銀座・漢城軒 純豆腐チゲ(800円)

 

Pocket
LINEで送る

ランチフリークの皆様、お待たせしました。ひるどきでございます!!!!!!
さて、現在のひるどきは何位になっているでしょう?
 
07-05-17-1.jpg
 東銀座界隈のランチブログとして、自分が一番信頼しているこちらの方が、銀座でお気に入りなのがこのお店。
 自分も、その方がごひいきにしている純豆腐チゲを、いつか食べたいと思いつつも、いかんせんこの暑い時期に食べるには…と思っていたところ、まるで「今日食べなさい」と言わんばかりの空模様。ということで、店内奥のテーブルに座って純豆腐チゲを待つ。
07-05-17-2.jpg
 最初にナムルとキムチが運ばれてくるのだが、主役の登場まで手をつけずに、このお店のランチメニューに目を通す。
 そんなうちに、黒い石の器に入ったチゲが目の前に…
07-05-17-3-2.jpg
 溢れんばかりにグツグツと煮えたチゲは、目の前に置かれた時点で、あたかも暖房器具のような存在となり、さっきまで皆無だった汗が額からじんわりと。
 そんな状況で食べるチゲは、豆腐、キムチ、豚肉と玉ねぎによって、色々な固さの複合体となっている。特に、玉ねぎの熱が通りすぎておらず、シャクっとした食感が残っていることで、噛んで溢れる甘味が辛味と絡み合うのが大きい。
07-05-17-4.jpg
 絹ごし豆腐は、思ったよりも型崩れしておらず、まっとうな具となっている。熱さが十二分に伝わっている豆腐を口にすると、口の中でころがることとなり、思いもよらないところが火傷となるが、これを克服してのチゲなのだろうと、妙に納得。
 また、卵も入っているのだが、これを運ばれてきた時点でまぜると、半熟の状態でスープに絡んだその味が、最後まで残すとスープをまとった白身と、そこに包まれた黄身の味がそれぞれ楽しめる。
 辛さの持続力は予想以上に強く、食後30分ぐらいは歯茎がヒリヒリしてしまったのだが、まぁ、それぐらいじゃないとチゲ食べました感も薄いものだから…と妙に納得してしまった。
 今日もご覧いただきありがとうございます。もう一押し、お願いします。人気blogランキングへ

ローカルフードデザイナー/伝承料理研究家/復興庁「専門家派遣集中支援事業」登録専門家 地域食材・食文化をテーマにした商品開発や地域活性事業の企画・運営、取材、執筆、撮影、講演活動、地域メディア・ソーシャルメディア運営アドバイザー。人×食×地域の繋がりを強くする取組みをしています。プロフィールやお問い合わせは下のリンクから。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • follow us in feedly

コメント一覧

  1. のむのむ より:

    チゲを食べました感が大盛りでないと感受しえなくなってしまいました。。。
    薄味なtakapuさんには、これはどうなんだろう?と、
    自分のお昼を食べながら想像したりしましたが、
    こんなにも早く実現したのが、うれしい誤算です。

  2. takapu より:

     【のむのむさま】
     私も、2回目以降は大盛りでご飯を少なめにしてもらおうかと思っています。
     というのは、ちゃんと固めに炊かれてますよね…咀嚼野郎としては、いつの間にか満腹になっている可能性大でして。
     味も、私普段は薄味を好んでますが、ちゃんとメリハリがちゃんとついたものならば、濃い目でも好きなんです。
     うーむ…そう考えると次回は、普通盛り+焼肉のセットという手もありかも…

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。