中部地方 ひるたび・さんぽ

富士宮市・第2回B-1グランプリと富士宮やきそばを巡るひる・たびさんぽ(その1)

投稿日:

ランチフリークの皆様、お待たせしました。ひるどきでございます!!!!!!
さて、現在のひるどきは何位になっているでしょう?
07-06-04-1.jpg
 午前9時、JR富士宮駅に到着。B-1初日ということで、改札付近は待ち合わせで賑わっているのかと思いきや、駅の改札周辺にはほとんど人がおらず、車で会場入りするお客さんが多いことを感じさせる。
 と、ここで、B-1の二日間に亘って行動を共にさせていただく、日本食べある記のぶれいぶ様と、つきじろう様と合流。地域の活性化に関する仕事を本業とされているぶれいぶ様、さすがに旅慣れていることもあり、必要最低限の荷物なんだろうなぁ…と思いきや、重さ約7キロ近くあるカバンを、当たり前のように持って登場。一方のつきじろう様、元々山系のスポーツをされていた方なので、ウェストポーチを腰に巻いて登場。
 強い日差しの中、駅から歩いて会場に向かうと、商店街では10時からフリーマーケットに向けて着々と準備が進んでいる。今回のB-1グランプリは、メインイベントであるB-1グランプリの他にも、富士宮市の旨いものを集めたF-1ブースや、フリーマーケット、あるいは、富士宮市の食材を直売するエリアなどがあり、会場となる浅間神社周辺は、B-1グランプリ一色に染まることになる。
 会場に到着すると時計は9:30を指しており、既に開会式が始まっていた。
07-06-04-2.jpg
 このB-1グランプリの主催者や富士宮市長、来賓の方々による挨拶を経て、今回の主役である21団体がステージに上がり、開会宣言となった。
07-06-04-3.jpg
 で、実はこの時点で各団体の物販テント前には、長蛇の列が出来ており、開会式を見ていた自分達は完全に出遅れの状態。どうしたものか…と思っていたのだが、グランプリ会場から少し離れたところに、10時から報道の料理撮影用に料理がセットされるという情報を入手。
07-06-04-4.jpg
 一つの大きなテーブルに、全21種類の料理が陳列されているこのスペース、報道用とはいえ撮影には厳しい規制もなかったため(「報道用です」と、テーブルに説明書きがあったのだが、人が張り付いてなかった)、報道各社は当然なのだが、自分を含めたブロガーもバシバシと撮影。
07-06-04-5.jpg
 ただ、たまごふわふわという、出来立てじゃないと意味がない料理や、スープをどんどん吸い取ってしまった八戸せんべい汁は、ちょっと本物とは違う外見となっていた。個人的には、お客さんが少ない開会式の前、午前9時ぐらいに料理をセットして、9:30の開会式取材へとスムーズに以降できるように、タイムテーブルを組むべきなのではと思った。
 一通り撮影を行った後、物販テントのエリアに向かうと行列は更に長くなり、最後尾と書かれたプレートからテントまでの距離を、ざっと眺めるだけでも厳しい状態だということが伺えた。
07-06-04-6.jpg
 ということで、ぶれいぶ様の提案により、B-1会場には午後2時過ぎぐらいに戻ることとし、普段の土日には大混雑となっている、富士宮やきそばの名店に足を運ぶことに。
 今日もご覧いただきありがとうございます。もう一押し、お願いします。人気blogランキングへ

  • この記事を書いた人

takapu

ローカルフードデザイナー/伝承料理研究家 食や旅をテーマにした商品開発や既成品リノベーションを始め、コンテンツ企画、取材・執筆・撮影、PRツール制作、漫画原作、講演、事業所の強みづくりコンサルティングを手がけています。 詳しいプロフィールはお仕事に関するお問い合わせは、下のリンクからお願いいたします。

-中部地方, ひるたび・さんぽ

関連記事

Copyright© ひるどき日本ランチ日記 , 2018 All Rights Reserved.