青森 ひるたび・さんぽ

弘前・虹のマート まずは、地元の食材や惣菜を目で見て舌で楽しんで。

投稿日:

 旨いランチと地元食フリークの皆様、ひるどきでございます!!!!!! 
ところで…現在のひるどきは何位になっているでしょうか?
071217-07.jpg
 弘前駅から歩いて5分ほどのところにある、弘前食料品市場、通称「虹のマート」。
 ここは、地元のお客さん向けに野菜や魚、乾物などなどを販売しているが、場所柄、観光客が足を運ぶことも多々という場所である。
 弘前の二日目、8:45ごろに館内に入ると、そこに広がりしは地元のお客さんにとっては日常食、そして、自分を含めた観光系の客にとっては、非日常の魅力がたっぷり詰まった品々が揃っている。


071217-08.jpg
 魚を加工したものを中心に扱っているこのお店では、身欠き鰊や、鮭やホッケの飯ずし、そして筋子といった、ごはん党にもアルコール等にもたまらないアイテムが。
071217-09.jpg
071217-10.jpg
 八百屋さんには津軽の大地が育んだ野菜や、これに快い仕事が加わった漬物が、ズラっと揃っている。
071217-11.jpg
 色鮮やかな漬物たちではあるものの、基本的に無着色。野菜そのものの質がいいからこそ生み出せる色合い。
071217-12.jpg
 これは、葉くるみ漬。葉の中には生干し大根がたっぷりと入っている。ところで、津軽の漬物の特長として、こういった葉物で包んで漬ける文化がある。また、包む葉の種類も多種多様。このあたりが、素材力に溢れた青森の層の厚さを物語っている。
071217-15.jpg
 最近、こちらの雑誌でも紹介された大鰐の温泉もやしも売られていたが、やはり絶対数が少ないため、午前中には確実に売切れてしまうとのこと。
 で、実は大鰐の温泉もやしには2種類あって、上のは豆もやし。
071217-16.jpg
 そして、これがそばもやし。味の違いを知るのに一番の食べ方は、さっと湯通ししてお浸しで食べること。太さや口当たりの違いが大きな味の違いとして、瑞々しさと共に口に広がる。どちらにしても、もやしに対する価値感が変わること確実である。
071217-13.jpg
 これは、津軽名物「けの汁」用の具材。水煮で缶や容器にパッケージ化されたものもあるが、やはり切り立ての食材がビニールに入った、こんな感じで売られているもののほうが、確実に野菜の旨みがしっかり残っている。
 過剰な包装ではなく、丁寧に切られた姿こそが、一番の包装なのだとプレゼンテーションのあり方についても再確認。
 で、朝食としてマートに入っているお惣菜屋さんで購入したのが、お赤飯と弘前市の隠れご当地グルメである「イカメンチ」。
071217-17.jpg
 青森のお赤飯の特長は、お砂糖を入れて甘く炊くことにある。字面だけでは抵抗感が芽生えてきそうなアイテムではあるが、実際に食べてみるとこれがものすごく旨い。米の甘さと砂糖の甘さが一体になり、抵抗感どころか未知なる物が身体に入る喜びで一杯になる。
071217-18.jpg
 イカメンチは、弘前の家庭では親しまれているお惣菜。イカの身をイカ刺しとして食べた後に、使わなかったゲソを細かく刻んで、これを野菜と一緒に衣に和えてあげたり焼いたりするというもの。
 家庭では焼くのがポピュラーという一方、店舗では揚げ物として提供するお店が多数派らしく、個人的には、なぜ焼く派と揚げる派に分かれているのかという、ストーリーが気になる一品。サクサクの衣、イカの弾力、そして野菜の甘さが衣に包まれて、噛むほどに口いっぱいに楽しさが広がる。
 「郷土料理の品数の多さ=食文化の懐の広さ」と考える自分にとって、身近なところから食文化を伝えてくれるこのマート自体が、旅の目的の一つとなっている。
 
 今日もご覧いただきありがとうございます。もう一押し、お願いします。人気blogランキングへ

  • この記事を書いた人

takapu

ローカルフードデザイナー/伝承料理研究家 食や旅をテーマにした商品開発や既成品リノベーションを始め、コンテンツ企画、取材・執筆・撮影、PRツール制作、漫画原作、講演、事業所の強みづくりコンサルティングを手がけています。 これまでの商品・コンテンツ制作実績等のプロフィールや、お仕事に関するお問い合わせは、下のリンクからお願いいたします。

-青森, ひるたび・さんぽ

関連記事

Copyright© ひるどき日本ランチ日記 , 2018 All Rights Reserved.