青森市・栄作堂本店 そうそう、青森にはトンでもなく長い期間営業を続けている、凄いパンとケーキのお店があるんです!

 

Pocket
LINEで送る

080512-01.jpg
 青森駅を出て目の前にあるのが、この街のメインストリートである新町通り。で、この通りを進み、カシス羊羹が有名なお店を右折すると、カラフルなパンとケーキの文字が飛び込んでくる。
 おそらく、ブロガー諸氏ならこの看板を見て気にならない訳がない。もちろん、自分もその一人。ということでお店に入る。すると、まず出迎えてくれるのはケーキのショーケース。
 そして、ここで絶対に目に入るのが、とある動物の形をしたダークブラウンでバタークリームがたっぷり詰まった、ケーキ遺産と呼びたくなる、あのケーキ。
 …ただ、それは後日の記事にするとして、ケーキのショーケースの隣にあるパンのケースに目を移す。
080512-02.jpg
 まさに、日本のブーランジェリー。このケースにはお菓子パンが、別の棚には惣菜パンが。とにかく何でも揃っている。
 そんなお店が開店したのは、なんと昭和6年のこと。今は、さくら野百貨店がある場所で産声をあげたこのお店、70年以上も青森市民の胃袋を満たしてきたのである。
080512-03.jpg
 そんな、文化財保護法あたりで守りたくなるこのお店で購入したのは、グラタンが入ったパン、食パンにアンコを挟んで揚げたパン、そして、謎のモンブランパン。
080512-04.jpg
 もう、見ているだけで愛おしくなる。どこか懐かしいのに新鮮だったり、食欲をそそる香りだったり。
080512-05.jpg
 グラタンの食べ応えを、ポットの役割をしているパンがしっかり受け止めて…
080512-06.jpg
 あんこの上品な甘さを、揚げた生地がボリューム感で押し出して…
080512-07.jpg
 そして、ガブっと頬張ると、クリームがあふれ出してきて…あぁ、何度でも食べたい。
080512-08.jpg
 しかも、結構遅い時間までやっているのが嬉しいところ。ということで…買いにいかねば。
 皆様のクリックで、青森を応援してください!人気blogランキングへ。

ローカルフードデザイナー/伝承料理研究家/復興庁「専門家派遣集中支援事業」登録専門家 地域食材・食文化をテーマにした商品開発や地域活性事業の企画・運営、取材、執筆、撮影、講演活動、地域メディア・ソーシャルメディア運営アドバイザー。人×食×地域の繋がりを強くする取組みをしています。プロフィールやお問い合わせは下のリンクから。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • follow us in feedly

コメント一覧

  1. snowy;yukino より:

    青森LOVEでつね♪
    すてきすぎまする!
    カザルスの無伴奏
    1936年 ロンドンのアビーロードの
    ステューディオでの録音てえのを
    聞いている所なのですが
    ここのパン屋さんは 1931年から!
    むむむ!!
    そして丁寧に一つずつプラスティック
    に包まれている姿、、
    愛情と清潔と!
    伝わって参りまする。
    アタクシも多分 ほかの方々が
    そうしているからの張り紙では
    ないかと思いますが ガラスに
    鼻やオデコをぶつけて食い入るように
    見てしまうでせう。
    ああ
    ありがとう、ひるどきちゃん
    更新をお待ちしておりまする。xx

  2. takapu より:

     【snowy;yukinoさま】
     1931年ですからね…今が何代目のご主人かを伺うのを忘れてしまったのですが、日本ダービーよりも歴史が長いのがすごいです。
     一つ一つ丁寧に袋に入っているので、その場で買って、お店を出ようとするときにパクっと一口。特に、店内にカイグイスペースは設けられていないので、通り全体がスペースになってくれます。
     ちなみに、パンによっては20%引きセールとかもあったりしまして、懐にもやさしいお店となっております。

  3. 後日掲載される予定のケーキも何だろう?と気になりますが、昔懐かしい感じのパンの数々にも惹かれます♪ショーケースの真ん中の段にあるエクレアみたいな形のパンが気になります!
    グラタンパンもかなり美味しそう♪

  4. takapu より:

     【ちはやまことさま】
     今日、お店の前を通ったら、大量にそのケーキが陳列されていました。あぁ…早くパクっと食べたいものです。
     真ん中の段のエクレアなパンは、コッペにバタークリームが入って、表面にチョコがかかった、自分が大好きなパターンのパンです。
     やはり、久しぶりの里帰りも必須ですな(笑)。

  5. ドッタリ より:

     とてもきれいな写真で嬉しくなっちゃいました。ありがとです。
    私は年に一度、クリスマスの時にお世話になっています。バタークリームと生ショ毎年なやみます。ケーキのスポンジが柔らかくきめ細やかです。甘過ぎず洋酒や香料の香りが強くなく、昔ながらの優しい味がここにあります。

  6. takapu より:

    【ドッタリさま】
    とんでもありません。
    きれいと言われるなんて、こちらこそありがとうございます。
    このお店は、
    足し算はシンプルで、基本に忠実に。ということを、教えてくれますよね。
    お風呂で言う40度ぐらいの湯加減、
    自転車で言うちゃんと足が地面につくぐらいのサドルの高さ。
    そんな感じの、ちょうどいい感が大好きです。
    あと、たぬきケーキも大好きです(笑)。

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。