銀座・五行 焦がし味噌ラーメン(1,400円)

 

Pocket
LINEで送る

07-04-23-1.JPG
 元々、富士フィルムの本社があった土地に、先週開店したのがVelvia館という再開発ビル。
 で、このビルの7~8階はレストランフロアだということで、早速歩きまわってみたものの、はっきり言って魅力的なランチメニューがなかったので、ビルの外に出ようと思ったのだが、この方と偶然の再会を果たし、召し上がったというお店へ向かうことに。


07-04-23-3.JPG
 ということで、焦がしラーメンで御馴染みの五行へ。店内に入るとラーメン屋さんというより、ラーメンダイニング的な内装になっていた。
07-04-23-2.JPG
 窓際のソファーに座り、冷たいお茶を飲みながらメニューを見る。ここのランチメニューは、ラーメンに小鉢、有機野菜のサラダ、ごはんが付くセットメニューとなっており、注文したのは焦がし味噌ラーメン。
07-04-23-4.JPG
 待つこと5分ほどで運ばれてきたのは、そのセットもの。有機野菜のサラダの上にはゴボウの素揚げが盛られて、小鉢の中身は馬肉のステーキとなっている。前者はパプリカの甘みとゴボウの食感の組み合わせが、後者は肉の味よりはソースの味がそれぞれ印象的。
 そして、大きく謎めいた形の器が運ばれてきた。
07-04-23-5.JPG
 「熱いのでお気をつけください」という言葉と、紙エプロンを受け取って器を覗き込む。
07-04-23-6.JPG
 一番印象的なのは、何と言ってもスープの色合いと香り。黒をストレートに使っておりスープを混ぜることで、その下にあるスープとの色のコントラストが生まれる。そして、大きめのレンゲを使って口にすると、口の中に広がるのは芳ばしい香り。スープを飲むというよりは、香りを飲むというぐらいに強烈な印象が残る。
 これ、実は見た目と違って飲みやすい作りになっているのだが、それはスープを混ぜると現れるタマネギとショウガの効果。また、ひき肉も入っていることで、食感のアクセントも多種多彩。
 次に、麺を引き上げると
07-04-23-7-2.JPG
 芯がしっかりと残った麺は噛み応えに溢れており、スープの香りの強さに負けることなく、色合いの濃淡から受ける印象よりもバランスが取れている。具には、キャベツと豚バラ肉が入っているのだが、スープをしっかりとまとった豚バラ肉の味は、個人的にはストライク。
 で、これだけ個性的なスープなので、やはり…
07-04-23-8.JPG
 こうしてしまう。スープにしつこさがないので、サラサラと入っていく。
 で、食後には温かいお茶が。
07-04-23-9.JPG
 この店のコストパフォーマンスについては、ラーメン以外のアイテムがいる・いらないという話で終わってしまう。個人的にも、いっそのことラーメン単品で1,000円というほうが潔く感じる(時間帯が変わると、単品で提供しているのかもしれないが)。
 それ以上に、そもそもフロア全体がコストパフォーマンスに優れていると思えなかった。
 再開発ビルの場合、テナント料やら初期投資やらがかさんでしまい、そこにエリア特性上少し高めのFLコストも加わるので、対売上高に対する比率で考えると、どうしても少し値段を高くしなければというのは解る。でも、一番大きく受けた印象としては、「色々な意味で間口狭すぎ」というものであった。やっぱり、1,000円の次に2,500円というランチメニューを見たら、引く人が多いだろうし。
 そのせいなのか、あるいはミッドタウンとオープンが近すぎたことの影響を受けてなのか、あまりレストランフロア全体に活気がなかったことも印象に残ってしまった。ただ、1階のバーだけが結構賑わっていたのは気になったが…
————-
 今日もご覧いただきありがとうございます。あと一押し、お願いします。人気blogランキングへ

ローカルフードデザイナー/伝承料理研究家/復興庁「専門家派遣集中支援事業」登録専門家
地域食材・食文化をテーマにした商品開発や地域活性事業の企画・運営、取材、執筆、撮影、講演活動、地域メディア・ソーシャルメディア運営アドバイザー。人×食×地域の繋がりを強くする取組みをしています。詳しいプロフィールは下のリンクから。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • follow us in feedly

コメント一覧

  1. ヒロキエ より:

    ここ銀座にも店ができたのかぁ!
    プリチーなこの方はラーメンへの嗅覚に優れているのよね。
    この方の体調が回復したら弾丸ツアーで盛岡までラーメン食べに行きましょう。

  2. くに より:

    美味しそうですね!
    僕はこれで1,400円ならOKです。
    でもあまりオサレなラーメン屋は守備範囲ではないです^^;

  3. abuyasu より:

    まだ記事は公開してませんが、ラーメンの価格については同じ感想です。(苦笑
    このビル自体のコンセプトからいうと、平日のサラリーマン、OLよりは、休日のお客様がターゲットなのかもしれません。
    「たまには贅沢ランチ!」の時に利用かな。

  4. ぐるめ より:

    ここのラーメン好きなんですが、六本木の店は奥まったとこにあって行き辛いので。。。
    銀座に出来たのは嬉しいですが、確かに高いですね。明確にアイテム不要派の僕としてはランチは避けねばならないようで^^;

  5. あな より:

    ほへー、このビル気になっていたんですよね。
    中目黒にあるお気に入りの和食屋さん「KAN」や、
    渋谷イタリアン「ARROSSA」の姉妹店も入ってるんですって。
    でもコスパはあんまりよくなさそうですね・・・。(笑)
    五行も一度は行ってみたいな!
    焦がし味噌ラーメンってどんな味がするんだろ☆

  6. まさぴ。 より:

    OH。そのころ僕は、鉄板焼きフレンチのカウンターにおりました。ニアミスでしたね~。

  7. takapu より:

     【ヒロキエさま】
     実は、行くまで知らなかったのですが、できておりました(笑)。abuyasuさまは食後に他のお店を研究していたようなので、おそらく狙い撃ちだったのではと。 
     盛岡ですか?そこまできたら青森はいかがでしょうか?(笑)

  8. takapu より:

     【くにさま】
     なんと!!OKですか!
     私は…悩ましいです。1,400円であれば、二郎でどんなプレイができるかを考えると…

  9. takapu より:

     【abuyasuさま】
     ども、記事拝見いたしました。やはり、熱いハグは欠かせないところですよね(笑)。
     で、ターゲティングについてですが、このビルの服飾や家具といったテナントを考えると、「ひょろっとビルに入って昼ごはん」というよりは、「昼ごはんのある空気と時間を友人と楽しむ」といった客層向けですよね。言い換えると、私はお呼びじゃないということになりますが(笑)。
     ただ、明らかにビルのキャラクターと合ってない店が数店あったのがやけに気になりまして…

  10. takapu より:

     【ぐるめさま】
     私も、ラーメンを食べるときのアイテムとしては、ライスや餃子等の定番派を好むので、ここまで価格を引き上げる要因となるアイテムとなると、悩ましいところです。
     あとは夜ですが、これでラーメンコース料理となると、どっかの商業施設に出ているあの店のパクリじゃないかという説が流れそうですね…。

  11. takapu より:

     【あなさま】
     麺ガールのあなさまが行かれてないというのは意外であります。ただコスパとなると西麻布店のほうがよろしいかと…
     で、焦がし味噌の香りは経験値として望ましいものですよ。でも、コスパが…

  12. takapu より:

     【まさぴ。さま】
     なんと!!!それはニアミスですね…もし偶然の出会いがあれば、熱いハグ確実だったのですが(笑)。

  13. AMR的Blog より:

    銀座五行 by 銀座駅

    シャカシュカと銀座駅 そろそろ落ち着いたかな?と言う事で銀座ベルビア館内にでき…

  14. ラーメン「焦がし醤油ラーメン」五行@西麻布・乃木坂(六本木)

    友人に誘われ、会社帰りにラーメンツアーへ。 1.)ゴーヤのおかかまぶし 2.)手作りギョーザ 3.)厚焼き玉子 4.)鳥軟骨のから揚げカレーソース 5….

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。