銀座・麺菜家北斗 麻辣涼麺(900円)

 

Pocket
LINEで送る

 旨いランチと地元食フリークの皆様、お待たせしました。ひるどきでございます!!!!!!
 さて、現在のひるどきは何位になっているでしょうか?
070718-01.jpg
 久しぶりに東京でのランチの話。
 ある本を買いにブックファーストへ。となると、この界隈でお昼を食べることになるのだが、周辺は高層ビルばかり。看板だけ見ると似たようなお店が多い中、「じゃじゃ麺」と書かれていたランチメニューを発見し、このお店へ。
 もしかすると、盛岡っぽいスタイルで出てくるかも…と思い、店員さんに「じゃじゃ麺は盛岡っぽい作りですか?」と聞いたところ、「?」という顔をされてしまったので、次の候補だった麻辣涼麺を注文。
 麺に絡まっているのは、ゴマ風味のタレに花椒を加えたというもの。かき混ぜて絡めて馴染ませて口にすると…痺れるような刺激がない。どちらかといえば、水を飲んで舌の痺れが始まるといった具合。また、ゴマ風味のタレにしても濃さが弱い。
 タレの字面だけで考えると、組み合わせ的にはありだとは思うが、もっと明確に両者の味を強くした味じゃないと、麺の下に敷かれた水菜と食べる場合に、更に味が薄まってしまう。そうすると味もへったくれもない、単なる「冷たい麺料理」となってしまう。
 麺は思ったよりもハリがあってよかっただけに、あとはタレの見直しといったところか。
 今日もご覧いただきありがとうございます。もう一押し、お願いします。人気blogランキングへ
 

ローカルフードデザイナー/伝承料理研究家/復興庁「専門家派遣集中支援事業」登録専門家
地域食材・食文化をテーマにした商品開発や地域活性事業の企画・運営、取材、執筆、撮影、講演活動、地域メディア・ソーシャルメディア運営アドバイザー。人×食×地域の繋がりを強くする取組みをしています。詳しいプロフィールは下のリンクから。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • follow us in feedly

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。