東銀座・ナイルレストラン ラッサムとチキンマサラ

 

Pocket
LINEで送る

 旨いランチと郷土食フリークの皆様、お待たせしました。ひるどきでございます!!!!!!
さて、現在のひるどきは何位になっているでしょう?
07-06-9-1.jpg
 マックモアでたっぷりと食べた後は、こちらの方のご案内により、築地のインフォメーションカフェ&ワインバーに集って、地方の旨いものに関する見識が深い、こちらの方こちらの方により、4時間以上の旨い話が続いた。
 そんな幸せな時間の後、お店を出て一度は解散したものの、急遽ナイルレストランへ。
 今回は、お店の方から強制的に「ムルギーランチ?」と尋ねられることはなく、落ち着いてメニューブックを眺めてから注文。選んだのは、自分がお客さんとして登場しているこの記事で気になっていたラッサムとチキンマサラ。
 最初に運ばれてきたラッサムは、ニンニクの香り豊かなトマトベースのスープ。最初こそ、まろやかなコクが広がるものの、その後はスパイスによる辛さが主役。二口、三口と口にするにつれて、今度は唇がヒリヒリしだす。でも、これが快感となる。
 で、ここにスープカレーのようにライスを浸して食べると、ライスが辛いスパイスをすべて受け止めるかのごとく、一粒一粒が強い味となり、スープそのものにはトマトの酸味や甘みの輪郭が、くっきりと浮かび上がる。
 飲みやすさと辛さ、そしてスタミナ源となるニンニクが同居するこのスープ、夏に向けて欠かせない一品である。
07-06-9-2.jpg
 次に運ばれてきたチキンマサラには、大きめのチキンがたっぷり。
 液体ゆえに、すっきりとスパイスの辛さが膨らむラッサムに対して、こちらはゆっくりと膨らみつつも、油断していると口の中で辛さが踊りだすという具合に、きっかけ一つで辛さのエンジンが点火する。
 濃厚なスパイスからチキンの旨みへの流れに一体感があり、色アクセントの役割も果たすピーマンのシャキっとした食感は、味アクセントの役割も十二分に果たしている。グリンピースやタマネギもスパイスとしっかりと馴染みつつ特性を出していることで、奥の深さを作りだしている。
 また、水分がほとんどないカレーだけに、辛さの感じ方が違うのだが、個人的にはスピード感と重厚感の違いこそあれ、スッキリとそれでいて容赦ない辛さであることに好感を持ち、次もムルギーではなく、これを選びたいと思った。
 そう、「ムルギーランチ?」の言葉を受けても、「チキンマサラ!」と自信を持って声にしたい味なのだ。
 今日もご覧いただきありがとうございます。もう一押し、お願いします。人気blogランキングへ
 

ローカルフードデザイナー/伝承料理研究家/復興庁「専門家派遣集中支援事業」登録専門家
地域食材・食文化をテーマにした商品開発や地域活性事業の企画・運営、取材、執筆、撮影、講演活動、地域メディア・ソーシャルメディア運営アドバイザー。人×食×地域の繋がりを強くする取組みをしています。詳しいプロフィールは下のリンクから。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • follow us in feedly

コメント一覧

  1. ヒロキエ より:

    漫画では食べていることになっていたのに、実際に食べたのは1年後とは。
    御主がここで食べるのは初めてということが、とても意外です。

  2. takapu より:

     【ヒロキエさま】
     実は、「いつか行くだろうから、今は行かなくていいや」の代表店でした…
     最初に食べたのがこの組み合わせで、個人的にはムルギ-登竜門をくぐってないという、妙な不安感があるのですが。
     あと、火曜日のあのお店の記事については、書きたいことが多すぎてまとまらず、もう少し先の掲載になってしまいます…すいません。

  3. ぶれいぶ より:

    名前だけは知っていたナイルレストラン。
    以前銀座勤務だったんですが、7丁目だったので、以外に銀座、行ってないことに気付きました。
    事前のレクチャー通りだったので、なんか笑ってしましました♪

  4. takapu より:

     【ぶれいぶさま】
     そういえば、銀座OBなんですものね(笑)。おそらく、私と同じように「いつか行くだろう」だったのではと…
     店内に、1%だけ妖艶な空気を感じたのは、あの内装の色がエロティックだったからだと、自分では勝手に思っております。

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。