東銀座・ナイルレストラン ムルギーランチ(1400円)

 

Pocket
LINEで送る

070726-01.jpg
 その方と初めてお会いしたのは、team下戸のイベントで赤坂の居酒屋に集合したときのこと。居酒屋なのにみんながみんな、次から次へとウーロン茶だけを注文していった。まるで高校生がファミレスに集まったいるかのような空間、その方は大いに喜んでくれて、一緒になって大笑いした。
 それから、このブログにもコメントをいただいたり、逆にその方のブログにコメントを入れさせていただいたり。その間、実際にお会いすることはなかったものの、本人とキャッチボールしているかのように、あるいは電話で話しているかのように、やりとりをさせていただいた。
070726-02.jpg
 自分はその方を、「カレーアナリスト」と思っていた。自身のブログにて、豊富な知識や旺盛な探究心を基に、画期的な方法でお店の評価をされたり、時に厳しくお店に対する叱咤激励のような文章を書かれていたり。
 でも、それはカレーに愛を持っていたからこそ。怒るのではなく叱る。そんな文章だった。
 初めてお会いしてから約9ヶ月後、赤坂にカレーおでんのお店があることを知って、その方をお誘いした。ただ、その時はお互いの都合が微妙にずれてしまい、伺うことができなかった。
070726-03.jpg
 今、一期一会という言葉の意味が、重たくのしかかっている。
 もっと、カレーのことをお伺いしたかったし、その探究心を学ばせてもらいたかった。そして、一つのものに対して、ここまで愛おしく狂おしいほどに自分をぶつける理由を感じたかった。
 もう、それが叶うことはない。でも、自分がブログを書いている間は、もっとその方のように、自分をぶつけてみたいと思う。それが自分なりの感謝の意。
 NOBLE様。あなたが大好きだったものは、みんなが愛しているもので、みんなが楽しんでいるものです。安心してお休みください。自分も、あなたの出発点であるこのお店のこの味から、もっとカレーに向き合ってみたいと思います。
070726-04.jpg

ローカルフードデザイナー/伝承料理研究家/復興庁「専門家派遣集中支援事業」登録専門家 地域食材・食文化をテーマにした商品開発や地域活性事業の企画・運営、取材、執筆、撮影、講演活動、地域メディア・ソーシャルメディア運営アドバイザー。人×食×地域の繋がりを強くする取組みをしています。プロフィールやお問い合わせは下のリンクから。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • follow us in feedly

コメント一覧

  1. ヒロキエ より:

    NOBLEさんと顔を合わせたのが、ちょうど1年前の7月、赤坂「まる繁」。
    takapu殿にとっては、文字通り「一期一会」の出会いとなりましたね。
    赤坂のカレーおでんへ行けなかったのは本当に残念でした。
    NOBLEさんを偲ぶ会、赤坂で開催しましょう。

  2. takapu より:

     【ヒロキエさま】
     はい、まさか本当に一期一会になってしまうとは思いませんでした…残念です。ぜひ、赤坂でしのぶ会を開催しましょう。

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。