京橋・京橋屋カレー 辛口地鶏カレーとキーマのツインカレー

 

Pocket
LINEで送る

 旨いランチと郷土食フリークの皆様、ひるどきでございます!!!!!! 
さて、現在のひるどき、順位はいかほどに?
 080312-01.jpg
 前日に食べたあいがけや、こんなあいがけ。そんなこんなで、あいがけモードが止まらなくなってしまい、共感してくれそうだったこちらの方と一緒に京橋屋カレーへ赴き、注文したのは辛口地鶏カレーとキーマのツインカレー。
080312-02.jpg
 キャベツとヨーグルトを目の当たりにしながら、早く…早く…早く…となったところで、厨房からふわっと広がるスパイスの香りが、自分たちのテーブルに近づいてきた。
080312-03.jpg
 またもや、どっちから手をつけようかと悩む。すると、今度はチキンが手招きしていたので、辛口地鶏カレーから一口。
080312-04.jpg
 香り高いスパイスオイルによる滑らかな食感と、じっくりと炒められた鶏肉。そのルックスとは正反対に、すっと食べることができ、辛さが織り成す疾走感に導かれて旨い旨いと食べていると、あっという間に身体が温まるのが実感できる。
080312-05.jpg
 一方のキーマカレー。パサつきなくしっとりとした口当たり、そして、いいタイミングで差し込んでくる辛さ。野菜の甘さやトマトジュースで深みが際立ったひき肉の旨さが、ぎゅっと詰まったこの味は、スパイスと肉、そして野菜のそうあってほしい関係を教えてくれる。これなら、あと2皿は食べられると思った。
 で、ツインなのでミックスをと思ったものの、食べているうちにいつの間にかライスがなくなり、そしてソースも姿を消してしまった。でも、次もおそらく同じ結果になりそうだ。
 果たして、阻止されてしまった我流ミックスを食べることができるのだろうか…
 今日もご覧いただきありがとうございます。もう一押し、お願いします。人気blogランキングへ。

ローカルフードデザイナー/伝承料理研究家/復興庁「専門家派遣集中支援事業」登録専門家
地域食材・食文化をテーマにした商品開発や地域活性事業の企画・運営、取材、執筆、撮影、講演活動、地域メディア・ソーシャルメディア運営アドバイザー。人×食×地域の繋がりを強くする取組みをしています。詳しいプロフィールは下のリンクから。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • follow us in feedly

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。