JALPAK presents 行っチャイナ!食べチャイナ!~中国ウマウマ食い倒れツアー~ その14・そして、日本へ。

 

Pocket
LINEで送る

china_300_50banner.jpg
 旨いランチと地元食フリークの皆様、ひるどきでございます!!!!!! 
ところで…現在のひるどきは何位になっているでしょうか?
 
071008-32.jpg
 最高のスープと最高のフカヒレを、最高のメンバーと共に食してホテルに戻り、慌てて部屋から荷物を出して、いよいよ空港に向けて出発。
 空港に向かう高速道路から見える、高層ビルと昔からの住宅が入り混じる光景や、立派な料金所ともお別れ。


071008-33.jpg
 そして、空港に到着。チェックインを済ませて北京でお世話になった添乗員さん達ともお別れ。まだ、出発まで時間があったので、空港にあるフードコートに向かうことに。
071008-34.jpg
 前日のフードコートもそうだったのだが、この旗系の装飾というのは中国の定番なのだろうか…
071008-35.jpg
 で、このフードコートではデポジット制が採用されている
 最初に、入口の横にあるカウンターで20元のデポジットと、食事に使える分との合計50元を支払い、カードを受け取る。あとは、自分が食べたいものを探して、カードで支払う。で、いくつものお店があった中で選んだのは、謎の麺料理。
071008-36.jpg
 妙に八角が効いていたその味は、残念ながらあまりにも狭いストライクゾーン。自分達にはちょっと悩ましいものだった。そして、これを食べている時、やけに喉が渇いてしまったのでご当地ドリンクを一本購入。
071008-37.jpg
 松居一代のような、ガダルカナルタカの奥さんのような人がプリントされたこの缶は、杏仁豆腐のジュース。飲んで唯一の感想は、コーラにすればよかったというもの。やはり、こってり系の麺にトロトロ系の飲み物は合わない・・・
 最後、ちょっと悩ましい感があったものの、カード残額を払い戻してから出発ロビーに向かい、楽しい時間を過ごさせてもらった中国から出発。
071008-39.jpg
 上昇する飛行機の窓から見える風景は、20分も経つとまったく違ったものになる。
071008-40.jpg
071008-41.jpg
071008-42.jpg
 途中、機内食を食べながら、やはり外に目が行ってしまう。
071008-43.jpg
071008-44.jpg
 太陽が沈み、星の数が一つまた一つと増えるごとに、日本が近づいてくる。
 なんだかんだと海外旅行は、準備やら現場での予期せぬ出来事、帰宅後の疲れ等、負の部分を持っているのだが、それ以上に正の部分をたくさん持っている。
 そして、何よりも海外旅行に関する一分一秒という経験が、自分自身を大きくしてくれる。今、海外旅行に行く人が減少しているとは言うが、まずは一度、だまされたと思って足を運んでもらいたいものである。
 …ところで、自分向けにお土産を空港で見繕ったものの、意外と玉数が少ない。上海蟹を持ち込めないのが一番痛いところなのだが、他の選択肢もお茶やTシャツ、あるいは免税店といった具合。そうなると、なかなか地域性もあり使い勝手もありといったアイテムが見つからない。
 結果、街中のローソンで購入した飲み物が、使い勝手のいいお土産となってしまう。
 
071008-45.jpg
071008-46.jpg
 これは、中国の女子バレーチームも飲んでいるらしいスポーツドリンク。実は微炭酸が入っているので、爽快感もあり。
071008-47.jpg
071008-48.jpg
 これは、SWISSホテルの客室にも置いてあった水。
071008-49.jpg
071008-50.jpg
 サントリーのウーロン茶が、そのまま売っているのだが、実はこれは加糖版。味は飲んでみてのお楽しみといったところか。
071008-53.jpg
 そして、バナナ先生。結構ベタな乳酸菌飲料だが、日本にない味の設計をしているので、形を含めて配るお土産としてもいいのでは。
 一方、空港でとりあえず購入した食べ物部門は…
071008-51.jpg
 正直、これは日本人に絶対に向かない。買う側としても避けたほうがといったアイテム。
071008-52.jpg
 でも、グリコならみんな喜ぶ。そう、世界はグリコで満ちている。
 今日もご覧いただきありがとうございます。もう一押し、お願いします。人気blogランキングへ。
 ところで、この中国ツアーの模様がGYAOで配信中です。必見です。

ローカルフードデザイナー/伝承料理研究家/復興庁「専門家派遣集中支援事業」登録専門家 地域食材・食文化をテーマにした商品開発や地域活性事業の企画・運営、取材、執筆、撮影、講演活動、地域メディア・ソーシャルメディア運営アドバイザー。人×食×地域の繋がりを強くする取組みをしています。プロフィールやお問い合わせは下のリンクから。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • follow us in feedly

コメント一覧

  1. ロレンス より:

    おおぉ、やっと帰国しましたか!
    もしかして機内食は年越しそば?笑
    来年もよろしくお願いします。

  2. takapu より:

     【ロレンスさま】
     なんとか、年内に帰国することができました…ただ、あいにく機内食にはうどんしかありませんでした。
     来年も、色々とよろしくお願いいたします。

  3. Ginger より:

    日の出チックな写真から正月ネタにスマートに移行….なんて思ったら、そこからがまぁ続く続く、takapuの真骨頂見せて頂きましたです
    今年は思いがけない出会いからいろいろお世話になりました
    来年もぜひぜひアチコチでご一緒させてくださいね
    良いお年を

  4. takapu より:

     【Gingerさま】
     その構成で書き直してよろしいでしょうか?(笑)
     いや、コロンがえらく無難によかったもので…

  5. 55aiai より:

    takapuさんお疲れ様でした!
    この高速口はとっても興味深いものがありましたね~^^
    今年はご一緒させていただく機会があり、とても楽しかったです♪
    来年もまたよろしくお願いいたします!

  6. takapu より:

     【55aiaiさま】
     やっと、帰国できました…いやぁ、1ヶ月も長く中国気分だったので、妙に楽しかったです。
     今年も、色々とよろしくお願いいたします。

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。