エースコック・つゆ焼そば(239円)

 

Pocket
LINEで送る

 旨いランチと地元食フリークの皆様、ひるどきでございます!!!!!! 
ところで…現在のひるどきは何位になっているでしょうか?
071214-01.jpg
 つゆ焼そば。
 それは、青森県黒石市で長年に渡り親しまれ食されている黒石やきそばに、スープを合わせたもの。そして、通常の黒石やきそばと共に、黒石市の活性化のツートップを担う食文化である。
 そんなつゆ焼そばのカップメンが、mixiの「夢のカップめん開発プロジェクト」という、公認コミュニティによって生み出されたので食べてみることに。
071214-02.jpg
 表のラップを剥くと、作り方が丁寧に書かれていたのだが、その工程は6段階。カップメン作り方段階数ギネス記録というものがあれば、登録間違いなしといった具合か。
071214-03.jpg
 容器に入っているのは、ノンフライの麺、焼そば用のかやくとソース、そしてスープ用のかやくとスープの素。
 まず、焼そば用のかやくとソースを使って、普通にカップ焼そばを作る。かやくで入っているキャベツの大きさが特長的。
071214-04.jpg
 そして、この焼そばの上にスープ用のかやくとスープの素を入れて、お湯を注ぐ。 
071214-05.jpg
 やきそばのウスター系ソースの味が移り、独特の酸味が効いたスープの再現度は高く、ザク切り大きなキャベツも、カップラーメンとして考えるとなかなか。ただ、肉の味が全体の方向性から少し浮いていた感あり。
 また、麺も2回茹でに近い状況にもかかわらず、箸でもっただけではプツンと切れることなく、耐力のある仕上がりになっている。平たい麺がスープを吸いつつ、自分が既に吸っているソースの味と組み合わさった不思議な感覚こそが、つゆ焼そばの醍醐味。それがしっかりと足し算になるのがミソ。
 作り方の中で一番重要なのは、つゆを入れる前に焼きそばを作る段階。ここで麺にソースをしっかりと絡めないと、麺に染みたソースとつゆの足し算がされずに、若干ねぼけた味になってしまう。
 食べ進めるうちに、ソースの味が更にスープに移り、食べ終わるころには地元で食べるつゆ焼そばのそれに近い味になる。再現度が高いと思った理由はこれである。
 
 やはり、地元で食べるそれには及ばない点があるものの、これはこれで楽しめる。そして、個人的にはこの商品を導火線として、知名度向上によって現地へのお客さんが増えればとも思う。
 うーん…やはり、久しぶりに青森に行かねば…行かねば…行こう。
 ということで、日曜日から3泊4日の行程で、このプロジェクトに関連して、青森に行ってきます。
 今日もご覧いただきありがとうございます。もう一押し、お願いします。人気blogランキングへ

ローカルフードデザイナー/伝承料理研究家/復興庁「専門家派遣集中支援事業」登録専門家 地域食材・食文化をテーマにした商品開発や地域活性事業の企画・運営、取材、執筆、撮影、講演活動、地域メディア・ソーシャルメディア運営アドバイザー。人×食×地域の繋がりを強くする取組みをしています。プロフィールやお問い合わせは下のリンクから。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • follow us in feedly

コメント一覧

  1. Ginger より:

    LAWSON見てちょっと興味が湧いたけど....
    そういうバックボーンがあるとは…
    こっちにしておけば良かったぁ
    ある秘湯行くのに3回くらい通った街なので、ちょっと気になる黒石です
    興味深く食べれるなで、明日のお昼は忙しいからこれ食べてみよ(apで売ってますように)

  2. takapu より:

     【Gingerさま】
     ある秘湯とは、JRが北東北ディスキャンで紹介している温泉とみました(笑)。
     黒石の焼きそば文化は、それはそれは面白いものです。基本的に、フライパンで作るのが黒石流。そんな小さい物語が、たっぷり詰まっています。
     あ、今滞在しているホテルの近くにあるampmには、たっぷり置いてありました。地元ですから(笑)。

  3. なな より:

    カップつゆ焼きそば、試してみました。思っていたよりも美味しかったです!
    …てことは、現地で食べたらもっと…

  4. 55aiai より:

    青森・・・寒そうですねー。でもtakapuさんの第2の故郷になりつつありますね!
    先日焼きそばが余ったので、オリジナルで作ってみたら結構それなりに出来ました。
    ソース味はソース味として残っていながら、スープで食べやすいという・・・。面白い文化ですねぇ。

  5. 蓮花 より:

    昔、ぺヤングを作るとき、お湯を捨てずにソースを入れたらどんな味がするのか試してみたことがあります。
    ・・・味はご想像におまかせします(笑)
    青森で本場スープ焼きそばを食べたらとっても温まりそうですね~。

  6. takapu より:

     【ななさま】
     そりゃぁぁぁぁ、現地の味は別物です。たまらないですよ。現地版はウスターソースの味が、すごく効いています。
     

  7. takapu より:

     【55aiaiさま】
     オリジナルでやるとは、なかなかのアオモリストですな。
     ソース味とスープの融合。元々が焼き置きの焼きそばを温かく食べる工夫で、スープを入れたというものだけに、食べやすさという答えになるのは必然なんですよ。

  8. takapu より:

     【蓮花さま】
     ペヤング・スープ焼きそばですか。思春期の乗り越えなければならない壁というやつですね(笑)。
     青森で食べるからこそ、このスープ焼きそばなんです。ちなみに、魚出汁系と動物出汁系の2種類のお店がありますが、個人的には前者派です。

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。