JALPAK presents 行っチャイナ!食べチャイナ!~中国ウマウマ食い倒れツアー~ その1・空港にて、機内にて、車内にて。

 

Pocket
LINEで送る

china_300_50banner.jpg
 旨いランチと地元食フリークの皆様、ひるどきでございます!!!!!!
 ところで…現在のひるどきは何位になっているでしょうか?
071005-00.jpg
 北海道をパックツアーで巡った数日後、自分はキャリーバッグ一杯に詰め込んでいた荷物を、たっぷりとの余裕あるスーツケースに詰め替え、毎朝飲む分のビタミンCとアミノ酸の錠剤を小袋に補給し、久しぶりに机の奥からパスポートを引っ張り出していた。
 遡ること約1ヶ月前、こちらの会社から、「本場の北京ダックや上海蟹を食べて、その感想をブログに書いてみませんか?」というお話をいただいた。
 自分の海外旅行暦は北米大陸に偏りがちで、日本から西の方角に向かったのは、数年前に香港に行ったのが最後。だから、NOという理由が見当たらず、あとは身支度をするのみ。
 引っ張り出したパスポートの有効期限を何度も確認し、渡航前日の夜は終わった。
 


 当日、まだ薄暗い中を空港行きのバスに乗る。到着までの車内、自分はあれほど前日にパスポートの期限を確認したにもかかわらず、同じ動作を繰り返していた。
 空港に到着すると、今回の旅を一緒に回るグルメ系ブロガーの面々が、続々と集合場所に。今回のテーマというのは、グルメ系ブロガーが、上海と北京の名物料理を食べつくして、それを記事にするというものになっている。
 スーツケースをチェックインカウンターに預け、検査ゲートで大きなトートバッグから、ノートパソコンや財布を引っ張り出してトレイに乗せ、ベルトを外しゲートをくぐって搭乗口に向かう。
 そこにいた同じ機内の人になる顔を見ていたら、いつの間にか搭乗時間が近づき、いつの間にか機中の人になっていた自分は、いつの間にか機内食に夢中になっていた。
071005-12.jpg
 自分は最初の海外渡航が遅かったので、機内食というものに不思議な憧れを抱き続けている。
 美味しさの絶対値に対する期待というよりは、飛行機の中という、日常と非日常を結ぶシチュエーションの中で食べること自体に、不思議な憧れを抱き続けている。
 海外の航空会社の場合、味付けのモノサシが全然違うだけに、まるで異国へのハードルのごとくに聳え立つこともあるのだが、今回の機内食はいい意味で地に足がついた内容。
 食後はこの方この方と共に、機内サービスのテトリスをプレイ。
 本当は、読み溜めた雑誌を読もうとしたのだが、久しぶりに勢い良くブロックが落下する様を見たら、機内食以上に興奮してしまい、いつの間にかブロックと同じように自分の意識も落ちていた。

 ポーン。
 というシートベルト着用サインの音で目を覚まし、別に特別なことをするわけではないのだが、身体を中国モードにすべく、まずはパンパンに張った足を動かしてみる。
 高度の低下を身体で受け止めながら、出入国カードや税関書類を作成していると、大きな着陸時の衝撃。日本から数千キロ離れた日常に到着したのは、お昼近くのことだった。
 一時間の時差を超えた飛行機を降りると、初めて見る姿の機体が目に入る。
071005-14.jpg
 日本だと白地に赤黒のロゴか、白地に青のロゴの機体を見る機会が多いだけに、目には違和感を覚えるのだが、それと同時に不思議な高揚感に包まれる。
071005-15.jpg
 入国審査を思ったよりもスムーズに通過し、スーツケースをピックアップ。前へ前へと足を進めると、扉の先で、中国での時間が始まることを示す案内板を発見。
071005-16.jpg
 現地のガイドさんと合流し、雑踏なターミナルから外に出る。
071005-17.jpg
 今回の移動手段となるバスは裏手の駐車場に停車中。そして、そこに向かうときに目にしたのは、
071005-18.jpg
 なんとも言えない違和感をかもし出す看板だった。
071005-19.jpg
 今回、同じ目的で参加したブロガーは全部で8名、そして現地のスタッフの方々等を含めても、人数は約15名程度。なのに、用意されたバスは44人乗りというものだった。
 駐車場を後にし、バスは市街地へ向かう高速道路へと向かう。
071005-21.jpg
071005-22.jpg
 窓ガラス越しに流れる景色は、どの一瞬を切り取っても新鮮に写り、そして色々と考えさせてくれるものだった。
 色々な要素が絡まり、日本では「上海バブル」とまで呼ばれている上海の好景気。その加熱度は不揃いな建物の高さやデザインが教えてくれる。
 走ること約30分、バスは人民広場の向かい側にある、ラディソンホテル・上海ニューワールドに到着した。
071005-23.jpg
  
 ということで、今回、JALPAKさまよりお話を頂いて、長編による「中国オフ会」の模様を、約20回以上のボリュームにてお送り致します。自分の他に参加したブロガーの皆様の記事は、こちらのページからご覧ください。
 なお、これを掲載中のランチは…カキ料理しか食べないはずです。
 今日もご覧いただきありがとうございます。もう一押し、お願いします。人気blogランキングへ

ローカルフードデザイナー/伝承料理研究家/復興庁「専門家派遣集中支援事業」登録専門家
地域食材・食文化をテーマにした商品開発や地域活性事業の企画・運営、取材、執筆、撮影、講演活動、地域メディア・ソーシャルメディア運営アドバイザー。人×食×地域の繋がりを強くする取組みをしています。詳しいプロフィールは下のリンクから。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • follow us in feedly

コメント一覧

  1. ロレンス より:

    キタ━━━(゚∀゚)━━━!!! 
    テトリスしてせっかくのカードで遊びませんでしたね(笑)
    私、パスポートは忘れませんでしたが・・・(汗

  2. takapu より:

     【ロレンスさま】
     いやぁ…私、パスポートを忘れるというのが、世界で一番ダメージがでかいイベントだと思っていまして。
     持っているのはわかっていながらも、やっぱり不安になってしまうものでして…

  3. ヒロキエ より:

    機内食に興奮しました!
    何せ25年ぶりだったので。

  4. つきじろう より:

    私は引っ越しのとき、パスポートをゴミと一緒に捨てた男ですが・・・
    ともあれ中国紀行、楽しみに拝見させていただきます!

  5. ワコメ より:

    機内食って滅多に食べられないだけに憧れますよね。こちらはファーストクラスの機内食かしら?美味しそうですね。

  6. eatnapo より:

    でました!”ラーメニ”。
    誰かが出してくれると思ったら、takapuさんでしたね★
    私もパスポートチェックは何度もしちゃいます。
    少なくても家で2回、空港で3回。5回以上は軽くいってしまいそうです。

  7. くに より:

    みんないろんな写真撮ってますね~。それぞれ雰囲気が違って我々も楽しめそうな企画ですね。

  8. Jolie nana より:

    分かる~!
    私も30回くらいパスポート確認しましたよ!
    一人だったし。
    takapuさんのハイテンションのお陰で、疲れもぶっ飛ばすことができました。
    最近あのハイテンションぶりが、ちょっぴりだけ恋しかったりします。←ちょっとよ。ちょっと。

  9. 早坂 より:

    スベシャル・ラ一メ二。にひと目ラヴ♪
    これからのtakapuさんの微に入り細をうがつレポート、楽しみにしてますわ。

  10. takapu より:

     【ヒロキエさま】
     私も、機内食経験はそこそこにあるのですが、やっぱりこの機内食が一番よかったです。
     まぁ、この数日後には恐怖の機内食もありましたけどね(笑)。

  11. takapu より:

     【つきじろうさま】
     私も、捨ててはいませんよ!(笑)
     ということで、5年旅券の取得をぜひぜひ…

  12. takapu より:

     【ワコメさま】
     いえ、実はこれでもエコノな機内食なんです。俵型の御飯が30%程度もち米的な食感でした。

  13. takapu より:

     【eatonapoさま】
     やはり、この看板は旅の肝だったので(笑)。正直、もっと掲載されるかと思ったんですけどね…
     パスポートチェックは旅の基本です。ちなみに、パスポートもチケットもありながら、海外でフライトキャンセルの憂き目に会うと、切ないですよね…
     

  14. takapu より:

     【くにさま】
     今回のメンバーの記事の特徴を考えると、やはり自分はえらく守備範囲を広げるのが役割かなぁと思い、えらく長い記事になっております。
     それにしても、みなさん記事の進行速度が違いますなぁ…

  15. takapu より:

     【Jolie nanaさま】
     やっぱり、旅慣れるほどに油断してしまうものなので、この基本は欠かせないところです。まぁ、それを心配性というのですが(笑)。
     私のテンションは…まぁ、動画にどんな感じで写っているかを楽しみにすることにします。

  16. takapu より:

     【早坂さま】
     ♪ラーメニ、ラーメ二、ラーメニ…うーん私には、早坂さまのような作詞センスはありません(笑)。
     やはり、人間は地道にコツコツと生きることが大事ですね…

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。