新橋・和楽 隠岐の岩牡蠣とカキフライ定食(1,200円+1,000円)

 

Pocket
LINEで送る

 旨いランチと郷土食フリークの皆様、ひるどきでございます!!!!!! 
さて、現在のひるどき、順位はいかほどに?
080331-00.jpg
 築地市場に2007/2008シーズンの真牡蠣が入荷するのは、今日が最終日。
 ということで、築地の牡蠣料理を食べようと思ったものの、のっぴきならぬ理由で足を運べなかったため、久しぶりに新橋の和楽へ。すると、店内に掲示されていたのが「隠岐の岩牡蠣」のポスター。
 お客さんが少なかったこともあって、「これ、お昼に食べることはできますか?」と訪ねたところ、「高いですよ?」という一言。
 「もちろん、構いません!」
 ということで、カキフライ定食とセットで注文し、夢の共演を企てることに。
080331-01.jpg
 困ってしまうほどに大きな牡蠣は、身の丈約12センチの特大サイズ。真牡蠣でもこれに近いサイズが無いわけではないのだが、箸で持ち上げてみると…
080331-02.jpg
 …重い。
 レモンを絞らずに食べてみると、新鮮な牡蠣だけが持つシャクシャクとした独特な噛み心地。そしてやさしい甘さ。ミルキーな味ではなく、磯の味が心地いい。たいていの生牡蠣は一口サイズだが、ボリュームも味の濃さも兼ね備えたこれは三口が必須。
 そんな余韻に浸る中、流れよくカキフライ定食が運ばれてきた。
080331-03.jpg
 相変わらず、ボリューム満点。このお店のカキフライは、生食用を使っているので、ご飯のおかず向けじゃないという印象だったのだが、今日のは火の通しがよかったのか、シーズンでもっとも濃い、産卵少し前の牡蠣だったからかやけに濃厚。
080331-05.jpg
 そんな夢の共演は、最高の結末に。
 今日もご覧いただきありがとうございます。もう一押し、お願いします。人気blogランキングへ。

ローカルフードデザイナー/伝承料理研究家/復興庁「専門家派遣集中支援事業」登録専門家 地域食材・食文化をテーマにした商品開発や地域活性事業の企画・運営、取材、執筆、撮影、講演活動、地域メディア・ソーシャルメディア運営アドバイザー。人×食×地域の繋がりを強くする取組みをしています。プロフィールやお問い合わせは下のリンクから。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • follow us in feedly

コメント一覧

  1. まさぴ。 より:

    うほほ。
    そうか、岩牡蠣と真牡蠣を並べていただく機会ってそうあるもんじゃないもんね。
    なるほどの饗宴共演ですね、委員長♪

  2. ちはやまこと より:

    凄~い、カキフライと岩牡蠣の夢の共演かぁ、素敵な組み合わせですねぇ(*^_^*)
    岩牡蠣は大きくて、あまそうですねぇ、一度食べてみたいわぁ、羨ましい~♪ 何人かで行ってシェア食いも良さそうですね。

  3. takapu より:

     【まさぴ。さま】
     本当は、さっくりとカキフライ定食にして、ヤマダ電機で買い物をしようと思ったんですけどね・・・(笑)。
     昼に岩牡蠣を出す店は数えるほどしかないだけに、これはこれはもぅ・・・岩牡蠣とご飯だけでもいけるぐらいです。

  4. takapu より:

     【ちはやまことさま】
     岩牡蠣は殻がブ厚くて、なんと言いますか・・・重いんです。ずっしりと重たいんです。
     そんな、甘くて磯の味たっぷりの岩牡蠣は、シェアではなく1個を独占するのがオススメです。

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。