有楽町・春日亭 イカの生姜だれ丼(1,000円)

 

Pocket
LINEで送る

 旨いランチと地元食フリークの皆様、ひるどきでございます!!!!!!
 ところで…現在のひるどきは何位になっているでしょうか?
070829-01.jpg
 以前から気になっていた大分料理店の店頭に、イカの生姜だれ丼という文字を発見。この日は特に目的のお店もなかったので、カウンターに空席があるのを確認し、速やかに注文。
070829-02.jpg
 イカの白と、どっぷりとタレに漬かったゲソ、そして肝の色合いが対照的。注文を受けてから生姜醤油と絡めるイカは、醤油の効かせ方がイカの甘さを奪うことなく、生姜のさっぱり感が甘さを引き出している
また、どっぷりとタレに漬かったゲソは弾力が強く、身の気持ち軽めの食感と対比関係になっている。
 とはいえ、この丼のキモは文字通り肝。
070829-03.jpg
 えらく豊満なコクと、日本酒のアテ的に塩が効いた味。当然、ご飯が進む。そして更に、これをイカの身に絡めてご飯と一緒に頬ばると、至極当然、ご飯が更に進む進む進む…
 この丼に小鉢もついて1,000円。なかなか良くできたアイテムで。
 今日もご覧いただきありがとうございます。もう一押し、お願いします。人気blogランキングへ

ローカルフードデザイナー/伝承料理研究家/復興庁「専門家派遣集中支援事業」登録専門家 地域食材・食文化をテーマにした商品開発や地域活性事業の企画・運営、取材、執筆、撮影、講演活動、地域メディア・ソーシャルメディア運営アドバイザー。人×食×地域の繋がりを強くする取組みをしています。プロフィールやお問い合わせは下のリンクから。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • follow us in feedly

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。