京橋・雪園 高菜と新タケノコのチャーハン菜花入り(1,200円)

 

Pocket
LINEで送る

 旨いランチと郷土食フリークの皆様、ひるどきでございます!!!!!! 
さて、現在のひるどき、順位はいかほどに?
080313-01.jpg
 今週は、なぜか京橋に足を運ぶことが多く、この日もこちらの方と一緒に、イデミスギノの近くにあるこの中華料理店へ。このお店にした最大の目的は、このメニューだったものの、時節柄なのかメニューにその姿はなかった。
 ということで、注文したのはシーズンメニューの、新タケノコと菜の花が入ったチャーハン。
 運ばれてきたチャーハンは、それはそれは大皿で、一緒に運ばれてきた竹筒の特製スープと共に、見ただけでお腹が満たされるボリューム感。
080313-02.jpg
 上品な味つけのスープと共に、チャーハンを食べ続ける。基本的には高菜チャーハン。そこに、新タケノコのシャキシャキとした歯ざわりと独特のクセ、そして菜の花の存在感が加わり、チャーハンの味を単調にすることなく、ご飯茶碗3杯分近くあるのではという量を完食。
080313-04.jpg
 そして、食後にタピオカのデザートを食べる。
 ただ…やはり牡蠣のご飯が食べたかったのも事実だった。
 今日もご覧いただきありがとうございます。もう一押し、お願いします。人気blogランキングへ。

ローカルフードデザイナー/伝承料理研究家/復興庁「専門家派遣集中支援事業」登録専門家
地域食材・食文化をテーマにした商品開発や地域活性事業の企画・運営、取材、執筆、撮影、講演活動、地域メディア・ソーシャルメディア運営アドバイザー。人×食×地域の繋がりを強くする取組みをしています。詳しいプロフィールは下のリンクから。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • follow us in feedly

コメント一覧

  1. のむのむ より:

    牡蠣がなかったのが残念でした。私も牡蠣のつゆそば、食べたかったのに。
    もう随分と牡蠣メニューを下ろしているお店が増えてきましたね。
    今シーズン結局食べられなかったものもあったりで残念なのですが、
    岩牡蠣という楽しみが参りますので、ゲンキンに楽しみたいと思います。
    ただ、ランチで岩牡蠣はハードルが高い…

  2. takapu より:

     【のむのむさま】
     そうですね…築地も3月末までの扱いなので、来週がラストウィークでしょうね。
     直仕入れでやっているお店の場合は、そもそも2月までの産地も多々ありますので、おそらくはこのお店も直仕入れだったのではと。
     岩牡蠣ですか?確かに、昼に食べることができるお店は少ないですね…持っていると、えらく自慢できるカードですが(笑)。
     と…羽田のラウンジでコメントです。ウェブ回線常設なのが助かります。

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。