有楽町・慶楽 ハムユイのチャーハン(1,200円)

 

Pocket
LINEで送る

 旨いランチと地元食フリークの皆様、ひるどきでございます!!!!!! 
ところで…現在のひるどきは何位になっているでしょうか?
 まだ、色々な意味で本調子に戻りきってなく、頭があまり回らない状況ゆえ、具体的なお店のイメージはないものの、一昔前で言うパンチが効いた味の料理を食べて、身体を奮い立たせたいと思い、この本をパラパラと眺めた結果、向かった先は有楽町の慶楽。
 
 一番入口に近い席に座り、注文したのは卓上のメニューには書かれていない、ハムユイのチャーハン。こういうマニアックなメニューが紹介されているのがありがたいもので。
 10分ほど待って運ばれてきたその皿からは、炒め油による芳ばしい香りと共に、ハムユイ独特の発酵系のクサみ。でも、これが欲しかった。おもむろにレンゲで口に放り込み2、3回噛んでみると、ハムユイの塩味を経由して、対比する卵やネギに染みた味が広がり、さらに噛んでいるとハムユイの塩味が抜けて旨みに変化する。
 また、ハムユイのかけらをレンゲですくってスープと共に口にすると、じわりじわりと固さがほぐれたハムユイから上質なダシがあふれ出し、スープへと旨みが広がる。
 
 噛んで噛んでまた噛んで。小さく固い塊から旨みを発掘する心地よさが、食べる楽しみを思い出させてくれる。
 ただ、実は写真を撮ろうとしたものの、カメラに入れたはずのXDカードが入ってない。ということで、ハムユイチャーハンの写真は、この本の25ページをご覧いただければと…
 今日もご覧いただきありがとうございます。もう一押し、お願いします。人気blogランキングへ

ローカルフードデザイナー/伝承料理研究家/復興庁「専門家派遣集中支援事業」登録専門家
地域食材・食文化をテーマにした商品開発や地域活性事業の企画・運営、取材、執筆、撮影、講演活動、地域メディア・ソーシャルメディア運営アドバイザー。人×食×地域の繋がりを強くする取組みをしています。詳しいプロフィールは下のリンクから。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • follow us in feedly

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。