弘前・弘前さくらまつり ~日本一の異名は伊達じゃない!こんなにスケールが大きくて、こんなに「来てよかった」と思えるなんて… その3~

 

Pocket
LINEで送る

080426-26.jpg
 桜のトンネルの入口程近くにあるのは、西濠に架かる春陽橋。
 弘前公園を、いや弘前を象徴する景色として、ポスターや出版物、あるいはテレビでおなじみの眺めは、ここから撮影されたものだ。
 なので、橋の上ではベストポジションに三脚を置いて、アングルの微調整に余念のないカメラマンや、何もせずに、西濠の流れと桜が織り成す絶景を楽しんでいるカップルの姿。
 十人十色の楽しみ方で、薄いピンク色と日暮れつつある空の色を満喫している。
080426-27.jpg
 自分もこの時ばかりはファインダー越しの眺めではなく、その瞬間が生み出す全てを楽しんでいた。


080426-28.jpg
 橋を後にして、桜のトンネルを一歩一歩進むと、ライトアップされたソメイヨシノと空の色との濃淡。そこに差し込まれた光が映す姿に感嘆してしまう。
 長く艶やかな桜のトンネルは、時計を忘れさせてくれるほどに、魅力に満ちたものだった。そんなトンネルを抜け、一旦普通の道路に出て、弘前工業高校のすぐ横にある入口から、再び公園へ戻る。そこにあったのが、
080426-30.jpg
 三の丸で見かけた、弘前アイス組合のリヤカー。ということで、リンゴシャーベットを一つ。シャクシャクと軽い口当たりから、リンゴのすっきりした味わいが。
080426-31.jpg
 藍色の空、そして桜。ライトアップで照らすものが桜だけではなく人の影となった時間帯、もうすぐ弘前城が見えてくる。そんな本丸の一つ前、二の丸にさしかかったときに目に入ったのは、あまりにも見事な枝垂桜。
080426-32.jpg
 実は、この日一番衝撃的だったのは、妖しくて今にも引力を放って吸い込んでしまいそうな空の色と、この桜だった。
080426-33.jpg
 そして、ようやく弘前城へ到着。ただ、さすがにメインとなるスポットだけに、人波が凄い。ということで、180度後ろに向いて本丸を囲むお堀に、カメラを向けることに。
080426-34.jpg
 空は漆黒へと色を変え、ライトアップによって魅せる顔は、ピンク色の光と影のシンプルなものになっていた。
080426-35.jpg
080426-36.jpg
 最高の桜に包まれた約3時間は、一生忘れられない宝物になった。
080426-37.jpg
 人気blogランキングへ。

ローカルフードデザイナー/伝承料理研究家/復興庁「専門家派遣集中支援事業」登録専門家 地域食材・食文化をテーマにした商品開発や地域活性事業の企画・運営、取材、執筆、撮影、講演活動、地域メディア・ソーシャルメディア運営アドバイザー。人×食×地域の繋がりを強くする取組みをしています。プロフィールやお問い合わせは下のリンクから。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • follow us in feedly

コメント一覧

  1. すご~い、めっちゃ夜桜キレイですねぇ!! takapuさん、こんなキレイなのを生で見られてホント羨ましいですっっ♪ どれもキレイだけど、枝垂桜が凄い迫力だなぁ…。
    リンゴシャーベットもサッパリしてて美味しそう♪ …って、私の場合 やはり花より団子かなぁ(^_^;)

  2. romy より:

    お元気~?
    いやぁ、弘前の夜桜はなんとも妖艶ですね!
    両脇の桜並木に挟まれたお濠をボートで進む様は、現世と思えないほどの美しさが画像から伝わってきます。
    やっぱり一度は弘前の桜を見ないとイカンですね~。
    素敵な青森情報、楽しみにしてマス♪

  3. takapu より:

     【ちはやまことさま】
     帰省やらがあって、コメントが遅れてしまいすいません…
     正直、ソメイヨシノよりもこの場でしか見られない、ほかの品種のほうが、心に残る姿でした。見た経験回数の差みたいなものが、選好度に反映されるのかなぁ…と思ったり。
     今回ばかりは、私も花>団子でした。まぁ、色々食べたんですけどね(笑)。

  4. takapu より:

     【romyさま】
     元気です。吸う空気が変わると、人間こんなにも変わるのかといった感じです。
     弘前の太陽から月へと照らすものが移り行く桜、それはもう…妖艶の一言に尽きますね。来年、この時期に訪青されるのをお待ちしております…いえ、いつでもお待ちしております(笑)。

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。