青森市・鶴亀食堂 ある晩、ふと定食屋さんに立ち寄って、普段外ではあまり食べないメニューを食べてみる。

 

Pocket
LINEで送る

080516-01.jpg
 青森市内、というより青森県には愛知県の喫茶店のごとく、数多くの食堂がひしめきあっている。で、自分にとってのメインストリートである浪館通りというバス通りに、こんな食堂がある。
 どことなく怪しい雰囲気、でも怪しいからこそガラス戸の奥が気になる。しかも、壁に貼られたメニューが、ちょっとそそる。
 ということで、ガラガラという音とともに、店の中へ。
080516-02.jpg
 うーん…やはり目移りしてしまう。しかも、値段的も東京と比べれば良心的だ。となると、丼ものにしようか、麺ものにしようか…各ジャンルから一品ずつ選抜しようか…と、悩んだ末に注文したのが、
080516-03.jpg
 しょうが焼き定食。
080516-04.jpg
 薄切り、でも幅広な豚肉5枚を、ご飯五等分で食べ進めようと思ったのだが、ご飯が器にぎっちり詰まっていたので、最後はタレを絡めたキャベツがおかずのメインに。
 うーん…どうして、自分はいつも食堂というものに不思議な魅力を感じてしまうのか…でも、その魅力に触れることがたまらないのだが。
 皆様のクリックで、青森を応援してください!人気blogランキングへ。

ローカルフードデザイナー/伝承料理研究家/復興庁「専門家派遣集中支援事業」登録専門家
地域食材・食文化をテーマにした商品開発や地域活性事業の企画・運営、取材、執筆、撮影、講演活動、地域メディア・ソーシャルメディア運営アドバイザー。人×食×地域の繋がりを強くする取組みをしています。詳しいプロフィールは下のリンクから。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • follow us in feedly

コメント一覧

  1. 早坂 より:

    takapuさ~ん!!ここいい~。
    私も絶対吸い込まれるー。
    なんたって鶴と亀ですよ。お抹茶色で。引き戸に暖簾はさまれてるし・・・換気扇のイチも、気になるし。おまけに均一に変色し美しく張り巡らされたメニューの数々!!もー\(^O^)/サイコー!!
    ワタクシなら親子丼ね!もちろんまっ黄色のタクアンつきで!

  2. takapu より:

     【早坂サーン】
     ここ、いいんです!古い漫画を読みながら待つところから、自分があこがれている食堂像が始まります。
     で、黄色い沢庵を食べて、えのきだけの味噌汁を飲んで、しょうが焼きを食べて…
     次回、親子丼にしてみようと思います。沢庵大盛りで。

  3. Ginger より:

    次回から外でも食べ続けてくださーい♪
    100食超えると世界が変わってきますよ (^^;)
    しかし漫喫な定食屋さんにしょうが焼きは映えるなぁ、です。へばねー(^o^)/

  4. takapu より:

     【gingerさま】
     いや…これ以上専門系のブログは…
     漫画たっぷりの定食屋さんには、当然スポーツ新聞も鎮座しておりました。

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。