新橋・本陣房 胡麻酢ぶっかけそば(1100円)

 

Pocket
LINEで送る

 旨いランチと地元食フリークの皆様、ひるどきでございます!!!!!!
 ところで…現在のひるどきは何位になっているでしょうか?
070827-05.jpg
 新橋の裏通りに、同じ灯篭のお店が並ぶ一角がある。そして、この通りの向かい側にも、更に同じ灯篭のお店が一軒。
 この通りには、本陣房系のお店が集まっていて、どのお店の店頭にも、お昼のオススメのそばが掲示されている。そんな通りを今日みたいな暑い日に歩いていると、「胡麻酢」の文字に惹かれてしまう。ということで、本陣房に入店。
 数量限定ものだったので、席に着くなり速やかに注文。相席になった方の三色盛りを眺めながら、最初に運ばれてきたのは、


070827-01.jpg
 この胡麻酢。まず、香りを確かめると、酢の酸味ではなく、胡麻のコクが広がる。そして、この胡麻酢をかけるおそばが運ばれてきた。
070827-02.jpg
 ルックス的にも、さしずめ日本蕎麦屋さんの冷し中華。たっぷり敷き詰められたそばの上には、たっぷりの茗荷や鴨の燻製、ノリ、きゅうり、そして温泉卵。ここにネギを散らして、胡麻酢のタレを注ぐ。
070827-03.jpg
 あとは、混ぜながら食べる。
070827-04.jpg
 茗荷のすっきりとした後味や、鴨の弾力とそばの噛み心地の組み合わせ、そして、キュウリのシャキシャキ感。これらを包み込む温泉卵を含めた流れが、丸い胡麻ダレを絡めることでしっかりと勢いづく。
 タレの濃さもしっかりとバランスが取れており、醤油ダレの冷し中華と比べて尖った部分がないだけに、食べやすさを感じた。
 個人的には、もうちょっと胡麻ダレにお酢を効かせて、酸味とそばの組み合わせというのを感じてみたかったが、丸い味に重さがなかった時点で、実は効果としては理想的だったのかもしれない。
 今日もご覧いただきありがとうございます。もう一押し、お願いします。人気blogランキングへ

ローカルフードデザイナー/伝承料理研究家/復興庁「専門家派遣集中支援事業」登録専門家 地域食材・食文化をテーマにした商品開発や地域活性事業の企画・運営、取材、執筆、撮影、講演活動、地域メディア・ソーシャルメディア運営アドバイザー。人×食×地域の繋がりを強くする取組みをしています。プロフィールやお問い合わせは下のリンクから。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • follow us in feedly

コメント一覧

  1. こんにちは!はじめてコメントさせていただきますv
    胡麻酢ぶっかけそばというコトバに惹かれてしまいましたが・・・こんなおそば、初めて見ました。東京方面独特のものなんでしょうか。すごく食べたい・・・!
    ひるどきさんの文章力で余計に食べたさを引き立たされてしまってもう、お腹が鳴ってます・・・!
    私も実は神戸を中心に、グルメブログをしているんです。
    でも最近は関西に限らず、いろんなところのお店を知りたい!紹介したい!と思い、どんなお店に皆さん行かれているのかとすてきなブログを書かれている方のところににおじゃましたりしています。
    もしよかったら、にも、遊びに来てください♪今はまだ多くはないけれど、何人もの方が、記事を持ち寄ってお店を紹介しているブログになっています。
    それで突然なんですが、もし興味をもっていただけたら、ひるどきさんの記事を、うちのブログ上でも公開していただけないでしょうか?
    こんな記事を書かれる方が参加してもらえたらと前からブログを見てはいたのですが・・・今日思い切って声をかけさせていただきましたっ!
    気軽に遊びにきてもらえるだけでもうれしいです*^^*
    長文になってしまいすみません。。。お返事まってます♪
    バルバリーナ
    info@hermes-japan.co.jp

  2. takapu より:

     【バルバリーナさま】
     ども、初めまして。お越しいただきありがとうございます。
     このおそば、東京特有というものではなく、本陣房独特といった感じで、完全に期間限定ものです。9月に入って涼しくなったので、そろそろ終わりかなぁ…といった感じです。
     で、ブログへの参加の件についてですが、まずはブログを拝見させていただきます。

  3. takapuさん
    早速、お返事ありがとうございます。
    ブログの件、了解しました。
    楽しみにしています。

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。