日比谷・ひつじや 本日の薬膳カレーYセット(924円)

 

Pocket
LINEで送る

 旨いランチと地元食フリークの皆様、ひるどきでございます!!!!!!
 ところで…現在のひるどきは何位になっているでしょうか?
 LUSHでヘアワックスを買おうと思い、日比谷シャンテの地下に向かうと、そういえば…という感じに存在を思い出したのが、このカレー屋さん。
 周りのお店は、いかにもビル内のテナントという具合に、外観や内装も綺麗に整備されているのだが、このお店に限っては、日比谷のお店というよりは、西荻窪あたりにありそうな、作られた飾り気はまったくなく、でもそれがお店の魅力を膨らませている。そんな質実剛健な作り。
 小さなスペースの中でも、壁沿いにいくつものテーブルが配置され、一方で入口から3歩目にはもう、厨房とつながったカウンター席にぶつかってしまう。それぐらい、このフロアの中では異質に感じる作りとなっている。
 カウンター席の一番端の部分は、店外と店内を結ぶ部分になっており段差になっている。この一番端の席しか空いていなかったので、そこに座ろうとすると、店員さんがやけに気を使ってくれるのだが、
 「あ、いえ、そこまで心配しなくても大丈夫ですから・・・」
 と、言いたくなるぐらいに、この席に対しては大きめの配慮がされるようで。
 イスを引いて自分が座ろうとすると、店員さんは左後ろの足が段差で踏み外すことなく、見守ってくれる。自分と店員さんとの間に小さな緊張感と、それより少しだけ大きな安堵感が流れた後、カウンターに置かれたメニューにもう一度目を通す。
 店頭のメニューで注文するものは決めていたことや、隣のお客さんが食べている同じ物をちらっと見て、注文したのは本日の薬膳カレーYセット。
 それから5分ほど待ち、サラダ、ナンとサフランライスの両方が盛られたお皿、そして赤が強めに出た色合いのカレーが運ばれてきた。
 サラダは千切りキャベツやニンジンが少し太めになったものに、ドレッシングが注がれたシンプルなもの。一方、主食皿には、縦にすっぱりと半分に切られた、約30センチほどの大きさのナン、そしてサフランライス。
 ここのサフランライスはターメリックを入れてないので、黄色が薄くサフランの色だけが移っているとのこと。確かに、つややかで鮮やかな黄色ではなく、まるで、お米の芯から少しずつ、黄色が外側に出てこようとしているかのような、おしとやかな黄色。
 そして、この薬膳カレーが持つ一番の特長は、スパイスをミルで細かくしたものではなく、セージやローズマリー、そしてレモングラスといった、強い香りが特長的なスパイスが、丸ごと入っていること。
 さらっとしたソースをスプーンですくい、口にすると、トマトの酸味とタマネギの甘みから、ソースに含まれるスパイスによる、ふわっと高揚するような心地よい刺激、そして丸ごとはいったスパイスによる、香りの支配。見た目の第一印象では、丸ごと入ったスパイスによって、薬膳感が強いのだと思っていたが、実際にはトータルで薬膳感を織り成している。
 このソースに、ナンやライスを浸して食べる。まるでスープカレーのようなのだが、それだけサラサラしている。
 特にナンがまるでチーズが入っているかのように、粉の香りや全体のコクが強く、比較的あっさり目のカレーとメリハリが効いた組み合わせになっていたのが印象的。もちろん、サフランライスとの相性も良く、ごろんと2つ入ったチキンを食べるときには、やはりこちらの出番。不思議と家庭カレー的な感覚になる。
 
 そんな組み立てを楽しんで席を立とうとすると、店員さんは再びイスの動きを気にかけてくれた。なんか、このお店には不思議な心地よさがある。
070830-01.jpg
 ※デジカメのバッテリーが切れてしまったので、携帯で撮影したものです。
 今日もご覧いただきありがとうございます。もう一押し、お願いします。人気blogランキングへ

ローカルフードデザイナー/伝承料理研究家/復興庁「専門家派遣集中支援事業」登録専門家 地域食材・食文化をテーマにした商品開発や地域活性事業の企画・運営、取材、執筆、撮影、講演活動、地域メディア・ソーシャルメディア運営アドバイザー。人×食×地域の繋がりを強くする取組みをしています。プロフィールやお問い合わせは下のリンクから。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • follow us in feedly

コメント一覧

  1. masara より:

    いつも楽しく読ませていただいています。
    ひつじ屋さんは、いわゆるランチタイムを逃したときでも開いているので、助かります。比較的近くにはデリーという有名店もあるのですが、私は個人的にはひつじ屋さんの「庶民的な」感覚が好きで、こちらのほうによく行きます。Takapuさんのコメントが楽しみです。

  2. takapu より:

     【masaraさま】
     ども、ご無沙汰しております。
     去年のリトル小岩井以来のコメント、ありがとうございます。お元気なようで、何よりです。
     やっぱり、私も庶民的な味わいのほうが好きですね。食堂が持つ混沌とした空気と、そこから生まれる味を、日比谷で楽しめるのって素敵だと思います。
     だからこそ、日比谷のマニアックな食堂や、中華屋さんのカレーラーメンが好きではあるのですが。

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。