赤坂・日南家 とろろぶっかけうどんのランチ(900円)

 

Pocket
LINEで送る

ランチフリークの皆様、お待たせしました。ひるどきでございます!!!!!!
さて、現在のひるどきは何位になっているでしょう?
 
07-05-14-2.jpg
 週の初めにこれだけ暑いと、お昼ごはんは勢いで食べるようなものが恋しくなる…ということで、日南家へ向かう。店頭には既に行列ができており、待つこと約10分で入店。
 で、注文したのは、春夏限定のとろろぶっかけうどんに、無料トッピングの卵をつけたもの。このお店のランチタイムには、これにお惣菜2品と混ぜごはんがついてくる。
07-05-14-3.jpg
 見た目に涼しげなうどんを、箸でまぜてまぜてよく混ぜる。
07-05-14-4.jpg
 で、おもむろに口に持っていく。表面が滑らかなうどんは、とろろと卵が絡むことによってさらに滑らかな口当たりとなり、ズズっとすする勢いが止まらない。そして、口の中が一杯になったところで頬張る。するとコシとハリの強さを感じることとなり、あごが痛くなる以上の満足感で満たされる。
 どちらかといえば、つゆの味を薄めてしまうような、とろろと卵の2品を絡めても、しっかりとうどんに合う濃さになっているのがツボ。この味があってこそ、思い切りすすることができるのである。
 里芋やひじきのお惣菜をつまみながら、時に混ぜごはんをはさみつつ、うどんをすすり続ける。そして、つゆだけが残ったら…
07-05-14-5.jpg
 ごはんにドバっとかける。旨いつゆ、とろろ、卵が揃えば、うどんだけでなくごはんも勢いに任せて、一気に食べつくすこととなる。
 お店を出ると外はまだまだ暑かったのだが、勢いがつくお昼ごはんを食べると、足どりも軽くなるものである。
07-05-14-1.jpg
 今日もご覧いただきありがとうございます。もう一押し、お願いします。人気blogランキングへ

ローカルフードデザイナー/伝承料理研究家/復興庁「専門家派遣集中支援事業」登録専門家 地域食材・食文化をテーマにした商品開発や地域活性事業の企画・運営、取材、執筆、撮影、講演活動、地域メディア・ソーシャルメディア運営アドバイザー。人×食×地域の繋がりを強くする取組みをしています。プロフィールやお問い合わせは下のリンクから。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • follow us in feedly

コメント一覧

  1. めみー より:

    初コメント失礼します。
    本当に美味しそうなうどんですね。
    前回の牡蠣といいうらやましすぎです。
    昨年まで岡山に住んでいましたので、
    さぬきのうどんや岡山県日生の牡蠣を
    なつかしく思い出しちゃったりしました。
    いいんです、写真だけで満足です・苦笑

  2. takapu より:

     【めみーさま】
     どもども初めまして。お越しいただきまして、ありがとうございます。
     このお店のうどんは、しっかりと作りこまれています。東京人のアゴではなく、しっかりと讃岐人向けのアゴにフィットする作りなので、自分のひ弱さに泣けてきますが…
     岡山の牡蠣…正直、私は写真だけでは満足できませんが、今は牡蠣が身を膨らませている最中でしょうから、ガマンします(笑)。

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。