八戸・さんぷく はちのへワッフル(各105円)

 

Pocket
LINEで送る

080401-01.jpg
 青森行きの新幹線。盛岡に近づくと、時速200キロ以上の車窓に映るのは岩手山。雄大な姿に目を奪われて、じっと車窓を眺めること数十分。新幹線は八戸に到着する。ドアが開き、ホームに降り立った瞬間に感じるのは、冷たくもどこか心地良い空気。
 そこから急いで階段を上り、3枚の切符を自動改札に通して、新幹線の号数と同じ号数の特急に乗って青森や弘前に向かう…いや、ここで一本遅らせて八戸駅の周辺を散策するのもいいかもしれない。
 もう一つの改札口を出て、八戸駅の長いエスカレーターを降りると、そこは青森方面に向かう特急ホームから垣間見える景色の正体。そんな駅前には一本の太い道路が広がっている。
 この道路を、駅を背に進んでいくうちに左側に見えてくるのが、一軒のケーキ屋さん。
80401-02.jpg
 お店の誠実さを表すかのような白い壁のお店は、「さんぷく」という。
080401-03.jpg
 店内に入ると、売り切れが目立つショーケース、数少ない陳列されたケーキに映える鮮やかなフルーツの色合い、そして、こんなポスターが出迎えてくれる。
080401-04.jpg
 この駅前ワッフル、このお店がまだ「エンゼル」というお店だった時代、およそ30年前から八戸人の舌を満足させてきた、いわばご当地ワッフル。そして、これこそが立ち寄った理由。
080401-05.jpg
 生クリームとカスタードの2種類が両方ともあったので一つずつ購入。これを店員さんが丁寧に紙袋へと入れてくれる。それは、持ち手だけが厚めの紙。そんな素材の組み合わせが印象的。
080401-06.jpg
 青森駅に向かう特急の車内で、カサカサという音と共に紙袋から取り出す。
080401-07.jpg
 たっぷりの生クリームにしつこさは無く、軽い口当たりの甘さが広がり、思う存分クリームを食べたという満足感が、幸せな余韻へと移り変わる。
 一方のカスタードは、滑らかな口当たりからずっしりとした甘さ。こんがりと焼かれた生地に包まれた濃厚な味わいは、生クリームのそれとは似て非なるもの。そう、一つ100円で買えるワッフルには、それぞれにそれぞれのノスタルジーが詰まっている。
 急いで先を進むのは、乗換駅が持つ一つの宿命。でも、たまには列車ダイヤ一本分の遊びを楽しむのもいいと思う。
 ということで、約3週間のご無沙汰でした。いよいよ、ひるどきは第二幕を迎えました。これまでは東京中心の記事を、数え切れないぐらい書いてきましたが、数年間は青森中心に記事を書いていきます。キーワードは…
 「アオモリスト!!」
 です。自分自身が青森を楽しんで、青森のリストを作っていこう!ということです。
 そんな感じで、食べ物だったり、生活の切り抜きだったり、地元の方には当たり前でありながら、自分にとっては宝物にしか見えないものだったり。とにかくたくさんの驚きを与えてくれる、愛すべきモノたちについて、記すことができればと思っています。
 これまで、ひるどきをずっとご覧いただいた皆様、これからご覧いただける皆様。今後とも、ごひいきいただけると幸いです。そして、一人でも多くのアオモリストの方が、この場所へと足を運んでいただけると嬉しいです。
 人気blogランキングへ。

ローカルフードデザイナー/伝承料理研究家/復興庁「専門家派遣集中支援事業」登録専門家 地域食材・食文化をテーマにした商品開発や地域活性事業の企画・運営、取材、執筆、撮影、講演活動、地域メディア・ソーシャルメディア運営アドバイザー。人×食×地域の繋がりを強くする取組みをしています。プロフィールやお問い合わせは下のリンクから。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • follow us in feedly

コメント一覧

  1. おおっ、八戸ネタだ\(≧▽≦)丿(←私、八戸人のハーフなもんで…、つい嬉しくて♪)
    『はちのへワッフル』は初めて聞きました、ずっしり入って1個100円は嬉しいですね♪ 津軽も良いでしょうけど、南部地方も良いとこ沢山あると思うので、青森生活をじっくり楽しんでくださいね(*^_^*)

  2. ヒロキエ より:

    パフェネタと焼きそばネタとラーメンネタを、個人的には特に楽しみにしておるぞい!
    青森のうんと変わった店の紹介もよろしく~。

  3. まさぴ。 より:

    アオモリストとのしての一幕をクリームてんこもりのワッフルから入るとは!
    もしかしてスイーツ中心に(笑)?

  4. より:

    おっ、復活ですねぇ。青森の食の紹介、楽しみにしています。青森市場レポートなんていかが?

  5. ロレンス より:

    いよいよ開幕ですね!
    青森といえば弘前美人!
    えっ!そういうブログじゃないって?
    新幹線が延びて八戸駅のあたりも
    今は賑やかになったのかな?
    そういえば横浜町で食べたナマコは
    おいしかったなぁ・・・

  6. Ginger より:

    【祝】再開!
    5月に行くよ~
    真に受けてね~

  7. つきじろう より:

    新展開に期待で~す♪そうそう、青森市場のネタもぜひ!
    ちなみに酒呑みのワタシが沖縄に行ったら「アワモリスト」に
    なるだろうなぁ・・・☆

  8. snowy;yukino より:

    うれしいにゃ!
    ひるどきさんの復活!
    楽しみにしておりましてよ♪
    まだみぬ青森に
    まだみぬ東北全体のレポートを
    してくださったら嬉しいでつ!!!
    xx

  9. takapu より:

     【ちはやまことさま】
     数十分ではありましたが、私にとっても、初めての八戸体験でした。
     ただ、悩ましかったのが駅前に「キラーせんべい汁ショップ」がなかったことですね…
     八戸の食べ物=せんべい汁という印象が強いだけに、駅周辺にないのであれば、駅→本当の繁華街への誘導という展開が、マップとかで上手くされていればなぁ…と思ったのが本音です。
     地元ではお店の存在を知られていても、非地元では知られてない。というのが、基本スタンスだと思うので。

  10. takapu より:

     【ヒロキエさま】
     変わったパフェ、変わった焼きそば、変わったラーメンを探索中です(笑)。
     黒石のつゆ焼きそば界のトピックとして、10人分の特大つゆ焼きそばが登場というネタがあります。一日3食限定なのですが、ぜひ、完食しにいらしてください。

  11. takapu より:

     【まさぴ。さま】
     地元で愛される食事は、すべて郷土食なので、スイーツもありありありということで。
     ただ、パフェラッチ方面でとあるノルマを課せられてしまったので、これは悩ましいですが(笑)。

  12. takapu より:

     【魯さま】
     ありがとうございます。
     こちらでは、地元スーパーでアンコウ一匹2000円だったり、ガヤに出会えたり、ガサエビ旨旨だったりと、魚民族(居酒屋みたいですが)にとっては最高の環境です。
     青森中央卸売市場には、えらく旨い寿司屋もあるらしいので、後日に行ってしまいます。

  13. hera より:

    あいかわらず元気で何より。
    みんなびっくりしてたよぉぉぉ。
    私に質問攻めよ。
    5月にこっちに帰ってくることがあれば、
    ぜひ善屋へ一緒に呑みでも!

  14. なな より:

    おおっ!アオモリスト〜!!
    今後の記事&ご活躍も楽しみにしておりますっ!

  15. takapu より:

     【ロレンスさま】
     いえ、弘前美人もご紹介できればと(笑)。食べ物だけのくくりではなく、全方位アオモリストで行きます!
     新幹線が延びても、本当の繁華街と新幹線駅前との間には、少し距離があるので、駅前だけの評価になると「うーん…」という印象になってしまいます。

  16. takapu より:

     【Gingerさま】
     はい、真に受けました(笑)。メールをご確認くだされ。

  17. takapu より:

     【つきじろうさま】
     はい、期待大でお願いいたします。
     青森市場には、早く行きたいのですが、駅前の市場とかでも、かなり賄えてしまうので…いや、行きます(笑)。
     アワモリストのつきじろうさまには、ぜひ田酒野郎になっていただきたいものです。

  18. takapu より:

     【snowy;yukinoさま】
     ありがとうございます!
     私にとっても、まだ未ぬ魅力が眠っている青森、そして東北全般を巡り巡って、ばしばし紹介させていただきます。

  19. takapu より:

     【heraさま】
     すいません、元気です。元部長に質問攻めだというのが恐縮の塊です…
     5月の連休には、一度戻る予定なので、タイミングが合えばぜひぜひ。

  20. takapu より:

     【ななさま】
     どもども、勝手に名乗っております。ぜひ、ななさまもアオモリストに!

  21. より:

    「駅前の市場」ってアウガかな?なかなか頑張っているみたいですね。

  22. こんにちは
    サーベイ青森には「エンゼル」と書いてあったのですが、今はさんぷくなのですね。去年の秋の青森旅行の時に寄りたかったのですが、定休日であきらめてきました。
    夫が道の駅のスタンプラリーをしているので、今年も青森に行くと思います。その時に食べたいです(*´ェ`*)
    青森グルメ・特にスイーツ部門の情報を楽しみにしています。福島に住む私にも、青森は異国のような場所です。

  23. 築地王 より:

    やっと再開か・・・
    長い長い無更新の間も、見に来てくれてた
    皆さんに感謝しなきゃね。
    「青森スト」
    アオモリストを変換したら、こんなん
    でた(笑)。

  24. takapu より:

     【魯さま】
     アウガの市場も、行き着けができたぐらいに、結構な頻度で通っておりますが、魚菜センターがいいんですよ。すごく、いいんですよ、とにかくいいんですよ(笑)。

  25. takapu より:

     【nyaまたはk2002さま】
     そうなんです、今は五戸の三福の支店として生まれ変わりました。でも、この場所に受け継がれるべき系譜として、ワッフルが残っているというのがうれしいですよね。
     青森の道の駅となると、やはりアップルヒルでしょうか?最近、カシスケーキが新発売になったようですので、ぜひぜひ。なんといっても、異国なので(笑)。

  26. takapu より:

     【築地王さま】
     いやぁ…本当にごぶさたしております。皆様に支えられて復活させてもらいました。感謝の意をこめて、毎回の記事を綴らせていただきます。
     で、青森ストというのは、あまり出てほしくない変換ですね(笑)。

  27. より:

    魚菜センターの方ですかぁ。そこのブログもRSSリーダーに登録してありますよ(^^)

  28. takapu より:

     【魯さま】
     その通りです(笑)。あのブログをRSSに入れられているとは…さすがです。

  29. lara より:

    素晴らしく、美しく、写真だけでも青森のゆったりとした時間が伝わってくるようです。
    ヒロキエ様宅からお邪魔させていただきました。これからも素敵な写真を楽しみにしています!

  30. takapu より:

     【laraさま】
     ありがとうございます。
     肉眼で見るお店や、食べもの、人、道…街を作り出す要素となるものが、全て魅力的なんです。
     あとは、撮影力が備わってない自分が悩ましいです。

  31. さーや より:

    青森市民として嬉しくなるブログを発見してワクワクしています。
    これからも頑張ってくださいね~。

  32. takapu より:

     【さーやさま】
     ありがとうございます。
     書きたいことが多すぎて、記事に時間がかかっておりますが…今後とも、よろしくお願いします。

  33. おちょろ より:

    はじめまして。偶然にこのブログを見つけて、あまりの懐かしさにお邪魔してしまいました。
    高校まで八戸で育ち、駅前のエンゼル(今はサンプクなんですね)の生クリームのワッフルは大好きで、よく食べていました。あの頃はただ単に「ワッフル」という名前でしたが。おいしかったなぁ。写真を見る限り変わっていないようですね!
    今度帰省した折に、久しぶりに食べたいと思います。長いこと忘れていた美味しいものを思い出させていただきました。ありがとうございます。

  34. takapu より:

     【おちょろさま】
     初めまして。お越しいただきありがとうございます。
     ずっと変わらない姿と味を守るって、いいですよね。ぶれない信念を持って丁寧に作っているからこそ、高校生のアイドルグルメだったんだろうなぁと思います。
     ぜひ、帰省の折には召し上がってください。私も深夜になってワッフルが恋しくなってきてます…

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。