赤坂・麦屋 とうふ丼定食(ざるそば付き・1,100円)

 

Pocket
LINEで送る

07-04-27-1.JPG
 連休前、しかもパンものが3日続いたこともあって、以前から「とうふ丼」が気になっていたこのお店へ。店内に入ると洒落た和モダンの内装。少し細めの通路を進んで、案内されるままにカウンター席に座る。で、気になっていたとうふ丼は単品でも頼めるのだが、セットメニューが色々とあったのでざるそばとのセットを注文。
 まず最初に、ざるそばだけ運ばれてきたものの、そこで受けたホールの店員さんの声かけが上手くない。横から「はい」と言われて出されても、そんなんじゃ客は「?」となる。で、ざるそばをズズっとすすると、噛み心地はいいものの、香りは少し弱めに感じた。つゆは、ダシよりも醤油を前に出してます的な味。
 そうしているうちに、メインのとうふ丼が運ばれてきたのだが、これは絹ごしとうふの上に、ゆずを効かせたあんかけをかけて、しょうがでアクセントをつけているというもの。
 で、食べた印象としては「もったいない」という一言。
 つゆではなくあんかけなので、ごはんにあんかけが染みこまない。なので、上のほうだけ豆腐との組み合わせで食べると、ごはんが余ってしまう。まぁ、それは中華丼とかのあんかけものと同じではあるのだが、そもそものごはんがそれほど熱くなく、固まっていたり少しボソボソ感が残っていたりというものなので、それだけ食べても旨くない。
 また、あんかけの味が上品なのはいいのだが、ごはんをタップリ食べるための濃さになってないので、結局はバランスの悪さが目立つことになる。最終的には、豆腐とごはんをしっかりと混ぜ合わせたことで、一応バランスが取れた味になるのだが、やっぱりメインの豆腐にそれほど味がしみこんでないので、うーん…という感じになってしまった。
 そして、一番このお店になんとかして欲しいと思ったのは、食べ終わった食器を次の客がウェイティングしてないからなのか、放置しっぱなしだったこと。そう考えると、ここのお店の本当の課題はホールかもしれない…
————-
 ご覧いただきありがとうございます。今日も一押し、よろしくお願いします。人気blogランキングへ

ローカルフードデザイナー/伝承料理研究家/復興庁「専門家派遣集中支援事業」登録専門家
地域食材・食文化をテーマにした商品開発や地域活性事業の企画・運営、取材、執筆、撮影、講演活動、地域メディア・ソーシャルメディア運営アドバイザー。人×食×地域の繋がりを強くする取組みをしています。詳しいプロフィールは下のリンクから。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • follow us in feedly

コメント一覧

  1. ヒロキエ より:

    私も3年前にこの店一度だけ行ったことがあって、そのとき豆腐丼を食べました。
    当時は「王様のブランチ」に紹介されたばかりで、店内も活気があり、サービスも良かったんですが、今はガッカシの体たらくみたいね。

  2. takapu より:

     【ヒロキエさま】
     この日も、店内に到着した時点でほぼ満席で、閑散としていたというわけではありませんでした。
     で、私が悩ましいと思ったのは、ホールの対応8割、味の設計図2割という印象でした。
     おそらく、セルフサービス店だと思って、そばだけを食べると少し印象が変わるのかもしれませんが、そこまでして再訪しようという気が、今は起こらずでして…

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。