新橋・しみづ 「おきまり」他(5,500円+α)

 

Pocket
LINEで送る

 旨いランチと地元食フリークの皆様、ひるどきでございます!!!!!!
 ところで…現在のひるどきは何位になっているでしょうか?
070815-02.jpg
 前日、昼抜きだったのは別として、この日はこちらの方と会って、青森に関する貴重な資料をいただくことになった。
 で、その際に「一緒に昼食を」ということで、選んだお店は烏森神社の参道から一本横に入った小道にある、このお鮨屋さん。いわゆる、有名店であり高級店。
 店内に入り、荷物を後ろの縁台のような台に置き、お昼のメニューである「おきまり」を注文。酸味と生姜自身の味が凝縮したガリを食べていると、最初の一貫が目の前に。


・カレイ
070815-03.jpg
 コリコリとした歯ざわりと上品な甘み、そして強めに酢を効かせたシャリが、舌の感覚を呼び起こしてくれる。
・アオリイカ
070815-04.jpg
 かみ締めたときの切れのよさ、そして舌に絡みつくかのごとくに、なめらかに甘さが広がる。
・中トロ
070815-05.jpg
 脂に一点の重さもなく、酸味とコクの組み合わせが理想的。そして、この日最も長く余韻を感じさせたのもこのネタ。
・カツオ
070815-06.jpg
 口に入れた瞬間に、まるで爆発したかのように広がるのは、芳醇な香り。ワラで燻されたカツオは、香りで心を揺さぶり、引き締まった味でさらに記憶を鮮明なものにしてくれる。
・シンコ
070815-07.jpg
 二枚漬け。気持ち大きめのシンコは、食べて心地よさを感じさせる〆加減。
・小柱
070815-08.jpg
 香ばしい海苔の香りを感じた後は、瑞々しい甘みを感じる。食感も含めて自分が食べた小柱では一番。
・アジ
070815-09.jpg
 身厚、迫力。全体に引き締まった中で、噛むと脂がしっかりと前に出てくる。
・ウニ
070815-10.jpg
 口に入れて、シャリと一体になるのがこんなに早いウニは初めて。濃厚で甘くて笑ってしまう。
・アナゴ
070815-11.jpg
 舌を動かすだけで、その身はホロホロと崩れてしまい、強いコクとそれを引き出す甘い煮詰めの味が、崩れた一つ一つの小さな塊に覆い、シャリの中に消えてゆく。
・干瓢巻
070815-12.jpg
 コリコリという食感は残らず、幾重にも重なる干瓢はすっと歯で切れて、しっかりと煮込まれた重みを海苔のコクと共に舌に残す。
・鉄火巻
070815-13.jpg
 海苔で酸味が損なわれることなく、むしろ、酸味が際立った印象。
・玉子
070815-15.jpg
 薄焼き玉子の下には、海老のおぼろ。甘い玉子とおぼろの味のコントラストを、シャリの個性が受け止める。
 ここまでが「おきまり」だったのだが、いくつか気になるネタがあったので追加で握ってもらうことに。
・かすご
070815-16.jpg
 昆布締め。はちきれんばかりの弾力から溢れるのは、不思議なコクと適度な脂のノリ、そして、施された仕事で生まれた、奥深くなぜか爽快な香り。
・サバ
070815-17.jpg
 
 〆め具合もよく、表面が舌に触れた瞬間、走り抜けるかのように濃厚な脂が広がる。
 
 正直、最初は値段の部分で躊躇したりしていたのだが、この食後の充実感、満足感、幸福感は何物にも変えられない。そして、百聞は一見にしかずという言葉がよく似合う。
 さて、「おまかせ」を注文したこちらの方にとっては、どのような一見になったのだろうか。
 今日もご覧いただきありがとうございます。もう一押し、お願いします。人気blogランキングへ

ローカルフードデザイナー/伝承料理研究家/復興庁「専門家派遣集中支援事業」登録専門家
地域食材・食文化をテーマにした商品開発や地域活性事業の企画・運営、取材、執筆、撮影、講演活動、地域メディア・ソーシャルメディア運営アドバイザー。人×食×地域の繋がりを強くする取組みをしています。詳しいプロフィールは下のリンクから。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • follow us in feedly

コメント一覧

  1. 華麗叫子 より:

    ウニ。
    海苔と触れると風味が台無しになってしまうと言われておりますが、
    ワタクシは軍艦巻きが大好きでございます♪
    お猪口丼の他に軍艦のウニもいただきたかったでございますわ(笑)
    またお鮨つまみに参りましょうね!

  2. 白拍子桜子 より:

    こんにちは。お久しぶりです。
    「しみづ」さんの1~2軒先に「しみづ」の大将の弟さんがやっている小料理屋さんがあるらしいです。
    もし良かったらそちらの調査もお願いします(takapuさんのご感想を是非拝見したいです)!

  3. あな より:

    あはは!
    叫子さんのblogを見たら、お姉さまに
    「takapu、100万光年早くってよ!」とか
    「takapu、ちょっと見直してよ。」とか言われててウケた。(笑)
    それにしても「しみづ」美味しそうですわん。
    「おきまり」もいいけど、「おまかせ」のウニイクラ丼も食べてみたい・・・。

  4. たかはし より:

    takapuさんこんばんわ。
    アオリイカの包丁目が、、、、うまそうでくらくらしちゃいます(笑
    寿司はイカ一筋でもいいと思う位、イカラブな人なので。
    ほんとにそんな事はしませんが(^^;

  5. ロレンス より:

    おきまりで5,500円とはなかなかのお値段ですな~
    ちょっと変わったつけ台のようですね、こちらのお店。
    それにしてもお寿司は飽きないですよね、
    来週になったらまたお寿司食べに行くかな。

  6. なな より:

    叫子さまのお言葉には、本当に笑わせていただきました!
    それにしてもおいしそう…

  7. takapu より:

     【華麗叫子さま】
     確かに、海苔の個性はウニの個性よりも強いですが、これはウニ自体の力が凄かったですよ。なので、軍艦巻きとしてのウニの美味しさを再確認でした。

  8. takapu より:

     【白拍子桜子さま】
     ども、ごぶさたしております。お元気でいらっしゃいますか?
     弟さんのやっていらっしゃる小料理屋さんですか…下戸でも大丈夫でしょうか?であれば、喜んで伺いたいものです。

  9. takapu より:

     【たかはしさま】
     この包丁目に煮きり醤油が馴染んで、イカの甘みをぐんと際立てていました。いやぁ…心地よかったです。

  10. takapu より:

     【あなさま】
     あ…順番が逆になってしまいました。すいません。
     実はいじめられがちな私ですが(笑)、少しだけシェアしてもらったウニ・イクラ丼のすごい味にも、思う存分いじめられました。
     まぁ、こういうライフスタイルもありかと…

  11. takapu より:

     【ロレンスさま】
     いやぁ…ご察しの通りに、追加ネタも含めると、財布が傷んでしまいました(笑)。
     つけ台は、「つけ台?ないしは…つけ皿?」そんな感じでしたが、色鮮やかなネタを見た目で引き締めてくれるのが、印象的でした。
     
     やっぱり…お鮨はいいですね。

  12. takapu より:

     【ななさま】
     まぁ…いじられキャラですから(笑)。
     ここは、美味しいのもありますが、考えさせられるお店です。

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。