銀座・三州屋 海鮮丼とカキフライ(1,000円+700円)

 

Pocket
LINEで送る

 旨いランチと郷土食フリークの皆様、ひるどきでございます!!!!!! 
さて、現在のひるどき、順位はいかほどに?
080318-01.jpg
 半年に渡って、月イチで三州屋のカキフライを食べてきたものの、築地市場から仕入れているこのお店は、市場での扱いが終了する3月をもって、今シーズンのカキフライは終了となってしまう。
 ということで、カキタベ!の名誉カキタベニストである、霞町氏と三州屋に訪問しての食べ納め。ところが、メニューを見てなぜか気になってしまったのが海鮮丼。
 さすがに、2食というのはキツいので、海鮮丼とカキフライの単品を注文することに。
080318-02.jpg
 その海鮮丼。10種類以上のお刺身がご飯を覆いつくしており、まるでルーレットのような様相。熱々のご飯によって、刺身に多少熱が通ってしまうので、ワサビ醤油をかけて一気加勢に放り込む。どの刺身が旨いというよりは、数多くの品種を食べることで生まれる満足感こそが旨さだと思う。
 ただ…
080318-03.jpg
 結局、この一品が一番好きだということを再確認。プクプクの3月牡蠣がジューシーでたまらなかった。
 今日もご覧いただきありがとうございます。もう一押し、お願いします。人気blogランキングへ。

ローカルフードデザイナー/伝承料理研究家/復興庁「専門家派遣集中支援事業」登録専門家 地域食材・食文化をテーマにした商品開発や地域活性事業の企画・運営、取材、執筆、撮影、講演活動、地域メディア・ソーシャルメディア運営アドバイザー。人×食×地域の繋がりを強くする取組みをしています。プロフィールやお問い合わせは下のリンクから。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • follow us in feedly

コメント一覧

  1. まさぴ。 より:

    濃いぃめの揚げ色でありますね~、委員長。
    3月に入って割りと痩せちゃった感じの牡蠣に出会うこともありましたが、そっすか、ぷくぷくジューシーっすか~(にんまり)。

  2. おっと、このコンビネーション、
    このまえ三州屋に行ったときに
    頭のなかで考えてはみたのですが、
    すでに試されていたとは…さすがです!

  3. takapu より:

     【まさぴ。さま】
     これぞキツネ色!という感じにこんがりと揚がっていました。
     実は、海鮮丼のご飯が大盛りだったので、「カキフライを一人一皿にすると、食べきれないよ~」という、おばちゃんの指示に従ってしまいました。
     うーん…一人二皿でもいけました。

  4. takapu より:

     【マッシー益子さま】
     このコンビネーション、発案者は名誉カキタベニストなんです。
     師は既に現役ブロガーじゃないものの、さすが名誉カキタベニスト。カキのあるところ頭の冴えが違います。

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。