【告知です】現在、青森県と共同で「津軽料理遺産」プロジェクトが進行中です。

 

Pocket
LINEで送る

 旨いランチと地元食フリークの皆様、ひるどきでございます!!!!!!
 ところで…現在のひるどきは何位になっているでしょうか?
 ※10月30日まで、この記事がトップ記事となります。最新のランチ記事は、2つ目の記事となりますのでご了承ください。
top.JPG
 今年に入って、このブログ内では青森県の記事が激増しておりますが、いよいよ、青森県中南地域県民局が、郷土料理による地域活性化事業の一環として展開する、「津軽料理遺産」プロジェクトが本格的に始動いたしました。
 2月に青森県庁の方と知り合い、このプロジェクトに携わる機会に恵まれ、なぜか委員長という立場で色々とお手伝いをさせていただいているだけに、色々とこの場を借りて書きたいこともありますが、思い切り長文になってしまいますので、報道各社等により紹介いただいた記事を、ご覧いただけると幸いです。
 ※画像をクリックすると、別画面で記事リンク先が開きます。


・陸奥新報(1)
071012-001.JPG
・陸奥新報(2)
071012-002.JPG
・東奥日報
071012-003.JPG
・朝日新聞
071012-004.JPG
・毎日新聞
071012-005.JPG
・日本農業新聞
071012-006.JPG
・地域ブランドNEWS(ブランド総合研究所)
071012-007.JPG
 ※他にも、読売新聞や河北新報の紙上においても、ご紹介いただいております。
 単品の料理ではなく、その地域の食文化全体を魅せることによる、地域活性化のロールモデルとなるべく、色々と努力してまいりますので、今後の展開にご期待いただけると幸いです。
 なお、現在「津軽料理遺産」の認定にあたり、「本物の一品」掘り起こしキャンペーンを展開しております。詳しくは、津軽料理遺産オフィシャルサイト(トップページの画像をクリックすると、募集画面に切り替わります)をご覧ください。
 個人的な究極の目標は、「日本料理遺産」として全国各地の伝統的な郷土料理の存在が、世界に広まればと思っています。世界的に他国のローカルフードが注目されている昨今、日本の伝統的な郷土料理の知名度や存在意義が、リージョナルであり続ける理由はないのですから。
 今日もご覧いただきありがとうございます。もう一押し、お願いします。人気blogランキングへ

ローカルフードデザイナー/伝承料理研究家/復興庁「専門家派遣集中支援事業」登録専門家 地域食材・食文化をテーマにした商品開発や地域活性事業の企画・運営、取材、執筆、撮影、講演活動、地域メディア・ソーシャルメディア運営アドバイザー。人×食×地域の繋がりを強くする取組みをしています。プロフィールやお問い合わせは下のリンクから。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • follow us in feedly

コメント一覧

  1. snowy;yukino より:

    全国各地の伝統的な郷土料理の存在が、世界に広まれば
    素晴らしいですね!!
    パリスでもどれがオーセンティックな日本の料理なのか 疑問が出ているようですれば、、
    USでもニューオールリンズ・スタイルやジュウイッシュ・スタイルなど
    ピツァでもNYスタイル、ブルックリン・スタイルにシカゴのディープ・ディッシュ、西海岸スタイルのピツァなど地方や文化によって違うタイプのピツァがあると認識されていまつ。
    それなのに日本の料理はなぜか、ひとくくりにされているかも!
    xx

  2. 蓮花 より:

    すごいですね!
    この郷土料理の知名度が日本全国、いや世界各国に広まるかもと思うとワクワクしますね。
    これから目が離せません!!

  3. あな より:

    おっ!ついに、ついに、ですね。
    プロジェクトURL、リンクしても宜しいでしょうか?
    これからもガンバって下さいねー!
    応援しています☆

  4. ワコメ より:

    すごいですね!すばらしいお仕事です!!各県やるのかしらん。。
    これからもがんばってください!

  5. takapu より:

     【snowy;yukinoさま】
     オーセンティックとは?
     ということを世界的に考えてみると、自国にとっての本物と、他国から見るオーセンティックとの間に違いが出てしまうのは、仕方がないとも思います。国単位の本物という概念はないと思うので。
     ただ、であれば地域単位の本物が組み合わさることで、本物の日本ということが伝わるのではないだろうか?という感じなんです。
     結局、日本を象徴するものの最大公約数を作ろうとすると、ぐちゃぐちゃになってしまうのであって、最初から構築するしかないというのが、自分の考えです。

  6. takapu より:

     【蓮花さま】
     ありがとうございます。
     まずは、日本に広がらないと意味がないと思いつつ、おそらく地域の食というものは、同じような状況にあるものだと思っています。
     であれば、世界に向けて発信しうる仕組みを作ってしまおうというのが、今回の話でして。
     今後も、ご期待いただけると幸いです。

  7. takapu より:

     【あなさま】
     はい、ついになんです。リンクいただき大感謝です。
     そして、慢性的な寝不足になっております…

  8. takapu より:

     【ワコメさま】
     ごぶさたしております。そして、ありがとうございます。
     全県の料理遺産を発掘するのが、目標ではあるのですが、自分は、与えられたミッションを遂行し、結果を出すのが使命なので、それを他の県の皆様から、どう判断いただけるかという感じです。
     これからも、ご期待いただけると幸いです。

  9. cherry より:

    津軽料理遺産…美味しそうですね。

  10. takapu より:

     【cherryさま】
     ありがとうございます。
     この料理群の一番の特長は、期待値を遥かに上回る味を持っていることです。
     ぜひ、青森にお越しの際には津軽地方にて、色々と召し上がってみてください。

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。