町田・Akiy de Provence オムライスコース(997円)

 

Pocket
LINEで送る

 旨いランチと郷土食フリークの皆様、ひるどきでございます!!!!!! 
さて、現在のひるどき、順位はいかほどに?
080120-01.jpg
 ある日、町田の長崎屋がある通りを歩いていたら、目に飛び込んできたのは、鮮やかな紅が目を引くこのお店。
 店頭に飾られていたプレートを見ると、このお店のランチメニューの名物は、店頭で一つずつシェフが作り上げるオムライスをベースとしたコース。幸い、お腹の空き具合もほどよく、そういった意味ではオムライス日和だったので入店。
080120-02.jpg
 渡されたメニューを見ると、ここのオムライスにはソースが4種類用意されており、どれにしようかと迷いつつも、結局は一番上に書かれていた、プロヴァンス風ドミグラスソースのオムライスを注文。
 フライパンでオムライスが仕上げられるまで、少しだけ時間がかかるのだが、その時間のパートナーになるのは、コースについてくる前菜3種。
080120-04.jpg
 鴨のロースト、スモークサーモン、そしてポテトサラダの3品。特に秀逸だったのが、マッシュポテトのごとくに滑らかな口当たりに仕立てられたポテトサラダ。ピンクペッパーの刺激が、ポテトのやさしい甘さを一層際立てる。
 そんなポテトサラダを食べていると、目の前にオムライスが運ばれてきた。
080120-03.jpg
 とにかく、トロトロ。盛り上がっていた食欲が、視覚で喚起されてしまった自分は、すぐにスプーンを伸ばす。抵抗なくスプーンが入り、ソースを絡めて卵と中のライスを引き上げて口に。
080120-05.jpg
 やさしくてまろやかなドミグラスソースには、塩辛さやクドみといったものは皆無。ジャガイモ、ニンジン、タマネギの甘さが、ソースの丁度良く心地よい味の濃さを立体的にしてくれる。そして、卵に包まれたライスは、ニンジンやコンニャクといった和の炊き込みご飯になっているのだが、その味付けがソースの世界を壊すことなく、卵の甘みに包まれて三位一体になっている。
 オムライスが抱えがちな問題は、ソースと卵に目が行ってしまい、ライスとのバランスが取れなくなることで、独りよがりなオムライスになるということだが、これは逆にあってほしいバランスの見本となっている。
 そして、トロトロの卵。実は自分が住んでいるエリアの界隈にある宝夢卵(ほーむらん)というもの。相模原はこの卵や「昔の味たまご屋さん」といった、実力派の養鶏場が数多くあり、土日の直売所には常に車が停車中といった具合になっている。
 もちろん、この卵の実力がソースとライスのバランスを取っているのだが、この味にとって一番重要なのは、何一つおろそかにすることなく、実直に丁寧にオムライスを調理している、シェフの実直な姿勢。
 やはり、作り手の気持ちは味の乗り移るものである。
 今日もご覧いただきありがとうございます。もう一押し、お願いします。人気blogランキングへ。

ローカルフードデザイナー/伝承料理研究家/復興庁「専門家派遣集中支援事業」登録専門家 地域食材・食文化をテーマにした商品開発や地域活性事業の企画・運営、取材、執筆、撮影、講演活動、地域メディア・ソーシャルメディア運営アドバイザー。人×食×地域の繋がりを強くする取組みをしています。プロフィールやお問い合わせは下のリンクから。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • follow us in feedly

コメント一覧

  1. あな より:

    オムライスコースってなんかいい響き。
    オムライスセットよりも高級感があるような気がする。(笑)
    それにしてもトロフワなオムライスおいしそうだねぇ!!!
    細かくカットされた野菜が入っているのもイイ。
    町田まで食べにいくか否かが問題です・・・。(笑)

  2. takapu より:

     【あなさま】
     ここのオムライスは、本当に旨いです。心が入った一皿です。シェフの顔が…素敵なんです。
     そう、つまりは町田まで来るべきということです(笑)。このお店→中野屋のカフェというルートが、オススメです。

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。