青森市・エルム 創業約50年!青森のオーブンメニューとパフェの殿堂へようこそ。

 

Pocket
LINEで送る

080616-01.jpg
青森駅には、昔から地元人に親しまれている2大喫茶店がある。一軒は、不夜城のように怪しげな雰囲気を持つマロン。そして、もう一軒がこのエルム。
自分は、土曜の午後に行くことが多いのだが、この時間帯の店頭にはいつも数多くの自転車が置かれている。
そのショーケース越しに見えるのが、パフェ、ドリア、パスタ…酢豚が一番上に陳列されている中華料理店のごとく、数多くの喫茶フードが陳列されているその姿は、ただの喫茶店じゃないことを発信している。


080616-02.jpg
店内は、ポップな外観と180度変わって、純喫茶系の落ち着いたたたずまい。ただ、まだ2階席に行ったことがなく、この時間帯に必ず階段を登る女子学生ご一行さまが、どんな空間に身を置いているのかは未確認。
080616-03.jpg
豊富な喫茶フードメニューの中でも、目を引くのが名物のオーブンメニュー。平日も土日もそうなのだが、東京を含めてお昼時間にこのメニューを提供しているお店は少ない。それが約20種類もあるというのだから、ありがたいことこの上なし。
080616-04.jpg
上に乗った大きなクルトンが目印の、チキンがごろごろたっぷり入ったエルム流チキンドリアに、
080616-07.jpg
大きなハンバーグが鎮座し、中にはチキンやソーセージもたっぷりと入った「ガリバーさんの好きなドリア」。両方のメニューのキモとなるホワイトソースは、トロっと濃厚なのに塩のしつこさは皆無。
080616-08.jpg
もちろん、ランチセットも完備されている。これは、ナポリタンセット。ボイルされたウィンナーが、妙に心をくすぐるところ。
これでもかと、フードメニューのカードを持っているこのお店は、創業なんと約50年。永きに渡ってオーブンメニューにこだわり続けているその姿勢、お店のカラーにこだわらず、簡単にメニュー構成や業態を変えるような店は見習って欲しいところ。
そして、このお店で30年前から始まったパフェメニューは…
080616-05.jpg
必ず付いてくるこのメロンソーダと共に堪能。全種類の詳細を、こちらにて紹介することになるのだが、50種類もあると…うれしい悩みだ。
 皆様のクリックで、青森を応援してください!人気blogランキングへ。

ローカルフードデザイナー/伝承料理研究家/復興庁「専門家派遣集中支援事業」登録専門家 地域食材・食文化をテーマにした商品開発や地域活性事業の企画・運営、取材、執筆、撮影、講演活動、地域メディア・ソーシャルメディア運営アドバイザー。人×食×地域の繋がりを強くする取組みをしています。プロフィールやお問い合わせは下のリンクから。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • follow us in feedly

コメント一覧

  1. eatnapo より:

    泣く泣く諦めたエルム。
    ういんなー1本丸ごとなところに、店主のこだわりが見え隠れです。
    やっぱり食べればよかったー・・・

  2. takapu より:

    【eatnapoさま】
    ソースの味付けは、少しあっさりとしたタイプです。トマティな感じではないのですが、逆にそれがお店のカラーと妙にマッチしてまして。
    あ、次回の候補地が早くも7箇所ほど発見されました。(笑)。

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。