの生地と比べると、一番違うのは生地のコシ。これがあるので、噛むという行為がしっかりと必要となる。そして、それがパン屋さんが作るドーナツの姿だと思う。
07-04-17-2.JPG
 表面にたっぷりとかかったグレイズは、見た目よりもあっさりとした甘さなのがポイント。生地の味が軽い食感でありながら比較的強いため、これでグレイズまで強いとクドい感じになるところを、上手く抑えているのがポイント。上にかけられたシロップも、そのほろ苦さで全体を上手くまとめている。
 一方、ショコラクランチは、チョコレートの強さに合わせてか、生地が少し固めになっており、どちらかというとケーキドーナツに近い作りとなっている。
07-04-17-3.JPG
 ただ、固さがあるということは、生地を噛むことで広がる甘さの幅が少し広くなり、比較的あっさりと入るキャラメルドーナツに対して、こちらはしっかりと食べるドーナツとなっている。
 また、グレイズはこれでもかとたっぷり塗られているのだが、クランチのサクっとした食感が加わることで、食べやすさを持った重厚な味となっている。
 自分は、この復活劇には、クリスピークリームの登場によって活気付いている、日本のドーナツ文化の発展が背景にあると勝手ながら思っている。
 それは、100円均一になると妙に買い込んでしまう日用品としてのドーナツ、(並ばないと買えないという意味で)贈って喜ばれる贈答品としてのドーナツ、一つ300円近くするもののたまに食べたくなる贅沢品としてのドーナツ、という具合に選択肢が豊富になったことで、シチュエーションによって選択される対象となったこと。そして、それによって「自分の好きなドーナツ」の姿が、一人一人の頭の中に、明確になったことで進んだものである。
 そこに「パン屋さんがしっかりと作ったベーカリードーナツ」が再び登場したのだから、この成長期はまだまだ止まらないと思うし、止まらないで欲しい。あとは、自分が上陸を願う「自分が願う上陸して欲しいドーナツ屋さん3本の矢」が上陸したらと思い続けているのだが、実はそれは近い将来の話かもしれない。
————– 
 今日もご覧いただきまして、ありがとうございます。人気blogランキング・レストラン・飲食店部門)へ

ローカルフードデザイナー/伝承料理研究家/復興庁「専門家派遣集中支援事業」登録専門家
地域食材・食文化をテーマにした商品開発や地域活性事業の企画・運営、取材、執筆、撮影、講演活動、地域メディア・ソーシャルメディア運営アドバイザー。人×食×地域の繋がりを強くする取組みをしています。詳しいプロフィールは下のリンクから。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • follow us in feedly

コメント一覧

  1. kaerupyon より:

    はじめまして。パンとキャラメルをこよなく愛する者です。
    いつも、楽しく拝見させて頂いております。
    ベーグルトーナツ、先日購入したのですが、なくなってしまったのですね。
    気に入っていたので、残念です。
    しかしながら、キャラメルドーナツなる新商品の登場は、嬉しいかぎりです。
    次回、浅野屋来店のさいは、ぜひ購入したいと思います。
    ヘルシー志向な日本で、ドーナツブームとは、不思議なものです。
    個人的に、ドーナツは女性より男性に受けるスイーツである印象です。
    それが、今回のブームの一因である気がしてなりません。

  2. takapu より:

     【kaerupyonさま】
     こちらこそ、初めまして。
     あ、この文章なのですが、ベーカリードーナツが姿を消してしまったのでして、ベーグルドーナツは今でも定番で売っているはずです(ただ、ちゃんと棚を見なかったのですが…)。
     キャラメルドーナツは前回の作り方とガラっと変えて、プレミアム路線の条件であると、自分で思っている「グレイズ強調型」にシフトしてきました。
     昔のドーナツって、グレイズうんぬんよりも、生地の素朴な甘みが中心だったのですが、それが生地の味に色々な種類が出てきて、次にグレイズに転じてという感じで、発展していますよね。
     でも、根本的な部分として「ケーキほど難しさを感じない」という要素があると思っています。
     それが、男性にとってもとっつきやすいのではというのが、私の考えです。あとは、流行の展開がケーキほどに早くなく、流行を追っかけるから食べるのではなく、好きだから食べるという感じで、じっくりと付き合えることもあるでしょう。
     それが、選択肢が広がって自分が好きなドーナツの像が益々くっきりとして、そこにはまっていくと。あとは、単価がケーキほどではないものの、最近のは洗練されているので世帯主になるような年齢層にも受け入れられることも一因にはあるでしょうね。
     と・・・色々と理由はあるとは思いますが、私はここまでのドーナツ人気について、バブルではなく明確な選択肢によるものだというのが、一番言いたいことですね。乱文乱筆ですいません。

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。