銀座・蘭州 ○○と△△△の□□□□□ラーメン(900円)

 

Pocket
LINEで送る

 旨いランチと地元食フリークの皆様、ひるどきでございます!!!!!!
 ところで…現在のひるどきは何位になっているでしょうか?
070817-01.jpg
 一昨日に続いて、再びこちらの方から青森に関する貴重な資料を貸してもらえることになり、「さて、お店をどうしたものか…」と思っていたところ、指定を受けたのが、なんとなんとでまさかの蘭州。
 ということで、日産の本社で合流しお店に到着すると、看板に2Fで食後のアイスコーヒーうんぬんと書いてあったので、急いで階段を登って、なんとか席を確保。
 さて、このお店は蘭州ブログができそうなぐらいに数多くのメニューが存在する。で、同伴の方からご指名を受けたメニューは…

 豚肉とわかめのマヨネーズラーメン…

 カラ元気で勢いをつけつつ平静を装って注文し、約8分ほどして運ばれてきたのは…

070817-02.jpg
 たっぷりの豚肉とワカメの炒め物にしっかりと絡んでいるのは、マヨネーズによる油分とたっぷりのネギ。正直、ウネウネとマヨネーズがラーメンに乗っかっているものと思っていたので、ある種の安堵感。でも、まだ崖っぷち。
 そんな中で、レンゲを使って表面からできるだけ離れた部分からスープを引き上げて、恐る恐るスープを口にすると…なんと、見た目よりもあっさり。しかも、妙にジャンクで不思議なコク。困ったことに…自分のツボに妙にはまってしまった。
 このスープを強制的に身にまとった豚肉とワカメ。ところがこれも妙な食べやすさ。ワカメの強い存在感やたっぷりのネギが、スープも豚肉も食べやすいものにしている。食べ慣れたからなのか、実はネーミングで損しているのか、ただ、虜にさせる方法が間違っている。
 器から麺を引き上げて、ズズズっとすすると、麺の表面から脂が飛んでくる。でも、それを交わしたつもりで食べ続ける。ハネたのなんて気にしてられない。スープが冷めたら一巻の終わりだ。
 麺を食べ終えたら、あとはレンゲで豚肉とワカメを食べつくす。なんだ、この学食っぽさは。
 うーん…食後に沸き起こるこの謎めいた満足感は、一体何なのだろうか。アイスコーヒーもでかいし。
 今日もご覧いただきありがとうございます。もう一押し、お願いします。人気blogランキングへ

ローカルフードデザイナー/伝承料理研究家/復興庁「専門家派遣集中支援事業」登録専門家
地域食材・食文化をテーマにした商品開発や地域活性事業の企画・運営、取材、執筆、撮影、講演活動、地域メディア・ソーシャルメディア運営アドバイザー。人×食×地域の繋がりを強くする取組みをしています。詳しいプロフィールは下のリンクから。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • follow us in feedly

コメント一覧

  1. abuyasu より:

    ものすごく惹かれるジャンク加減ですね!
    昼に行くには遠いですが、なんとかして食べてみたい...。

  2. なな より:

    見た目が謎めいているのは気のせいでしょうか…

  3. ヒロキエ より:

    先ごろ、ようやくその生存が確認されたジジ飼いさんのイチオシ「蘭州」ですな。
    「蘭州で乱醜の会」というのは、何故かボツった企画なのですが、そなたと叫子さんとあなちゃんでやりますか?
    私の参加はビミョーですが…。

  4. takapu より:

     【abuyasuさま】
     これは、A級ジャンクメニューです。でも、味の足し算はちゃんと成立しております。
     ダシの部分で難しい足し算をするのではなく、具と勢いを足し算したら、妙に魅力的なメニューになっていたという感じでしょうか。
     ちなみに、昼がダメということでしたら、夜のご都合はいかがでしょうか?(笑)

  5. takapu より:

     【ななさま】
     いえ…気のせいです(笑)。マヨな具を抜かした味も、ちゃんとしておりますよ。

  6. takapu より:

     【ヒロキエさま】
     はい、日本食ブログ学会でも絶滅種に指定される寸前だったジジ飼いさんが、イチ押しの蘭州であります。
     で、会の開催は賛成ですが、白いエプロンを身につけている方にこそ、このメニューを堪能…

  7. あな より:

    あれ?なんか呼ばれた気が・・・。(笑)
    「蘭州で乱醜の会」いつごろかな?
    って待ってました。
    ボツってないですよね?(ぶっ
    それにしてもすごいビジュアル・・・。
    そして学食っぽい味なのか・・・。
    軽くビビりはじめているワタシ。(笑)

  8. takapu より:

     【あなさま】
     いえ、気のせいです(笑)。
     で、蘭州で乱醜の会ですが、できれば気温35度ぐらいの中、半纏を着込んで開催したいのですが…

  9. 華麗叫子 より:

    マヨラー、ちょっと凌駕されちゃうくらいに
    ピンポイントでデリシャスでございましたわね♪
    takapu様、これはナイトタイムも突撃しないといけませんわよ!

  10. takapu より:

     【華麗叫子さま】
     マヨリスト、ホームランか三振かという感じのアイテムなのですが、これは麺との絡み具合も素敵でしたね。
     ナイトタイムは…持ち帰り必至なあのメニューでしょうか?

  11. まさぴ。 より:

    お~、幻のメニューではなかったのですな。
    挑んで食べたいような、そうでもないような、相反する心持ちがいたします(笑)。

  12. takapu より:

     【まさぴ。さま】
     東銀座に潜む、ツチノコのようなメニューですが、ちゃんと確認してきました。
     相反する気持ちを過去のものにするべく、ぜひ、大盛りで挑んでみてください(笑)。

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。