青森 パスタ/ピザ/イタリアン ひるベスト!!!

青森・海坊厨 鮮魚とパスタのゼリー仕立てと自家製デザート(890円)

投稿日:

 旨いランチと郷土食フリークの皆様、お待たせしました。ひるどきでございます!!!!!!
 さて、現在のひるどきは何位になっているでしょうか?
070713-01.jpg
 自分が委員長を務めさせてもらっている、「津軽じょんがら御膳・検討委員会」や、諸々に関する打ち合わせのために青森県庁に足を運び、おそらく日本一であろう自治体運営ブログ、「まるごと青森」のスタッフの方々と意見交換。
 で、気がつくとお昼近くになっていたので、県庁の近くにあるこのお店へ向かう。
 お店の方曰く、「本当は、おまかせランチというメニューがイチオシ」とのことだったが、あいにく11時ぐらいまでに連絡しなければならないメニューとのことなので、メニューブックから目に入った、鮮魚とパスタのゼリー仕立てなるものを注文。
070713-02.jpg
 セットでついてくるサラダを食べ、玉子とモヤシが入ったやさしい口当たりのスープを飲んでいると、こんな豪快な一皿が運ばれてきた。
070713-03.jpg
 大皿の上にパスタの土台を中心として、それを覆うは鮮度のいい刺身三種、それを覆うはたっぷりのめかぶが入った、醤油ベースでダシが効いたゼリー状のソース。更にその上には彩りを添えるネギやパプリカ、そして素揚げの昆布、オクラとブロッコリーの天麩羅が盛られており、まるで活火山のような勢いを感じさせる。また、ネギの下には…
070713-04.jpg
 細かく刻まれた山芋とわさびが隠れていた。
 この山を崩しつつ、めかぶのソースを混ぜながら少しずつ口にする。ほどよい濃さのソースは、しっかりとパスタや刺身と絡み合い、滑らかな口当たりによって、どんどんと口に入っていくが、ポイントは山芋とメカブによるとろとろした口当たりの競演と、そこに加わるワサビの刺激。ボリュームに対するアクセントとして大きな役割を果たしている。
 食後、アイスコーヒーまでついて890円という価格だったのだが、メインのデザイン力を見て、妙に自家製デザートが気になったので注文。
070713-05.jpg
 店舗の外観からは想像もつかないセンスの一品は、カラメルが効いた砂糖細工による、心地よい甘苦さから、グラスに綺麗な三層を織り成す、マンゴー、ベリー、そしてパッションフルーツのやわらかなムースへの甘酸っぱさへと見事に変化していく。ムースの中には、色々なフルーツも入っており、果汁とムースのコンビ力も発揮。
 このお店のオーナーは、東京で修行された後にこの地にお店を開いたとのことで、随所に東京らしさも感じたのだが、それ以上に感じたのが「地元の食材+東京的プレゼンテーション=新しい地元食材の魅せ方」というもの。
 しっかりと、青森の味になっていることに好感を覚えたのと同時に、このお店に通うことができる青森県庁の方が、かなりうらやましくなった…
 今日もご覧いただきありがとうございます。もう一押し、お願いします。人気blogランキングへ
 

  • この記事を書いた人

takapu

ローカルフードデザイナー/伝承料理研究家 食や旅をテーマにした商品開発や既成品リノベーションを始め、コンテンツ企画、取材・執筆・撮影、PRツール制作、漫画原作、講演、事業所の強みづくりコンサルティングを手がけています。 詳しいプロフィールはお仕事に関するお問い合わせは、下のリンクからお願いいたします。

-青森, パスタ/ピザ/イタリアン, ひるベスト!!!

関連記事

Copyright© ひるどき日本ランチ日記 , 2018 All Rights Reserved.