銀座・ニュー北京 水餃子とあんかけチャーハンのセット(900円)

 

Pocket
LINEで送る

 旨いランチと地元食フリークの皆様、ひるどきでございます!!!!!!
 ところで…現在のひるどきは何位になっているでしょうか?
070821-02.jpg
 数々のクリスタルに彩られた大きな照明が天井を飾る。ここは銀座の隠れ家的な中華料理のお店。そんなお店の内装はというと…


070821-01.jpg
 まさに、町の中華屋さん。
 照明は別として、意外にも銀座にはこの手の中華屋さんが多く、このニュー北京もそんなお店の一つ。で、自分が注文しようとしたのは既に決まっていたのだが、その文字がメニューに見つからない。テーブルの上に置かれた日替わりランチが書かれたプレートにも書いてない。すると…
 「あんかけチャーハンのセット?」
 と、お店の人に声をかけられた。やはり、このお店の定番のようで、同じような動きをする人が多い模様。ということで、以前、こちらの方も天津麺と迷ったこのメニューを注文。8分ぐらい待っていると、最初に運ばれてきたのはあんかけチャーハン。
070821-03.jpg
 あんかけというより、チンジャオロースに見えなくも…いや、これはトロトロのあんかけが絡んだチンジャオロース。でも、この下にはしっかりと玉子のチャーハンが隠れている。
070821-04.jpg
 チャーハンの味が比較的薄味なので、チンジャオロースあんかけの味とケンカせず、おかずのボリュームとチャーハンのボリュームを、一挙両得的に楽しめる。
 当然、豚肉はグシュグシュと食べ応えがあり、タケノコやピーマンといった野菜もシャキシャキだったりグニュグニュだったり。両方とも真っ当に作られてこその味と食感。
 チャーハンをおもむろにかっ込んでいると、水餃子が運ばれてきたのだが…
070821-05.jpg
 これが、チャーハンよりも大きかった。器の中には水餃子、チンゲン菜、そして豆腐。これをタレに浸して食べる。
070821-06.jpg
 餃子は皮が厚めのタイプなので、割り箸で少し穴を開けてタレに浸す。すると、お酢が効きつつ少し脂感のあるタレが、外側から内側からしっかりと絡む。タネを食べるというより、皮を食べるタイプなので、このぐらいのタレの濃さじゃなければ。という味になっている。豆腐や野菜との相性も上々。
 でも、自分が一番印象に残った味は、うっすらとダシが効いたこの水餃子のスープに、タレをバーっと注いで飲んだ味。系統は違うのだが、この記事で見た水餃子の味を、なんとなく思い出した。
 
 今日もご覧いただきありがとうございます。もう一押し、お願いします。人気blogランキングへ

ローカルフードデザイナー/伝承料理研究家/復興庁「専門家派遣集中支援事業」登録専門家
地域食材・食文化をテーマにした商品開発や地域活性事業の企画・運営、取材、執筆、撮影、講演活動、地域メディア・ソーシャルメディア運営アドバイザー。人×食×地域の繋がりを強くする取組みをしています。詳しいプロフィールは下のリンクから。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • follow us in feedly

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。