町田・コシード デ ソル パエリアのコース(3,150円)

 

Pocket
LINEで送る

 旨いランチと郷土食フリークの皆様、ひるどきでございます!!!!!! 
さて、現在のひるどき、順位はいかほどに?
080105-01.jpg
 町田近辺の住人にとっては、愛すべき老舗でもあり町田の看板とも言える地中海料理のお店、それが「コシード」。
 自分は、今まで行く機会がなかったのだが、年に一度という、離れすぎずのくっつきすぎずなペースで開催している友人との食事会で、初めて訪問しようと思い予約の電話を入れたところ、その日は貸切営業が入っていたとのことで、2号店であるコシード・デ・ソルの予約を確保。
 お店に入ると、小さい店内にはカウンターと4人がけのテーブルが2脚。カウンターに座っているお客さんは、それぞれの会話の中をしながら、目線はカウンター越しの厨房スペースで手際よく動く、シェフの姿を追っていた。 
080105-02.jpg
 さて、自分達が食べたのは、「予約はコースのお客様のみとなっておりまして…」とのことだったので、事前に予約したパエリアのコース。最初に運ばれてきたのは、前菜の三種盛り。


080105-03.jpg
 バタールの上に牛すじソースが盛られたもの、キュウリのスペイン漬「ペピーノ」、そしてジャガイモをアリオリソースで和えたもの。
080105-04.jpg
 ピリ辛の刺激によって、コクや旨みの深さが増した牛すじのソースが食欲を喚起し、トマトやレモンによる酸味とピリ辛の刺激が効いたペピーノ。そして、酢の酸味と主役の甘みとのメリハリが効いたジャガイモ。
080105-05.jpg
 マッシュルームのセゴビア風は、熱々グツグツで登場。マッシュルームの苦味が旨みとなり、クセを味わうといった趣。ここに、ニンニクの強さが絡むのだが、マッシュルームそのものの味が強いので、しっかりと「組み合わせ」になる。
 そして、マッシュルームを食べ終えたら、バタールをオイルに絡めて。オイルはあっという間に吸収され、バタールは自分のお腹の中へと吸収されていく。
080105-06.jpg
 鶏のプロヴァンス風は、鶏肉よりもレモンの酸味が効いたソースの印象が強く、このソースをあれに絡めてこれに絡めて…といった具合に、色々な組み合わせを想像させる。
080105-07.jpg
 
 一方のイカスミのパスタは、塩の強さではなくコクを前に据えた作り。まろやかな口当たりと絡み具合の楽しさ、そして、イカスミパスタを食べるとき特有の妙な緊張感が包み込む。
080105-08.jpg
 熱々のパエリア鍋で運ばれてきた主役は、エビ、ホタテといった魚介やパプリカがたっぷり。鍋にたっぷりとこびりついた米は、エキスをたっぷりと吸収し、焦げで味が一層濃くなった部分との食べ比べも魅力となっている。
080105-09.jpg
 食後には、ハチミツ入りの紅茶を。
 コストパフォーマンスもよく、アラカルトの料理の価格も極めて良心的。しかも、気取らずにお店に入って味を楽しむことができる。使い勝手がいいという言葉は、こういうお店によく似合う。
 今日もご覧いただきありがとうございます。もう一押し、お願いします。人気blogランキングへ。

ローカルフードデザイナー/伝承料理研究家/復興庁「専門家派遣集中支援事業」登録専門家 地域食材・食文化をテーマにした商品開発や地域活性事業の企画・運営、取材、執筆、撮影、講演活動、地域メディア・ソーシャルメディア運営アドバイザー。人×食×地域の繋がりを強くする取組みをしています。プロフィールやお問い合わせは下のリンクから。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • follow us in feedly

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。