築地・魚河岸三代目 千秋 はなれ 煮魚御膳(1,500円)

 

Pocket
LINEで送る

 旨いランチと郷土食フリークの皆様、ひるどきでございます!!!!!! 
さて、現在のひるどき、順位はいかほどに?
080201-01.jpg
 先週、牡蠣をテーマにした築地ツアーに参加した際に、食事の会場となったのがこのお店。その際に、とある話が持ち上がったので再び訪問し、流れで煮魚御膳を頂くことに。
 煮魚、刺身、小鉢4種、漬物、味噌汁、ご飯、食後の甘味。定食の品数としては十二分である。
 見ているだけで弾力が伝わってくる銀ダラは、このお店の開店時からずっと継ぎ足している煮汁を、存分に吸った一品。
080201-02.jpg
 何層にも重なる甘みとコクで、身はもちろん、プルプルの皮、皮身の脂の味を一層深いものに。また、煮汁を吸ったゴボウやインゲンの味が、口の中に蓄積する煮汁の味に、アクセントとして差し込む。
 そして、まぐろのぶつ切りは、えらくご飯がすすむ部位を食べやすい大きさに。
080201-03.jpg
 自分の胃袋が、4杯分のご飯を平気で収納できるサイズであれば…
 今日もご覧いただきありがとうございます。もう一押し、お願いします。人気blogランキングへ。

ローカルフードデザイナー/伝承料理研究家/復興庁「専門家派遣集中支援事業」登録専門家
地域食材・食文化をテーマにした商品開発や地域活性事業の企画・運営、取材、執筆、撮影、講演活動、地域メディア・ソーシャルメディア運営アドバイザー。人×食×地域の繋がりを強くする取組みをしています。詳しいプロフィールは下のリンクから。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • follow us in feedly

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。