東銀座 和食

東銀座・媛牛 牛と筍の炊き込みご飯定食(890円)

投稿日:

 旨いランチと地元食フリークの皆様、ひるどきでございます!!!!!!
 ところで…現在のひるどきは何位になっているでしょうか?
070828-01.jpg
 いきさつを自分でも忘れてしまったぐらいに、ウェブで偶然見つけたのがこのお店。
 お店のホムペを見ると、愛媛産の黒毛和牛ブランドである、「伊予牛 絹の味」なる牛肉が食べられるとのことなので、日産本社近くにあるビルの3階に向かう。
 で、このお店のランチメニューは、3,000円の牛鍋、牛肉を卵でとじた牛玉丼、そして自分が注文した牛と炊き込みご飯定食。注文してから、約3分。お味噌汁や小鉢、煮物や漬物が順々に運ばれてきて、メインの炊き込みご飯が運ばれてきたのだが…
070828-02.jpg
 …なんと、信じられないことに、お持ち帰り用の容器に、しかも透明なフタまでついたものが運ばれてきた。はっきり言って、この時点でご飯に対する期待は完全に飛んでしまい、今年一番つまらない昼食に。
 自分も一応、食を通じた地域活性化の活動をやっている身なので、地方食材をメインに据えたお店でこんな見せ方をされるのが、一番ショックである。純粋にテイクアウトの商品だというのであれば、「愛媛の牛肉が身近に」という話で終わるのだが、ここは店内である。
 そして、もう一つの期待値が落ちた理由として、実はこの店、山口県萩市の大屋釜で作られた器も、売りの一つになっているからである。そんなこだわっているにもかかわらず、肝心な主役がこれでは、器が浮かばれない。
 他にも、野菜や卵焼きは築地市場で仕入れたことを売りにしているのだが、卵焼きの横に盛られた大根おろしに、醤油がダボダボ注がれすぎて、本体にまで醤油が流れ込み、ややしょっぱい卵焼きになっていた。
 お店のコンセプトだけ綺麗に着飾って、それをウェブで紹介しても、出てくる料理がこの姿なら、満足もへったくれもない。せっかくいい食材を使っているのだから、まずはその力を活かす店作りをして欲しいものである。
 今日もご覧いただきありがとうございます。もう一押し、お願いします。人気blogランキングへ

  • この記事を書いた人

takapu

ローカルフードデザイナー/伝承料理研究家 食や旅をテーマにした商品開発や既成品リノベーションを始め、コンテンツ企画、取材・執筆・撮影、PRツール制作、漫画原作、講演、事業所の強みづくりコンサルティングを手がけています。 詳しいプロフィールはお仕事に関するお問い合わせは、下のリンクからお願いいたします。

-東銀座, 和食

関連記事

Copyright© ひるどき日本ランチ日記 , 2018 All Rights Reserved.