弘前ねぷたまつり_2008・4日目

 

Pocket
LINEで送る

080804-01.jpg
まだ、祭りが始まる少し前のこと。
お腹を満たしてから土手町に移動しようと思っていたので、弘前のとあるお店で食事をしていたところ、「ドン!ドン!」と強い太鼓の音が少しずつ近づいてきた。
「あぁ、弘前ねぷたの太鼓だねぇ」
という、このお店の温かいおかみさんの一言に導かれて外に出てみると、決して狭くない道幅一杯に広がる巨大な太鼓の姿が見えた。
津軽じょっぱり太鼓が早くもなく遅くもなく、引き手の歩むペースで目の前を過ぎ去り、すぐそこの曲がり角を曲がったところで、カメラ片手に追いかける。
080804-02.jpg
080804-03.jpg
重低音の強さで内臓が揺さぶられるのではなく、叩き手の息があったリズムと太鼓の前にいる引き手の楽しそうな笑顔に心が揺さぶられる。


080804-04.jpg
太鼓に誘われて弘前公園の横に出ると、これから勇ましく出陣するねぷたが、ズラッと列をなしていた。
080804-07.jpg
弘前ねぷたの特長は、「扇ねぷた」と呼ばれる山車の姿。表面に描かれた「鏡絵」。一筆一筆その力強さによって三国志や津軽為信の姿に命が吹き込まれ、
080804-05.jpg
裏面には、四角く囲まれた見送り絵とその左右を囲む袖絵によって、ねぷたの世界観が完成する。
080804-06.jpg
この見送り絵として描かれるのは、女性が多いとのことだが、これは珍しく男性。また、観音様が描かれたねぷたの姿もあった。
080804-08.jpg
表と裏をつなぐのが肩と呼ばれる部分で、参加している町内会の名前や団体の名前が書かれている。そして、見上げるとねぷたの上には動きを誘導する人が乗っており、運行全体を見下ろしている。
080804-09.jpg
そんなねぷたの土台になるのは「開き」と呼ばれる部分で、津軽藩の家紋である牡丹が描かれている。
080804-10.jpg
青森ねぶたとの一番の違いは、町内単位のねぷたの数。一台一台のスケールが大きく、企業等の団体も目立つ青森ねぶたに対して、弘前ねぷたは今も町のねぷたという姿が色濃く現れている。(もっとも、何十年も連続して参加している弘前大学や、地元企業の姿も見られたが)。
080804-12.jpg
で、弘前のねぷたは扇ねぷただけかというと、青森ねぶたと同じく人形型の「組ねぶた」の姿も。ただ、後姿には見送り絵が描かれているものもあるのは、弘前ねぷたならではといった趣。
080804-11.jpg
ここからは、練り歩きの舞台となる土手町に移動して、「ヤーヤードー!」の掛け声と共に進む一台一台を楽しむことに。
080804-13.jpg
080804-14.jpg
080804-15.jpg
080804-16.jpg
080804-17.jpg
080804-17-2.jpg
電線対策ということもあってか、ねぷたの上部はこんな具合に折りたたむこともできる。
080804-18.jpg
こういった、文字物の組ねぷたの姿も見られたが、個人的なツボだったのは「津軽衆」という文字物。
080804-19.jpg
080804-20.jpg
080804-21.jpg
弘前のねぷたも、途中で立ち止まって全体を魅せるべく回る。
080804-22.jpg
080804-22-2.jpg
通り沿いには、いくつもの露店が出店しているが、個人的におすすめなのが柏木農業高校が作っているいちごシロップがたっぷりと注がれたカキ氷。
コンデンスミルクもデフォルトでかけてくれるが、「シロップだけでお願いします」として口にすると、色だけいちごシロップとのあまりの差に、驚きを感じてしまった。
080804-23.jpg
080804-24.jpg
080804-25.jpg
080804-26.jpg
080804-27.jpg
080804-28.jpg
080804-29.jpg
080804-30.jpg
途切れることなく、ねぷたが歩んでいくその姿。弘前のねぷたまつりは、どことなく聖者の行進が聞こえてきそうな祭りだ。
080804-31.jpg
皆様のクリックで、青森を応援してください!人気blogランキングへ。

ローカルフードデザイナー/伝承料理研究家/復興庁「専門家派遣集中支援事業」登録専門家 地域食材・食文化をテーマにした商品開発や地域活性事業の企画・運営、取材、執筆、撮影、講演活動、地域メディア・ソーシャルメディア運営アドバイザー。人×食×地域の繋がりを強くする取組みをしています。プロフィールやお問い合わせは下のリンクから。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • follow us in feedly

コメント一覧

  1. スカート子 より:

    takapuさん、こんにちは^^
    弘前のねぷたまつりも行かれたんですね!
    もう何年も見ていないので、とても懐かしく、あの(いつもはさびれている…)土手町の活気を思い出しました。
    青森のねぶたまつりとは違って、静かな祭りですが、すごく情緒ある、感動的なお祭りですよね^^
    takapuさんはどちらがお好きですか?
    ねぷた祭りが終わって、お盆が終わり、高校野球が終わると、とたんに夏も終わったと感じたものですが、青森の短い夏を満喫してくださいネ!

  2. takapu より:

     【スカート子さま】
     ども、こんばんは。
     弘前も行きました。ということは…でかいやつにも行きました。土手町の普段の姿を知らないわけではないので、到着したは驚きでした。
     でも、お祭りって、こういう蓄えられていた爆発力を爆発させる場。そう思うと、祭りに対する気持ちが伝わってきてうれしかったです。
     青森のと好き嫌いというより、タイプが根本的に違うと思っています。フジロックが青森ねぶた、Augusta Campが弘前ねぷた。そして、AOMORI ROCK FESTIVAL ’08が五所川原。
     そんな感じです(笑)。

  3. ロレンス より:

    さすが、勇壮かつ幽玄。
    魂の噴火ですね~

  4. 早坂 より:

    わっ!太鼓の音にノリノリになりそうです。しかし大きな太鼓・・(’▽’;

  5. takapu より:

     【ロレンスさま】
     いや、素敵な表現です!まさにその通りです。
     弘前ねぷたには、どこかこういった妖しさが残っているのが、私も好きな理由です。

  6. takapu より:

     【早坂さま】
     太鼓の音がですねぇ…身欠き鰊を食べていた自分に、ずばっと響きました。
     祭りの空間の傍らで旨いものを食べる。
     こんな幸せありません。

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。