青森市・rosy cheeks 駅前喫茶でソファに身体を預けつつ、ナポリタンを食べる。

 

Pocket
LINEで送る

080414-01.jpg
 青森駅の周辺には、埼玉屋食堂や駄菓子問屋といった昔ながらのなお店や、吉野家やイタリアントマトのようなチェーンストアが、まるでカオスのように乱立している。
 そんな風景を東京方面からの電車に乗って眺めていると、青森駅に到着する直前に、右側に見えるのがこのお店。
 正直、自分にとっても最初は、別の意味で怪しさを感じたお店なのだが、ある日のランチメニューを見ると、
080414-02.jpg
 あぁ、これは入らないといけない。と思った。
 木目が落ち着きと清涼感を生み出すドアを開けると、左手にはL字型のカウンターが、そして右手には色々なソファが配置されたテーブル席と、窓際で時間をすごすためのソファーが並んでいた。
080414-03.jpg
  
 アイテムでは統一するのではなく、コンセプトで統一する。そして、どことなくカオス化している。そんな自分が好きなインテリアのお店に久しぶりに会った喜びを感じつつ、注文したのはナポリタン。
 注文してからも、カウンターではお店の方とお客さんが、「浅虫温泉にある○○食堂が…」「シネマディクトで△△を観て…」なんていう、地元テイストに溢れた会話が、フライパンの炒め音とともに聞こえてくる。
080414-04.jpg
 運ばれてきたナポリタンには、サラダつきといいつつ、ダシをしっかりと吸ったナスの炒め煮が添えられていた。でも、なんかいい。
080414-05.jpg
 ナポリタンは、奇をてらい過ぎると「ナポリタンっぽいもの」になってしまうので、実は作りやすそうで作りにくいメニューだと思う。
080414-06.jpg
 でも、一口食べて感じた、トマトの酸味やタマネギのシャキシャキした歯ざわり。これはまっとうなナポリタン。パスタをフォークに絡めるたびに、封じ込められた湯気が立ち上る。すると、再び香りが鼻腔を経由して食欲を刺激する。
 つまり、幸せな循環。
080414-07.jpg
 前のめりになりながらナポリタンを食べ終えた後は、ソファーに身を預けて食後のコーヒーを飲みながら、この空間にもう少し浸ることにしよう。
 皆様のクリックで、青森を応援してください!人気blogランキングへ。

ローカルフードデザイナー/伝承料理研究家/復興庁「専門家派遣集中支援事業」登録専門家 地域食材・食文化をテーマにした商品開発や地域活性事業の企画・運営、取材、執筆、撮影、講演活動、地域メディア・ソーシャルメディア運営アドバイザー。人×食×地域の繋がりを強くする取組みをしています。プロフィールやお問い合わせは下のリンクから。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • follow us in feedly

コメント一覧

  1. eatnapo より:

    ナポリタンにナスの炒め煮って・・・
    なかなか出会わない組み合わせですね。
    カレーにもチーズトーストにも付いてきそうですが・・・
    500円でこの量は安いッス!!

  2. まさぴ。 より:

    湯気がよく撮れてるやん♪

  3. 蓮花 より:

    湯気職人になりつつありますね~!
    青森の空気がそうさせるのかしら??

  4. takapu より:

     【eatnapoさま】
     この、ナスが旨いんですよ…トマトの酸味と逆ベクなので、妙にはまってしまいます。
     また、宿題店が増えてしまいましたね(笑)。

  5. takapu より:

     【まさぴ。さま】
     湯気がこんなにクッキリと撮れたのは、ナポの作り手である青森県人の気合です!(笑)

  6. takapu より:

     【蓮花さま】
     そろそろ、湯気ブログでも作ろうかと思っていまして…いえ、とにかくできたて炒めたて熱々だったので、こんな感じになりました。
     ところで、訪青の準備をそろそろ…(笑)

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。