青森市・ばーるぼんぼん あまりにも砕けた店名の、創作系メニューと正統派メニューは、昼夜問わず普段遣いしやすいところがツボ。

 

Pocket
LINEで送る

080513-01.jpg
このパン屋さんもある夜店通りという通りには、セレクトショップが数多く立ち並び、ある意味で青森らしからぬ洋服が揃ったエリアになっている。
で、この一角にあるのが「ばーるぼんぼん」という、まるで一昔前のキャッチーな店名が全盛期だったころのようなお店。ただ、お昼に店頭のメニューを見ると、足し算グルメとして気になるアイテムがいくつか見られる。
080513-02.jpg
お店がある2階に上がると、飲み屋さんなのでボトルキープがしっかりと。知っている人と同じ人の名前があるだけで、「あの人か!?」と思ってしまうのが、他人のボトル鑑賞の面白さ、そして、注文した味噌クリームスパゲティも面白い料理だった。
080513-03.jpg
香りは味噌、コクはクリームが担当。味噌の塩分が強い主張ではなく「味」になっており、クリームのまろやかな甘みがこれを膨らませる。ネーミングだけで捉えると奇妙だったり、意表だったりするが、味の足し算は理想的な答えを出している。
080513-04.jpg
そして、このスープに合うのはパスタだけじゃないと思い…
080513-05.jpg
こうなる。さしずめ和ドリアのような口当たりになって、パスタの時に感じたスピード感のある味に対して、米粒にしみこんだその味はゆっくりと身体に染みてくるかのごとく。
経験知的に、創作系のメニューが多いお店ほど、料理の基礎がダメダメだったりすることが多々あるのだが、このお店はホテル系のレストランでしっかりと積み重ねてきた時間を土台にして、生み出されたもの。
ということで、夜も訪問することに。


080615-01.jpg
まずは、えらく普通なお通しから。手作りのきんぴらごぼうが、家庭な味だったことが妙にうれしかった。
・ガーリックトースト
080615-02.jpg
・スモークサーモン
080615-03.jpg
・ごぼうの素揚げ
080615-04.jpg
と、ここまでは普通の飲み屋さんでもありな系統の料理。ここからは、創作系の連打となった。
・豚角煮のから揚げ
080615-05.jpg
・納豆オムレツ
080615-06.jpg
・ごぼうのピザ
080615-07.jpg
角煮のから揚げは、衣に脂とタレの旨みが封じ込められた爆発力を持った一品。納豆オムレツは、臭み皆無、フワフワと軽い口当たりの卵焼きなのに、しっかりずっしりと食べ応えあり。そしてごぼうのピザは、パリパリ生地とザキザキとしたごぼうの食感ががっぷり四つ。
といった感じに、アイデア優先ではなくアイデアと基本線の間の立ち位置が、しっかりと配慮された作りになっている。
・イカ焼き
080615-08.jpg
・焼きそば
080615-09.jpg
という、王道系でシメ。
なんというか、心地よい普通のお店。でも、普通ということは奇をてらって無いという証拠。青森には、正直とんでもなくナメた料理(レンジチン系)を出すお店もあるのだが、こういう真っ当なお店がもっと増えてくれればと思うのであった。
 皆様のクリックで、青森を応援してください!人気blogランキングへ。

ローカルフードデザイナー/伝承料理研究家/復興庁「専門家派遣集中支援事業」登録専門家 地域食材・食文化をテーマにした商品開発や地域活性事業の企画・運営、取材、執筆、撮影、講演活動、地域メディア・ソーシャルメディア運営アドバイザー。人×食×地域の繋がりを強くする取組みをしています。プロフィールやお問い合わせは下のリンクから。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • follow us in feedly

コメント一覧

  1. snowy;yukino より:

    ステキなお店が続きまする♪
    このお店が Bで始まるイタリアンなバールだとはわかっていても Pearl ぼんぼんと言いたいような気がしてくるお店でござりました。
    昔 橋の反対側のフリモントと言う所に パールズ・カフェと言う良いレストランがあったのでつ、、
    クリーム・ソース系には 隠し味にミソがいいのでつよ!
    牛蒡のピツァ、今度試してみようっと。
    日記の更新が加速されておりますが ご自愛くだされまし。
    と思う反面 魅力にあふれる東北の宣伝がかり 期待しておりまする。
    こんなにステキな場所を今まで何も知らずに生きていたとしたら この中央集中式にした 誰かの罪は重いでつ!
    Love
    xx

  2. 蓮花 より:

    亀美子・・・ 個人的にツボです(笑)
    しかもうらやましいほど達筆だし!
    ラーメンにしろ、パスタにしろ、「味噌」を使うメニューが多いんですね。
    これも青森の特徴なんでしょ~か??

  3. jitoma より:

    昼は行ったことがないですが、夜行くと、知り合いに遭う確率がかなり高いので、注意すべき場所の一つです。
    それを除けば(爆)、居心地良いですね。

  4. takapu より:

    【snowy;yukinoさま】
    日本版のバール。確かにその雰囲気です。
    リストランテバールのように、ノンアルコールメニューが多くそろっているわけではありませんが、料理はしっかりと作られています。
    また、人が集まって賑わいが生まれてという、本来のバールの機能をしっかりと達成しています(むしろ、酒が入っているだけにスペインバルに近いでしょう)。
    ただ、日本のバールのイメージ=カップ酒がカウンタ越しに並ぶ立ち飲み屋であるならば、実は青森には立ち飲みという文化がないので、ジャパニーズバール不毛の地になってしまいます…
    でも、街全体がバールみたいに99%の賑わいと1%の混沌でできているのが、青森の魅力です。

  5. takapu より:

    【蓮花さま】
    私のツボは、亀美子の隣にいる絵描き歌風味がしっかりと効いたイラストです(笑)。
    南の島あたりにいそうな雰囲気が漂っております。
    味噌メニューが多いのは偶然です(笑)。いや…津軽味噌文化の影響もありだと思います。長期熟成でしっかりと作られた、少し塩分が強めの味噌は、調味料機能が高い分だけ足し算型にすることで、しっかりとした味噌味のメニューができるという感じではないかと。

  6. takapu より:

    【jitomaさま】
    確かに、そのパターンは悩ましいですね(笑)。
    東京時代の私も、人がいない方向でこっそりと食べるのが好きだったのですが、なかなか上手くいかないこともあったり…

  7. toru より:

    先週青森にいったさい妻とおとずれました。
    大満足で二人で食べて少し飲んで5000円でおつりがありました。
    また、機会があれば行きたいものです。

  8. takapu より:

     【toruさま】
     訪青、そして訪問ありがとうございます。値段を上回る満足をいただけたようで何よりです。
     ぜひ、またよろしくお願いいたします。

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。